エマスリープとモットンを体験者が7項目で徹底比較!

エマスリープ モットン 比較

エマスリープとモットンのどちらの寝心地がどう違うのか、気になる人も多いとおもいます。

ここでは両マットレスを体験した筆者がそれぞれの特徴を比較しながら解説していきます。

筆者
私が使用したモットンはレギュラーサイズです。

筆者の自己紹介と体型

私はエマスリープとモットンを両方試しました。そして、[身長175㎝/体重62㎏/普通体型]である私が硬さや寝心地、使い勝手など総合的に選んだのはエマスリープでした。もし両方試したいという方がいましたら、エマスリープから購入することをおすすめします。理由はこちらの見出しでわかります。

エマスリープとモットンを体験比較

ではさっそく両マットレスを比較していきます。

比較項目は以下の7点です。

※以下の項目をタップすると好きなところから読み始められます。

  1. 特徴
  2. 寝心地の硬さ
  3. 腰痛対策
  4. 通気性
  5. 使い方
  6. お手入れ方法
  7. 価格&お試し保証

特徴を比較

まずはエマスリープとモットンの特徴を比較していきましょう。

特徴を比較
エマスリープ モットン
  • 厚みがあり贅沢な寝心地
  • カバーを外して洗える
  • 品質保証が10年もある
  • 使い勝手の良い厚みと重さ
  • 手頃な価格で腰痛対策ができる
  • 硬さを3つから選べる

エマスリープマットレスは24㎝という厚みがあり、贅沢な寝心地となっています。また、カバーを外せて洗える点も特徴のひとつだとおもいます。洗い替え用のカバーも販売しているので、清潔さを長く維持できます。

さらに品質保証が10年ついていて、長く安心して使っていけるマットレスでしょう。

モットンは10cmの厚みで、エマと14㎝も違いがあります。ただその厚みのおかげで、敷布団のように使うときにはとても楽な重さとなっています。また、腰痛対策が39,800円とういお手頃な価格でできることが人気の理由のひとつです。

モットンの最大の特徴は、硬さを3タイプ[ソフト・レギュラー・ハード]から選べることではないでしょうか。自分の好みの硬さを選ぶことができます。

寝心地の硬さを比較

あお向け

横向き

寝心地の硬さを比較していきます。

寝心地の硬さを比較
エマスリープ モットン
第1層:やわらかめ (70N)
第2層:かため (150N)
第3層:かため(120N)
ソフト:140N
レギュラー:170N
ハード:280N

エマスリープとモットン硬さはそれぞれ上記のとおりで、モットンの方が硬めの仕様となってます。

座った感じがわかりやすいかもしれません。

体感ももちろんモットン(レギュラー)の方が硬い寝心地です。

筆者
私が使用したのはモットンのレギュラーでした。

 

高反発ウレタンマットレスに変えたときに始め身体が痛くなることがあります。

その原因は、以前まで使用していた布団やマットレスが柔らかく、急に硬めのマットレスになったときに身体が慣れないことです。

個人的にはモットンは硬すぎて1か月ほど使用しましたが、いつまで経っても身体が慣れませんでした。

反対にエマスリープのときは数日で身体の調子が良くなり、快適に眠ることができました。

この違いはやはり、エマスリープの表面層が70Nという柔らかさに設計されていることです。

モットンの場合は硬いウレタンが直接身体に触れるので硬すぎると感じたわけです。

腰痛対策を比較

腰痛対策を比較
エマスリープ モットン

腰痛対策については両マットレス共に評判が良いです。

ただモットンの場合は反り腰の人には合わないでしょう。

理由は身体に触れる表面層もしっかり硬いからです。

筆者
人によって感じ方は違いますが、少なくとも私はモットンレギュラーは硬すぎました。

反り腰だとマットレスに適度な沈み込みがなければ背中にすき間ができてしまい、腰に負担が強くかかってしまいます。

モットン体圧分散性

逆にマットレスが硬すぎると腰が沈みすぎてしまうため、身体がくの字になってしまい、それもまた腰に負担が強くかかります。

また、猫背の場合も適度な沈み込みがなければ背中に強く負担がかかってしまいます。

このような点を踏まえると、エマスリープの方が身体に触れる面が柔らかめにつくられていて適度な沈み込みをしてくれるので腰痛対策に向いているといえます。

通気性を比較

まずエマスリープの通気性についてです。

通気性を比較
エマスリープ モットン

エマスリープはオープンセル構造により、従来のウレタンよりも通気性が高くなっています

中層のウレタンに少し大きめの穴が開いていて、寝返りなどで動くたびに温まった空気を外に逃がしてくれる役割があります。

そのおかげか、夏の暑い時期でも快適に眠れる布団環境になっているなと感じます。

ただカビが生える可能性がないわけでなく、湿気対策は必須です。

>>エマスリープの湿気対策

次にモットンの通気性についてです。

モットンの通気性は悪くはないけど良くはないくらい。つまり「普通」の印象です。

構造的には通気性が良いように工夫されているみたいですが、実際の使い心地で通気性が良いとは感じられません。

夏には背中が暑いと感じますし、エマスリープと同様にカビが生えることがありますので、除湿シートなどで湿気対策は必須です。

使い方を比較

エマスリープもモットンも基本的にはベッドフレームの上に置きましょう。

ただ両マットレスともに、以下のいずれかの対策をすれば床置きも可能です。

  • すのこを敷く
  • アルミシートを敷く
  • 除湿シートを敷く

上記3点は湿気対策のために必要です。

フローリングでも畳でも敷きっぱなしで使ってしまうと気づけばカビだらけなんてこともあり得ます。

湿気がマットレス内部に溜まり、内部にカビが生えてしまえばもう取り返しがつきません。

処分し、買い替えが必要です。

エマスリープもモットンもカビが生えない使用方法として無難なのが、すのこ板タイプのベッドフレームを使うことです。

筆者
床置きの場合、日中は壁に立てかけて溜まった湿気を放出するなどの工夫をしましょう。

お手入れ方法を比較

基本的なお手入れは同じです。

筆者
お手入れは長く衛生的に、寝心地を保つために日課としておこないましょう。
お手入れ方法を比較
エマスリープ モットン
  • 放湿のために週1で立てかける
  • シーツを使い週に1度は洗う
  • 3~6か月に1度ローテーションをする

湿気対策でたまに立てかけて放湿したり、マットレス上に掃除機をかけたり。

ただ大きな違いがあり、エマスリープのはカバーを外して洗えるのに対し、モットンはカバーは外せません。

シーツをかけて使用するのが望ましく、しょっちゅう洗うものでもないですが、たまにはカバーも洗いたいものです。

1か月に1度洗いたい、長く衛生的に使いたいという人には、カバーが外せて洗濯機で洗えるエマスリープをおすすめします。

また、エマスリープは三つ折りできませんが、モットンは三つ折りできます。

モットン 三つ折り 使い方

押し入れにしまうことがあるようであればモットンがおすすめでしょう。

価格を比較

エマスリープとモットンは価格が倍ほど違います

価格を比較
エマスリープ モットン
  • シングル:77,000円
  • セミダブル:87,000円
  • ダブル:97,000円
  • クイーン:107,000円
  • キング:117,000円
  • シングル:39,800円
  • セミダブル:49,800円
  • ダブル:59,800円

マットレス自体のボリューム感も素材の質、10年保証などの違いも含めると、価格にここまでの差がつくのは妥当です。

しかし、そもそもエマスリープまで予算が届かない人もいるでしょう。

ただエマスリープに関しては毎月のようにセールをおこない、割引率も40%と高めです。

40%引きだとシングル77,000円→46,200円ですね。

モットンを購入しようと思った人も、7,000円踏ん張れば出せる価格となります。

ちなみにモットンはセールがおこなわれることはほとんどありません。クーポンもありません。

セール後だと圧倒的にエマスリープの方がコスパが高いといえますね。

お試し保証を比較

エマスリープもモットンも返品可能のお試し保証期間というサービスがあります。

お試し保証を比較
エマスリープ モットン
100日間
送料かからない
梱包は業者任せ
90日間
送料自己負担
梱包は自分でする

上記表のとおり、それぞれ100日間90日間使用して身体に合わなければ返品できます。

ただ返品条件の違いがあるのでしっかりチェックしておきましょう。

筆者
正直、モットンは返品条件は厳しくてめんどうです。

エマスリープは100日間の間ならどのタイミングで返品依頼をかけても問題ありません。合わなかった場合は合わなかったと素直に伝えましょう。

とはいえ、いちおう最低でも2週間は使用することを推奨されています。※身体に馴染むのにそれくらい時間を要する場合があるから

モットンの場合は90日間ですが若干縛りがあり、めんどうです。

エマスリープは100日間の間ならどのタイミングでも返品できたのに対し、モットンは90日後2週間以内が返品可能期間と決められています。

しかもそのタイミングをもし忘れて逃してしまえば、返品を受け付けてもらえないのです。

筆者
それにいつから数えて90日間なのかもわかりづらいです。

また、モットンは返品時の送料もかかるし、梱包材も自分で用意する必要があります。

実際に私はモットンを返品しているので詳細はこちらの記事をご参考ください。

>>モットンの返品方法

総合的にエマスリープの方がシンプルで使いやすい

総合的に考えて、エマスリープの方がシンプルで使いやすいと考えます。

主に以下の点です。

エマスリープがおすすめな点

  • 硬すぎず柔らかすぎない寝心地
  • 硬さ選ぶ必要がない
  • 通気性が高くムレにくい
  • 10年以上も耐久寿命がある
  • もし返品するときも簡単

エマスリープの寝心地の方が、腰痛対策向きといえますし、万人に合うような寝心地となっています。

また、モットンの耐久寿命(へたってしまう推定時期)が5年程度に対し、エマスリープは10年以上あり、製品保証もついています。

長く快適な寝心地を保てるのはエマスリープだといえるでしょう。

値段はモットンの方がお手頃ですが、セール期間をうまく利用してエマスリープを手に入れることを強くおすすめします。

>>エマスリープ最新セール&クーポン

エマスリープとモットンに関する他の人の口コミや、私自身の体験レビューは以下のリンクからごらんください。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重60㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアでスペシャリスト。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマスリープに落ち着いている。自己紹介ページ

-エマスリープの口コミ評判