ネルマットレスは腰が痛い人におすすめできるのか解説!

ネルマットレス レビュー 評価
当サイトが提供する掲載情報について

『眠ハック』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から支払いを受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携先一覧

【お得情報】10%OFFクーポンあり

公式サイトはこちら

クーポン獲得方法はこちらから

NELL(ネル)マットレスは[寝返りしやすい・寝心地が良い・腰が痛い人に最適]など、いろんな口コミが出まわっています。

この記事では、私自身の体験レビューを通して腰痛の方におすすめできるのかを解説していきます。

個人的にいままで体験したマットレスの中でもトップクラスの寝心地だと感じました。

筆者
筆者の体形は[体重62/身長175/体型:痩せ~標準]です。

体型が似たような人は特に参考になるとおもいます。

>>すぐにレビューを見る

プレミアムな寝心地

公式サイトはこちら

NELLマットレスのレビュー

ネルマットレス グラフ レビュー

公式サイトへ

総合評価 48/50
コスパ 7/10
寝心地 9/10
ムレ感 8/10
腰痛対策 9/10
寝返りのしやすさ 9/10

NELLマットレスの寝心地は間違いなく、今流行っているプレミアムマットレスの中ではトップクラスです。ウレタン素材だけでなく、ポケットコイルを多く使っているところが最大の特長で、最高の寝心地を生みだしている理由ですね。

ネルマットレスは腰痛対策になる?

ウレタンカビ対策

ネルマットレスの大きな特徴は「寝返りサポートに特化」してることです。

寝てる間は意識して寝返りを打つことができません。腰痛対策において寝返りはとても重要です。

さらにその寝返りをマットレスで少しでもサポートできれば、腰痛だけでなくさまざまな「睡眠の悩みを解決できるのでは?」という考えにより設計されています。

NELLで解決できるお悩み

  1. 腰痛や肩こり
  2. 寝起きの身体の痛みやだるさ
  3. 夜中に目が覚める
  4. 睡眠時間が十分でも疲れが取れない

これらはすべて、睡眠中に寝返りを十分にできてないことが要因と考えられてます。

ネルマットレスは体の不調の要因である寝返りをサポートすることで、多くの人の潜在的な睡眠の悩みを解決に導きます。

前置きが長くなりましたが、ここから筆者の体験談をお伝えしていきます。

まず感想まとめ

体験した筆者は『男性/身長175㎝/体重62㎏/』です。体型が近い方は特に参考になるかなと思います。

ネルマットレスはポケットコイルの適度な反発力がしっかりあってこの価格で体験できるレベルではないほど心地よかったです。ウレタン素材だけでは表現できない寝心地でかなり気に入りました。また、通気性が高くムレを感じにくかったので、暑い夏の夜でも途中で目が覚めることなくぐっすりと眠れました。予算が10万円くらいあるなら必ず候補に入れて欲しいマットレスです。

抽象的な感想だけだと想像がつきにくいとおもうので、ここではわかりやすく解説しながらお伝えしていきます。

皆さんがマットレスを選ぶ上で気になるであろう項目について本音での評価です。

(売り切れ中)届くまでどのくらい?

現在、ネルマットレスの公式販売サイトには「お届けまで少々時間をいただく」との表示があります。

で、私が実際に注文したのはシングルサイズ。
シングルサイズの注文~配送~到着までの期間は思っていたよりも早かったです。

筆者
2022年3月のセールでも売り切れ発生しましたね。商品をカートに入れて進んでいくとお届け先情報を入力後にお届け日指定画面で確認ができます。

最短の配送日を確かめる

ネルマットレスの購入完了メール画面

  1. 注文日2021.6.30
  2. 荷物到着日の決定お知らせ
  3. 発送日時

実際に到着したのも予定通りの75の午前中。

ネルマットレス配送

注文からたった5で我が家に届きました。

圧縮からの厚みはすぐ戻る

ネルマットレス 圧縮

 

ネルマットレスを開封すると、あっというまに膨らむのですぐ使えます。およそ5でもとの厚さに戻りました。

もしここで正規の厚みまで戻らなくても心配はいりません。最大でも1~2日で問題なくもとどおりになるはずです。

それ以上待ってもなかなか変わらないようでしたらネルのカスタマーサービスに連絡するとすぐに対応してくれます。

カバーの肌触りは?

ネルマットレスの肌触りはふわふわでさらさらした感触です。

その質感から「高級マットレス?」と期待し、テンションが上がります。例えるなら、質の良いガーゼ生地の風合い

実際に寝てみても通気性が高いためか、背中がムレるような感じはしません。

これなら夏でもさらっと寝ることができそうです。

寝心地の硬さ【あお向け・横向き】

ネルマットレス あお向け 男性

ネルマットレスの寝心地は[175㎝/62㎏]の私の体型にはちょうど良くフィットします。

また、ネルマットレスの硬さについては手で押したり横になる前は「結構やわらかめだな」と感じましたが、寝ころんでみると沈み込みすぎることはありませんでした。

あ、なるほど。これが包み込まれるような寝心地ね」とマットレスの上にいることを忘れてしまうような感覚を覚えます。

次に横向きで寝てみた感想です。

ネルマットレス 横向け

腕にも肩にも腰にも圧迫感を感じません

圧迫が少ないことはポケットコイルならではとも思います。

ポケットコイルは「」で体を支えるため、体圧分散性が高く体への圧迫を減らすことができるからです。

逆にウレタンマットレスなどは点ではなく、面で支えるのでポケットコイルよりも体圧を感じやすい寝心地となります。

また、ネルマットレスは前評判でもよかったですが、実際に体験してみると寝返りがかなり打ちやすいのがわかります。

万人受けしそうな、ちょうど良い反発力と硬さです。

ポケットコイル素材

今回はシングルサイズの購入だったのでコイルの数は1173です。

ちなみにこのコイル数は20万円以上の高級ブランドマットレスと同等レベルの数なのです。(20万円以下は500個前後がほとんど)

同サイズで20万円以上する高級ブランドを調べてみました。

コイル数が多いと?

ポケットコイルのコイル数が多いことのメリットは、身体を支える「点」が増えるわけですから、より体圧分散性が高まるといえます。つまりコイル数が多い方が身体に負担がかかりにくいということがいえます。

やはりポケットコイルマットレスの寝心地は、この「コイル数」が肝かなと思います。

コイル数は多ければそれだけ寝心地も良くなりますが、デメリットは値段も高くなってしまうという点です。

ただネルマットレスは、実店舗を持たないことや少ない従業員でマーケティングをおこなっていることで、運営コストを減らしています

だからこんなハイスペックでも、75,000円という価格での提供が可能になるのです。

コイル1173個の寝心地は極上のひとことです。

腰痛や首・肩の痛みに効果的?

肩の痛みはもともとないので何とも言えませんが、腰の痛みは和らいでいると感じています

ネルマットレスが腰痛対策に最適な理由を考えてみたので3つご紹介します。

身体の痛みに効果的な理由

  1. 表面のふんわり層により圧迫されない
  2. 血液の循環を妨げない
  3. コイルの反発力が有効

わたしは硬すぎたり、沈み込みすぎるマットレスは苦手で、寝起きで腰や背中に痛みがでやすくなってしまいます。

その点、ネルマットレスは表層の寝心地がふんわり優しい上に腰や背中を圧迫しません

ポケットコイルは量が多いほど体圧分散性が高くなります。75,000円ではありえないほどに多いポケットコイルが、高い体圧分散を発揮するので血液循環をスムーズにしてくれるのです。

筆者
ポケットコイルの多さがネルマットレスの腰痛対策を実現しています。

そして1173個(シングルサイズ)あるポケットコイルは、適度に跳ね返す力で寝返りも助け、寝ているあいだに余計な筋力を使わないで済むことも、腰に負担がかからない理由です。

個人的に、ネルマットレスで実際に寝てみると朝の身体のだるさがなくスッキリと起きられることに感動しています。

ネルマットレスは中心部が硬め

ネルマットレスの中心(腰あたり)は他部位よりも硬めにつくられています。寝返りがスムーズにできるのはこのおかげです。

マットレス上下部(頭側・足元)

マットレス中心部

ネルマットレスの硬さ

①、②の画像をみると一目瞭然だと思います。

これは「ゾーニング」といって、身体が当たる部位によって適切な硬さに設計する技術です。

中心部分が他よりも反発力を高くしていることで少ない力でも寝返りが楽にできるようにしています。

プレミアムな寝心地を体験

公式サイトはこちら

振動が伝わりにくい

特に振動の伝わりにくさを謳ってはないネルですが、ポケットコイル自体の特性である「振動の伝わりにくさ」の検証です。

ポケットコイルはボンネルコイルと違い、独立しているので振動が伝わりにくい

コアラマットレスの公式サイトにもある動画を真似してやってみました。

どうやら、ポケットコイルであるネルマットレスも同じくらい振動が伝わらない機能性をもっているようです。

振動が伝わりにくいことのメリットは睡眠の質を保てることです。

例えばパートナーと2人で寝ているときに、相手が動いたり先に起きたりすると、あなたも起きてしまうことってありませんか?

私もそのタイプなのですが、いちいち起きてしまうと睡眠が浅くなってしまいます

一度睡眠が浅くなると再び深く寝つくには時間がかかりますし、だいたいは眠りが浅いまま起きなければいけない時間が来て、軽い睡眠不足のようになってしまうのです。

そうなると1日のスタートがスッキリせず、昼間も眠くなりその日のパフォーマンスが駄々落ちですよね。

ネルマットレスは「振動」からあなたの睡眠の質を守ってくれるはずです。

筆者
2人で寝る予定なら振動が伝わりにくいかどうかもポイントとなります。

腰痛対策には"寝返り"が重要!

公式サイトはこちら

10%OFFクーポンがあるのでチェックしておいてください!
クーポンを今すぐ入手する

NELL(ネル)マットレスを実際に使って感じた‟デメリット”

マットレスの気になるところ

ネルマットレスは寝心地抜群でした。

文句のつけようがないほど、腰痛持ちのわたしの身体にマッチしたなという印象です。

ただ、実用性を考えると少し気になるところが出てきたのでデメリットとしてご紹介します。

  • カバーが取り外せない
  • 持ち手がなく移動が大変
  • たまにコイルの音がする

カバーが取り外せない

ネルマットレスはカバーが取り外せません。

もともとついてるカバーはとても触り心地が良く、さらさらしています。

ただカバーを取り外して洗うことができないので、さないようにボックスシーツや敷パッドを敷くことになります。

NELL公式サイトでもシーツを敷くことを推奨されていますので、ボックスシーツプロテクターを購入することをおすすめします。

個人的にネルマットレスのカバー自体の寝心地が好きだったので少し残念に感じました。

持ち手がなく移動が大変

ネルマットレスは20程の重さがあります。
ベッドフレームに置いて使用するのが通常だと思うので、あまり気にすることはないでしょうが、わたしは直置きして使うのでちょっと気になりました。

ネルマットレス 厚さ

直置きする場合「週に1度」壁に立てかけます

もしあなたが直置きでの使用を考えているなら、少し重たいので力に自信のない方はすのこは必須です。

すのこがあれば壁に立てかけることも月に1度程度で大丈夫です。(湿度の高い季節は様子見で増やす)

たまにコイルの音がする

ネルマットレスで寝ていると、たまに中のコイルの音が聞こえます。

コイルのきしみ音がすると寝心地を妨げる原因になります。

ただ睡眠中に音がするわけでなく、立ち上がったときに足で強い力が加わるとさすがにコイルまで届いてしまうみたいです。

寝ているあいだは感じることがないので、コイルの音が気になって眠れないなんてことはないので安心してください。

もしかしたら体重が100㎏以上を超えてくるとコイル音が聞こえることがあるのかもしれません。

また、お子様がいるご家庭はなるべくマットレスの上で跳ねたりさせないようにしましょう。

コイル自体の寿命が縮んでしまいます

ネルマットレスを使用する‟メリット”

次にネルマットレスを使用して感じたメリットについてです。

  • 圧縮梱包なので搬入が楽
  • 通気性が高く夏でも快適
  • 寝返りがしやすい
  • 120日間もリスクなしで試せる

圧縮梱包なので搬入が楽

コンパクトで運びやすい圧縮梱包を採用しています

最近ではわりと主流になってきてはいますが、まだまだ広まっていない技術でもあります。

例えば、女性ひとり暮らしでの部屋までの持ち運びや、2階で利用したいときの持ち運び(20㎏なのでさすがにひとりで運ぶのは大変)にとても便利なんです。

通気性が高く夏でも快適

ネルマットレスはポケットコイルを使用しているので、ウレタン素材のマットレスよりも、そもそもの通気性が高いです。

また、カバー自体もメッシュになっており、湿気を放出しやすい速乾性のある素材を使用しています。

そのため夏の暑い夜でも快適に眠ることができ、朝までぐっすりと快眠できたなと感じさせてくれました。

寝返りがしやすい

ネルマットレスがウリにしている「寝返り=腰痛対策」

寝返りを打つ回数が少ないと同じ部位に負荷がかかり続けてしまうので、腰の痛みに繋がってしまいます。

ネルマットレスは、寝返りの回数を増やしてくれるような機能性(寝返りサポート)を持ち合わせています。

寝返りがしっかりできることは、腰痛などの身体の痛みを引き起こす要因がひとつ減るということです。

120日間も試せて安心

マットレスのお試し期間はある?

実店舗で寝心地を確かめることはマットレス選びにとても必要なことです。

ただ、その場で寝心地を確かめたところで、大抵は「数秒の寝心地」しか体験しませんよね?

ネルマットレスは120日間自宅で実際に使用し、体に合わなければ返品可能という保証サービスがあります。

これは、実店舗があるマットレスブランドよりも秀でているポイントですね。。

「違ったな」と思ったら返品しちゃえばいいんです

お試し期間中は無料で新しいマットレス体験ができ、楽しい気分にもなれますね。

筆者
さらにネルマットレスなら返品時に1円もかからないのもメリットです。

【お得情報】10%OFFクーポンあり

公式サイトはこちら

クーポン獲得方法はこちらから

NELL(ネル)マットレスとエマスリープを比較

エマスリープマットレスおすすめ

最近人気が高まってきているエマスリープも購入して使用しているので、NELLマットレスと比較しました。

肌で感じたポケットコイルと高反発ウレタンの違い

ネルマットレスの素材は「ポケットコイル」で、エマスリープは「高反発マットレス」。

両方寝てみたからこそわかる違いがあります。

ブランド NELLマットレス エマスリープ
値段(税込) 75,000円~ 77,000円~
サイズ シングル~キング シングル~キング
かたさ
体圧分散性
素材 ポケットコイル 高反発ウレタン
カバー 取り外せない 取り外して洗える
特徴 ・寝返り特化
・コイル数が高級ブランドに匹敵
・消臭抗菌防ダニ素材使用
・返品にまったくリスクがない
・シンプルなデザイン・カバーや枕も販売
公式サイト NELLマットレス エマスリープ

ウレタンであるエマスリープは、個人的にはかなり硬く感じました。

ネルマットレスは表面の硬さの違いは微々たるものでしたが、ポケットコイルであることで身体を優しく支えてくれる感じです。

バネの体圧を吸収するような性質のおかげで、全然圧迫される感覚がないです。

個人的な結論としては

  • 寝心地ならNELLマットレス
  • コスパならエマスリープ

両方体験した結論としては、寝心地についてはポケットコイルであるNELLマットレスの方が一枚上手といえるでしょう。

ただ、値段のコスパ部分を考えると圧倒的にエマスリープの勝利だと思います。(セール時に40~50%OFFという高割引率になる)

なにを優先するかで選ぶべきは変わりますね。

ネルマットレスは腰痛対策に十分な性能を持つ!

ネルマットレスは腰痛対策になる機能性を十分に持っていて、腰痛持ちの方にもとてもおすすめのマットレスです。

具体的になにがおすすめなのかは以下にまとめています。

腰痛持ちにおすすめなポイント

  • 体圧分散性が高いこと
  • 寝返りがしやすいこと
  • 120日間試せること

ネルマットレスの口コミについてまとめている記事もあるので、気になる方は以下からごらんください。

みなさんもぜひ‟ネルマットレス”の最高の寝心地を体験してみてくださいね。

【お得情報】10%OFFクーポンあり

公式サイトはこちら

クーポン獲得方法はこちらから

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマハイブリッドを愛用。寝室はマットレスだらけ。自己紹介ページ

-NELLマットレス