ネルマットレスと日本ベッド・サータ比較|ポケットコイル買うなら断然ネルが高コスパ

ポケットコイルのマットレスといえば「シモンズ」や「日本ベッド」など高級寝具メーカーの名が上がります。

どうせなら最高のマットレスが欲しいと考える方は多いでしょう。
でも「値段が高くてとても手を出せない…」。

そんな方のために「NELL(ネル)マットレス」は存在しているのだと思います。

NELLマットレスの品質は高級マットレスと比較しても遜色がないほどです。
その理由を、わかりやすいように高級マットレスと同価格帯のマットレス2つと比較して説明していきます。

比較対象は「日本ベッド」「Serta(サータ)」の2つです。

>>【NELL マットレス公式サイト】

比較対象マットレスブランドを知る

比較するマットレスがどんなマットレスブランドかわからないといけないので、先に説明しますね。

NELLマットレスとは?


 NELLマットレスは株式会社Morght(モート)が開発・販売しているマットレス。

睡眠時に大切な枠割を持つ「寝返り」を重視した構造です。

2020年に販売開始し、2021年の2月の引っ越しシーズンあたりからノリに乗っているブランドです。

日本ベッドとは?

日本ベッドは創業91年の日本で最初のマットレスブランドです。

そのマットレスは帝国ホテルやリッツカールトンといった最高級ホテルに採用されているほど高価なものです。

その特徴はポケットコイルの数

シングルサイズで約1200個も使っているんです。

(平均はシングルで500個ほど)

中でも、シルキーシリーズは優しい感触と横になった時しっかり支えられる安心感で定評があります。

Serta(サータ)とは?

Serta(サータ)は全米でナンバーワンのシェアを誇るマットレスです。

独自開発のポケットコイルに特徴があり、一般的なコイルと比べ素材であるカーボンが多いです。

そこに、マンガンを絶妙な割合加えることで耐久性をあげています。

低反発を超える低反発ジェルメモリーフォームを採用した「iSeries(アイ・シリーズ)」が爆売れし、2011年に全米売上NO.1となりそれからずっとNO.1という恐るべきブランド。

NELLマットレスと他2社マットレス比較

前提として「NELLマットレス」と「日本ベッド」「Serta(サータ)」の共通点ポケットコイルマットレスであること。

商品画像

ブランド名 NELL 日本ベッド Serta(サータ)
商品名 NELLマットレス シルキーフォルテ 6.8インチ ペディックFP1
サイズ:値段(税込み) S:75,000円
SD:90,000円
D:105,000円
Q:130,000円
K:150,000円
S:209,000円
SD:231,000円
D:253,000円
Q:275,000円
S:77,880円
SD:87,800円
D:97,800円
WD:107,800円
Q:117,800円
厚み 21㎝ 24㎝ 27㎝
ゾーニング構造
コイル数 1,175個~ 1,200個~ 約1,000個~
無料トライアル 120日間 なし なし
保証期間 10年間 2年 なし
購入サイト 公式サイトで見る Amazonで見る ヴィーナスベッドで見る

NELLマットレスはコイル数が多い

ネルマットレス 厚さ

以上、比較表を見ていただきましたが気づきましたか?

そうです!

NELLマットレスのポケットコイルの数は同価格帯でみると圧倒的に多いんです。

日本ベッドの3分の1の価格で、コイル数が同じくらいなんです。

5つ星ホテルのマットレスを超える数

その数はなんと5つ星のホテルのマットレスとの比較です。

一般的な5つ星ホテルのコイル数は約700個ほど。

NELLマットレスは1,175個なので1.5倍以上

コイルが多いと高級に?

ポケットコイルマットレスにおいて、コイル数が多くなるにつれ値段も寝心地の良さも比例して伸びていきます

つまり日本ベッドのように最低でも20万円あたりからとなります。

そして、「NELLマットレス」のすごさはこの1,175個というコイル数でこの値段で販売されていることです。

それはまさに「最高のコスパマットレス」といえるでしょう。

コイル数が多いと寝心地がよくなる?

コイル数は値段が高くなるばかりではなくもちろん品質に影響します。

コイル数が多いことで寝心地がよくなるんです。

具体的になにが変わるかというとこちらです。

ポイント

■体圧分散性

■耐久性

ポケットコイルは点で体をささえます。

その点の数が多ければ多いほど体圧は分散され、体への負担を軽減します。

また、コイル数が増えると耐久性も比例して上がっていきます。

日本ベッドのコイル数を大幅超え

日本ベッドの説明欄であえて1,200個のコイル数と書いたのは、この数でも十分に多いから。

そしてその数こそが日本ベッドが最高級の証でもあることを強調したかったという理由です。

でもNELLマットレスは日本ベッドの20万円台マットレスと同じくらいのコイル数。

にもかかわらず、NELLマットレスの価格は7万円台から。

ここまで読んでくれた方には、このすごさがなんとなく伝わったと思います。

まとめ

NELLマットレスが断然コスパが高い理由わかりましたか?

いままでの常識では、ポケットコイルマットレスのコイル数が1,734個この値段はまず考えられません

NELLマットレスの公式サイトではたまにセールもおこなっているので是非チェックしてみましょう。

上質な寝心地を実現するために、寝返りに特化した【NELLマットレス】

 

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-NELLマットレス