【体験レビュー】LIMNE(リムネ)マットレスの口コミと評判|デメリットは3つ

リムネマットレス LIMNE レビュー

近年、ウレタン素材で「高コスパ」「高品質」を掲げて販売開始しているマットレスが増えてきています。
高コスパで販売できる理由はネット販売のみに絞り、リアルな店舗を持たないことです。

ここではリアルな店舗のないマットレスブランドの内、他ではけっして体験できない寝心地が評判のLIMNE(リムネ)マットレスの口コミ評判をご紹介しています。

筆者
さらに、実際に体験した筆者の体験談も追記(2022年2月28日)したのでよかったら参考にしてください

動画では寝返りの様子とカバーの質感、手で押したときの柔らかさがわかります。

今すぐレビューを読む

体験レビューへ

LIMNE the Mattressのレビュー

リムネマットレス チャート 評価

公式サイトへ

総合評価 42/50
コスパ /10
寝心地 10/10
ムレ感 /10
腰痛対策 /10
寝返りのしやすさ /10

4050で高評価,3039で中程度,30以下で安さ重視
リムネマットレスの特徴である「スフエアー」のマシュマロ感のある寝心地は他のどのマットレスにもないものでした。低反発のようなモチっとした寝心地でありながら腰痛対策もでき、さらに通気性まで確保した構造は、1度体験してみる価値があると感じました。価格は高めですが、専用のボックスシーツが1枚入っているので、本体のみで考えると6万円台となります。

商品詳細はこちらにまとめています

目次

LIMNE(リムネ)マットレスの口コミ・評判



 リムネマットレスの口コミは、当サイト独自に集めました。

アンケート概要

  • 実施場所:ネットアンケート
  • 実施日時:2021年10月15日~31日
  • 募集人数:30人
  • 対象者:20代~60代男女
  • 募集内容
    実際に使用した素直な感想

悪い口コミ・評判

少し柔らかすぎる

48歳女性

メリットとしてはやはり手触りが良いことです。触っても寝転んでも気持ち良くて、思わずすりすりしてしまいます。素材も良いのか汗かきで暑がりの私でも、蒸れる感じがなく、いつもさらっとしている所も良いです。デメリットとしては、やはり少し柔らかすぎるかもしれません。好みにもよりますが。拘っているせいもありますが、値段もそれなりに高いです。

真夏は少し暑い

35歳男性

マシュマロのような寝心地と宣伝文句に書いてありましたが、本当にそのとおりだと感じました。ただ柔らかいだけではなくて、適度に反発する丁度いいかたさもあって、しっかりと体を支えてくれる感じです。デメリットは宣伝には「通気性のいい素材を使っている」と書いてありましたが、やはり真夏はちょっと暑いことです。

値段が高い

26歳女性

デメリットは一つだけ。料金が高いそれだけです。

筆者
悪い口コミは3だけで少なかったです。

悪い口コミまとめ

  • 柔らかすぎ
  • 真夏は暑い
  • 値段が高い

「柔らかすぎた」「真夏は暑い」については後ほどの体験レビューで検証していきます。料金の高さはセールさえあれば手に入りやすくはなりますが、販売開始から一度も割引はおこなわれていないのでなんとも言えません。

体験レビューへ

良い口コミ・評判

レビュー星5評価

座り心地がよく快適

27歳女性

リムネマットレスを購入して感じた一番のメリットは、クッション性があるので寝心地と座り心地がとても良く、快適に過ごせます。芯のかたさもしっかりありつつ、弾力が気持ち良いです。

レビュー星5評価男性

腰痛改善に良い!

30歳男性

メリットに感じれる事は、凄く寝てて気持ちが安らげます。私の腰痛改善にも役に立ってます。病院にお世話になる回数も減ったと思います。以前よりも睡眠が良く取れ健康になれました

レビュー星5評価

失敗かと思ったけど

37歳女性

とにかく手触りがふわふわのもちもちで気持ち良く包み込まれるような感じがしたので、正直最初は柔らかすぎて沈んでしまって、逆に肩や腰への負担がかかってしまうのではないかという不安がありました。実際に寝てみると確かに沈みます。とくに寝返りを打った時に肩の辺りが大きく沈む感じがして失敗かと思いましたが、数日寝ているうちに、毎日続いていた翌朝の首から肩にかけてのガチガチに固まる感じがなくなってきて、これはマットレスの効果かな?と感じました。

レビュー星5評価男性

真夏は少し暑い

35歳男性

今までは安物のマットレスを使っていましたが、腰が痛くなってきたのでちょっといいマットレスを買おうと思ってリムネマットレスを購入しました。このマットレスを買ってよかった一番のメリットは、腰への負担が軽減されて腰の痛みがマシになったことです。厚みがあっていい感じに包み込まれるような寝心地で、腰に負担がかからなくて気持ちいいです。

レビュー星5評価男性

腰痛持ちが実体験してみた

43歳男性

やはり寝てみて、本当に体が痛くならないか、腰痛は大丈夫かを実体験してみました。私は、腰痛持ちなんでせっかく買って効果がなければ意味ありません。半信半疑で購入してみましたが、あなどっていました。さすが腰痛の回数は減りましたね。寝心地もとてもよいです。

レビュー星5評価男性

爆睡できる

33歳男性

特にデメリットはありません。良い所ずくしです。最近は寝る時は爆睡しています。爆睡できるのはなんて幸せなことでしょう。最近は夜が早く朝が早くです。なんで早く寝るのか・・・マットレスのおかげですかね。一度12時間ぐらい爆睡してみたいもんです。

レビュー星5評価男性

ヘルニア持ちです

38歳男性

私自身ヘルニアなので、すこしは楽になればと思い購入しました。実際に使って見たところ、朝の寝起きがかなり楽に感じられました。マットレスでこれだけ変わるのは正直ビックリしました。そして体の軽さが違います。朝から素軽く起きれるようになりました
レビュー星5評価男性

かたさは感じない

25歳男性

実際に友人がこちらのマットレスを活用しており、自分も横にならせていただきました。低反発のように寝心地もよく、そしてかたさなどもあまり感じることがなかったので、個人的にはほんとうによかったと思っております!デメリットは友人をぼやいていたのですが、商品の価格が高いというところだと思います。

寝心地が良いことも多く書かれていましたが、気になったのは「腰痛対策にもなる」ところです。

ほとんどの方が腰痛が軽減されているという結果でした。

筆者
これだけ柔らかいマットレスで腰痛対策になるのはすごい技術や構造といえます。

良い口コミまとめ

  • 腰への負担が軽減
  • ふわふわ気持ち良い

リムネマットレスは低反発のような寝心地なので、体圧分散性が高く腰や身体全体への負担が軽減されるのでしょう。

こちらも体験レビューで検証していきますね。

体験レビューへ

LIMNE(リムネ)マットレスのデメリットとメリット

リムネマットレスのデメリットとメリットについて、口コミを参考にまとめています。

LIMNE(リムネ)マットレスのデメリット3つ

マットレスデメリット

  1. 価格が高い
  2. サイズが少ない
  3. 真夏は暑い

LIMNEマットレスはシングルサイズが79,900円(税込み)で、もちろん質も良くコスパも良い製品ですが、考えようによっては高く感じます。

また、サイズ展開が[シングル/セミダブル/ダブル]しかないので、少しゆったり使いたい夫婦やカップル利用には不向きです。

他にも、真夏は暑いという声がありました。

通気性が良いとはいえ、ウレタンマットレスなので夏には少し熱がこもってしまうのも仕方がないかもしれません。

そんなときは、冷感パッドや通気性の高い麻素材の敷パッドを使えばデメリットを補うことができますよ。

LIMNE(リムネ)マットレスのメリット3つ

マットレスメリット

  1. 寝心地の良さ
  2. 腰痛対策になる
  3. 寝起きがスッキリする

低反発のようにやわらかく、まさにとろけるような寝心地と感じる方がほとんどでした。

また、柔らかさの中に芯を感じるような硬さもあります。

リムネマットレスは低反発マットレスの柔らかい寝心地と、高反発の腰痛対策機能をあわせもっています。

筆者
あまり一般的でないかもしれませんが、柔らかさと腰痛対策は相いれることはないんです。

寝具界隈には「柔らかいマットレスは腰痛の人にとって身体への負担が大きい」という従来の固定概念があります。

そんな固定概念をも覆す、ハイブリットな性能を持っているのがリムネなのです。

【LIMNE THE MATTRESS】
120日間の無料体験ができる

理想的な寝落ちへ
Smooth Falling A sleep

リムネマットレスは意外と男性の利用が多い

先ほどの口コミでも、男性の比率の方が多いのがわかります。

やわらかい癒される寝心地のイメージが強いリムネマットレスは、女性に人気かと思いきや男性人気も高いんですね。

それはリムネが寝心地の癒しだけでなく、腰痛に対して高い効果を期待できるからです。

実際にご紹介した中に「ヘルニア持ち」の人もいましたよね。良い口コミ参照

マットレスだけでこれだけ変わるのはビックリした」というコメントがあったり、腰痛が改善したという声が目立ちました。

LIMNE(リムネ)マットレスの商品詳細を解説!

LIMNEのマットレスは「理想的な寝落ち」を目指してつくられたマットレスです。

そのデザイン性は、他のマットレスと明らかに一線を画します

日本の現代社会は睡眠リテラシーが低く、「睡眠負債や生活習慣病」に対してまだまだ危機感が薄いのが現実です。

リムネというブランドは、人生における「幸福は健康がベースになっていることの再認識」を手伝ってくれます。

LIMNE(リムネ)のコンセプト

LIMNEのブランドコンセプトは、3つあります。

リムネのコンセプト

  1. 日本人の生活を研究し、最適を生み出す
  2. 機能美があるものを創造する
  3. 想像以上の価値を提供する

株式会社LIMNEには現代の多様や、機能美による見た目だけではない継続される価値の提供を実現していくという想いがあります。

LIMNE(リムネ)マットレスの基本情報

おすすめのポイント

  1. 寝心地が癒される
  2. 横向き寝がしやすい
  3. 腰痛対策できる

価格(税込)
  • S:79,900円
  • SD:89,900円
  • D:99,900円
サイズ S/SD/D
高さ 22cm
カラー グレー
丸洗い 不可
(カバーのみ)
耐久年数 約10年
製品保証 10年
返品保証 120日間

LIMNE(リムネ)マットレスの特徴は5つ

マットレスの特徴をチェック

LIMNEのマットレスの特徴は5つです。

  1. マシュマロのような寝心地
  2. 日本人の体形を考えた設計
  3. 横寝が楽になるつくり
  4. ウレタン3層特殊構造
  5. 表面デザインの秘密

①マシュマロのような寝心地

リムネの表面の層が柔らかい理由は上部の低反発層の厚さが2.5㎝あるからです。日本人は布団文化で、ふわふわの寝心地が好きな方もたくさんいるでしょう。リムネのマットレスでは、この2.5㎝の厚みがあるからこそ「包み込むようなふわふわ感」を実現しています。

②日本人の体形を考えた設計

海外の方には海外の方の、日本人には日本人の体型があります。一般的には海外の方の体格よりもひと回り小さめな日本人の体つき。

その骨格に合わせた工学設計をおこなっているので不思議としっくりくる使用感です。

③横寝が楽になるつくり

LIMNEのマットレスは横に寝た時に圧力が強くかかる[肩/腰]に負担がかかりにくい設計になっています。

なので腰痛や腕のしびれを防ぐことができます
>>Middle層の溝がポイント

④ウレタン3層特殊構造

後半で詳しく説明しますが、LIMNEのマットレスは3層のウレタン素材でできたマットレスです。

この3層それぞれに役目があり、「ウレタン素材」のデメリットをお互い補い合ったり、体に負担のかからない寝心地にしてくれています。

⑤表面デザインの秘密

表面は「LIMNE」のロゴが縫い込まれていて、さりげなくスタイリッシュなデザインとなっています。

このロゴ模様の入れ方にはデザインとしてだけでなく「身体の[/おしり/ふくらはぎ~かかと]を当てると最適な寝心地になりますよ」というメッセージでもあるんです。

120日間返品保証あり

公式サイトへ

専用のボックスシーツも同梱!

LIMNE(リムネ)マットレスの品質試験

毎日使うものなので、品質はとても大事です。

LIMNE(リムネ)マットレスでは3つの試験を受け、そのすべてで高い評価を受けています。

通気性試験

通気性が悪いとカビやダニの発生が予想されます。それに熱がこもってしまうことで、寝心地の悪さにも影響してきます。

実はもともと「ウレタン素材」というものは通気性が悪い素材なんです。

しかし、LIMNEのマットレスの特殊ウレタン素材は、通常のウレタンの1.47倍の通気性があることが通気性試験で証明されました。

メッシュ生地で通気性アップ


通気性が良いことは、熱を放出しやすいということ。
夏でも快適に、いつでもさらっと感がキープされる寝心地となります。

床に直置き使用できる

通気性が良いので、床に直置きして使用できます。そのときの注意点としては週に1度くらいのペースで「マットレスを立てて陰干しをすること」です。

耐久性試験

マットレスを使っていると「へたり感」がでてきます。つまり、寝心地の悪さに繋がる「劣化」なわけですが、LIMNEのマットレスは耐久性においても高評価です。

これは体重のかかる部分に溝を入れてることや、3層目の硬いマットレス層が機能していることが要因です。

マットレスにとっても圧力の分散は効果的といえます。

>>マットレスの寿命はどのくらい?

体圧分散試験

体圧はマットレスから体にかかる圧力のことです。

この圧力が強すぎると、欠陥が圧迫されて血流が悪くなり肩こりや頭痛、起きた時の身体のだるさにもつながるのでかなり重要な点ではないでしょうか。

こちらをご覧ください。


タップして切り替え⇓⇓⇓





仰向けの場合の体圧

頭から腰、足先まで広範囲に同程度の圧力がかかっている状態なので、体圧分散がしっかりできていることがわかる


横向きの場合の体圧

仰向けと同様に、広範囲に同程度というのがよくわかる


仰向けの場合の体圧


背中から腰だけに圧力がかかってしまっていて、特に腰に負担が強くかかってしまっていることが腰痛に繋がる原因となる


横向きの場合の圧力

腰に負担がかかりすぎていて、寝返りが打ちにくい状況といえる



この検証画像でもわかるとおり、LIMNEのマットレスは体への負担が軽減されることが実証されました。

LIMNEのマットレスはどこが他と違う?

いまやウレタンマットレスは「エマスリープ」や「コアラマットレス」などが販売開始され始め主流になってきています。

上記のふたつは当ブログでもご紹介させていただいていてとても人気のマットレスです。

では、LIMNEのマットレスはその2つを凌駕するほどの「買うべき理由」があるのでしょうか。

ポイント

  • レーヨンの肌触りが格別
  • デザイナーによる洗練されたデザイン
  • 120日間無料トライアル

レーヨンの肌触りが格別

レーヨンは天然の繊維ではないですが、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維でもありません。

木材パルプなどの原料を加工して作る「再生原料」です。

レーヨンはもともと高級な「シルク」の代用品としてつくられたこともあり、シルクのような[滑らか/光沢感/通気性]の特徴を持っています。

このレーヨンの生地の風合いはリラックス感があり最高の寝心地です。

さらにレーヨンは、適切な加工処理をすれば自然に戻すこともできる環境にやさしい「エコ」な素材なんです。

デザイナーによる洗練されたデザイン

デザイナーによる、まるで「デザイナーズ(ブティック)ホテル」のようなシックで高級感のあるデザインは部屋全体の印象を引き締めます

LIMNEのマットレスは、コンセプトでもある「理想的な寝落ち」のために必要な睡眠を取り巻く空間もデザインしています。

120日間無料トライアル

エマスリープやコアラマットレスにも存在する「120日間無料トライアル」ですが、ないと失敗が怖くて手を出せません。

この「120日間無料トライアル」でリスクを抑えることができることは「買うべき理由」として重要です。

しっかりチェック!!
>>返金保証制度の注意点5つ

ウレタン3層のMiddle層をもっと詳しく

LIMNEマットレスの「ウレタン3層構造」は知っておくべきスペックだと思うので詳しく説明します。

3層構造の1層目は肌ざわりと包み込まれる寝心地3層目は全体を支えるかたさになっています。

そして1番伝えたいのは第2層目のMiddle

Middle層には縦横の溝があり、仰向けと横向きをれぞれの寝姿勢で効果を発揮します。

仰向けの場合



この溝はなんのためにあるかというと理想的な寝姿勢をつくるのに効果を発揮しているんですね。



圧力が大きくかかる「/おしり/かかと~ふくらはぎ」に溝を入れて沈み込みの深さを調整することで、仰向けになったときの姿勢が「直立に近い状態」になります。

直立に近い状態で眠ることができると、腰や肩への負担が大きく減るのです。

つまり腰痛や肩こりの軽減に繋がるといえるんです。

横向き寝の場合


横向きも圧力のかかる部分に溝を入れて、圧力が強くかかる部分の沈み込みを調整しています。

沈み込みが調整されているおかげで、ウエスト部分や腿部分の(浮いてできた)隙間がなくなり、身体への負担が極限まで減らせることが期待できます。

【体験レビュー】リムネマットレスの"マシュマロ"はそのままだった

これまでご紹介した特徴や口コミにもあり、公式サイトでも表現されている『マシュマロの寝心地』。

一度体験すると、それ以外では眠れない眠りたくないと思えるほど気持ちの良いものでした。

筆者
おおげさに聞こえるのは承知です。しかしリムネマットレスのやわもちな寝心地は高確率でそう思わせてくれるはずです。

言葉と画像だけでは伝わりにくいので、動画も用いて紹介していきますね。

ポイント

  • まさに無重力な寝心地
  • 腰痛対策の条件を満たす
  • 湿気対策済みの構造

開封作業動画です。
マットレスの圧縮梱包はこんな感じなんですよ!

まさに無重力な寝心地

マシュマロのような寝心地や感触といわれますが、実際に横になってみると柔らかさよりも体圧分散性の方におどろきます。

その寝心地を表現するなら個人的に「無重力」が正しいのかなと思いました。

背中や腰など一定の部位に圧力をほぼ感じることなく、包み込まれつつも反発力さえ感じます

柔らかい寝心地は上層(スフエアー)の、反発力は中層(ミドル層)の機能でしたね。

座ったときは良く沈みますが、寝転がると全体が持ち上げられるような感覚に。

リムネマットレス 寝心地 あお向け

無重力な寝心地を再現するには「身体にかかる体圧を分散する性質」と「心地よい反発力」が必要なんです。

よく横向きの時に腰や肩の圧迫されすぎで、腕のしびれや腰痛の悪化が起こるという話があります。

リムネマットレス 横向き

上記の画像をみてもらうと、肩腰の両部位が適度に沈み込んでいることがわかりませんか?
(わかりにくいかも…)

表面の2.5㎝ある柔らかい層「スフエアー」が良い仕事しているんですよね。
(スフエアーがマシュマロ触感を再現してくれてます)

全然圧迫される感じがないので寝起きは腕も腰も異常なし

横向きもとても寝やすいことがわかりました。

そして、寝心地を邪魔しないカバーの存在も忘れてはいけません。

カバーの伸縮性

備え付けの専用カバーは、伸縮性と通気性を兼ね備えていて、寝心地を損ねないようにできています。

付属のボックスシーツは滑らかな素材で、肌触りもかなり良いです。

奥さんにも寝てもらいましたが、「これ気持ちよすぎ」を連発していました。

腰痛対策の条件を満たす

腰痛じゃない人も他人ごとではありません

マットレスが合わなくて腰痛になってしまうという人もいるからです。

それにいまは大丈夫でもいつ腰痛になるのかなんて予想もつきません。

筆者
だから腰痛対策マットレスの条件は、マットレス選びをするうえで頭に入れておいて欲しいと思います。

腰痛対策の条件5つ

  • 適度な反発力
  • 適度な沈み込み
  • 質の高いマットレス
  • 厚みが十分にある(10㎝以上)
  • 2層以上の構造

細かい説明は長くなるので割愛しますが、上記の5つについてリムネマットレスはすべてクリアしています。

実はこの5つの点をクリアしていると、腰痛対策だけでなく腰痛の予防策にもなるわけです。

リムネの内部構造はこちらの動画で確認できます。

湿気対策済みの構造

マットレス選びをするときに重視するべき点として「湿気対策」は必ずあがってきます。

なぜなら湿気をため込みやすいようなマットレスは、夏の間に高確率でカビを生やすからです。

筆者
湿気対策していても一瞬の油断も禁物です。

カビを生やすと10年物のマットレスでも数年足らずで捨てる羽目になります。

マットレス 結露 湿気対策

湿気でマットレスが結露

もちろんリムネに関しても同じくいえます。

しかし、リムネは構造的に通気性を考慮したつくりになっていて、カビのリスクは一般的なウレタンマットレスよりもかなり低くなっています。

「通気性を考慮したつくり」とはこんな感じです。

リムネマットレス 裏

リムネマットレスの裏面はこのように格子状にくぼみが入っていて通気性が確保されています。

リムネマットレス 構造

さらにオレンジ色の中層にも空気の流れる道があり、人が動くたびに内部の湿気った空気が外にでるような構造です。

リムネマットレス 構造

肩・腰・膝にぴったり

圧力がかかるところにぴったり通気口部分が当てはまります。

このくぼみがあることも理想的な寝姿勢をつくるための特徴でしたね。

ちなみに上下は非対称なので、向きは間違えないようにしましょう。
(※肩側が広めのくぼみが入っています。)

筆者
このように構造的には通気性がしっかり考慮されていることがわかります。

ただ何度もいいますが、カビは一瞬の油断も禁物です。

日々のお手入れや、すのこを下に敷くなどの対策は必ずしましょう。

やった方が良い湿気対策一覧

  • 定期的な陰干しをする
  • すのこを敷く
  • ベッドフレームを使う
  • 床置きの場合は敷きっぱなしにしない
  • 湿気の多い季節は日中の立てかけ必須

定期的な陰干しは、週に1度くらいが目安です。

すのこやベッドフレームを使用するととても効果的ですが、湿気の多い季節には陰干し日中の立てかけはなるべくおこないましょう。

120日間返品保証あり

公式サイトへ

専用のボックスシーツも同梱!

リムネマットレスの専用カバーとボックスシーツの洗濯

リムネの専用カバーとボックスシーツは別々の素材です。

しかし、洗濯方法に大きな違いはありません。以下の画像のとおりです。

リムネマットレス 洗濯方法

洗濯方法記載タグ

毛玉ができやすいので洗濯ネットに入れ忘れないようにしましょう。

リムネマットレスを体験したレビューのまとめ

リムネマットレス一式

リムネマットレスは公式サイトやインスタのレビューでとにかく寝心地が褒められています。

まさにそのマシュマロのような寝心地は、リムネの最大の特徴といえるのは間違いないです。

正直、気持ちよすぎてベッドにいくのが楽しみになるほど。
(朝もほんのちょっとだけ長く寝てしまいますが…)

ここではリムネを使用してどんな良いことがあったのかをお伝えしていきます。

  1. 睡眠が深くなった
  2. 寝起きの腰の痛みがなくなった
  3. 専用ボックスシーツが気持ちよすぎる

睡眠が深くなった

正直リムネマットレスを使用し始めて数日、あまり変化はないよなと思ってました。

しかし、いざこの記事を書くにあたって振り返ってみると「そういえば夜中に起きることがなくなったな」と。

私はあまり寝返りが得意ではなかったみたいで、寝返りのとき子供が睡眠中に動くたび起きていたのですが、それがなくなったんです。

筆者
日によって4歳の息子と寝ることがあります。

もちろん全く起きないわけではないですが、深い眠りにいると思うので記憶には残っていません。

結果、朝までぐっすり眠れるので睡眠不足と感じることが減りました

寝起きの腰が痛みが軽減

私はパソコン仕事が多いので、朝起きて腰が痛いことが多く、日によっては起きるのがきつい時もありました。

リムネマットレスは腰痛対策を商品のメリットとして掲げているだけあって、猫背気味の腰でもしっかり包み込み、支えてくれます。

他の腰痛対策の高反発マットレスには、硬いものが多いですよね。

『腰痛対策=硬いマットレス』ではなく、『腰痛対策=反発力のあるマットレス』である認識の方が正しいようです。

筆者
リムネマットレスのスフエアーは私に腰にとってちょうど良い優しさでした。

専用ボックスシーツが気持ちよすぎる

リムネマットレスには専用のボックスシーツが1枚同梱されています。

マットレス自体の購入額は79,900円と、少し値が張るように感じますよね。

しかし、このマットレスのクオリティでボックスシーツもセットと考えると本体価格は6万円台

筆者
ボックスシーツの質も良く、肌触りはシルクのよう

シルクのようなツルツルな肌触りも、入眠の早さにつながると確信しています。

最近でてきた「エマスリープ」や「コアラマットレス」よりもリーズナブルに高品質なシーツをそろえることができます。

エマスリープ コアラマットレス
エママットレス
77,000円(税込)
Newコアラマットレス
82,000円(税込)
エマ専用カバー
15,000円(税込)
コアラ専用シーツ
13,000円(税込)

※各商品名クリックで商品ページが見れます

筆者
他マットレスと比べても、リムネは価格的にお得になります!

120日間返品保証あり

公式サイトへ

専用のボックスシーツも同梱!

リムネマットレスの耐久性が気になる

みなさんがマットレス選びで気にするひとつの指標として耐久性があると思います。

いまはまだ耐久性について言及できませんが、耐久保証が10年ついているので特に気にすることはないともいえます。

10年保証は、LIMNE the Mattressの10年間の品質を保証するサービスです。マットレスを適正にご使用頂いたにもかかわらず、ウレタンフォームに3.0cm以上のへこみが確認された場合は無償で交換致します。10年保証のご相談は、こちらの返品・交換専用依頼フォームよりご連絡ください。

引用:LIMNE公式サイト

返品・交換専用依頼フォームを確認

筆者
通常通り使用して、10年以内に3㎝のへたりはかなり強気だと思います。

信用できないとしてもへたりがでたときに交換してしまえば新品が手に入るので、これは大きなメリットでしょう。

また、120日間の返品保証もついているので身体に合うか不安な方でも安心して購入できます。

返品の詳細や流れは公式サイトのこちらのページで確認できます。

返品詳細(LIMNE公式サイトへ)

戻り切らなかった?マットレスの角はチェックして!

開封後、数十分経っても角の厚みがなかなか戻りませんでした。

このまま使うのはちょっとやだな、と思いながら中の素材を確認。

すると角が圧縮から戻り切っていない状態であらわれました。

軽くショックを受けつつも手で引っ張って戻そうと試みます。

すると、すぐに元どおりになりました。

こういった圧縮梱包にはこんなトラブルも付きものみたいで、リムネに限ったことではないです。

よっぽど気になるようでしたら返品交換の連絡をしてみるといいかもしれないですね。

配送時や商品の不備は無償で交換してもらえるので安心しましょう。

リムネマットレスがおすすめな人

筆者
実際に使用した私が考えるリムネがおすすめな人はこちらです。

こんな人におすすめ

  • 予算が7万円以上
  • デザイン性が好み
  • 柔らかい低反発の寝心地が好き
  • 肌触りの良さと求める
  • 横向きで寝ることが多い
  • 腰痛を軽減したい
  • 床に直置きで使いたい

個人的な特筆すべきメリットは、横向き寝のしやすさとやわらかな寝心地です。

横向き寝は高反発マットレスだとどうしても圧迫感を感じますが、リムネのやわらかな寝心地はとても快適。

また、床に直置きで使いたいけど重いマットレスは使い勝手が悪いと考えている方にもおすすめといえます。

リムネマットレスについての簡単なQ&A

リムネマットレスを使用して感じた疑問やよくある質問をまとめました。

女性一人でも開封できますか?

この記事で公開している動画を観るとわかると思いますが、女性でも簡単に開封作業をおこなうことができます。

開封作業動画をもう一度確認する

マットレスの処分代行ってなに?

リムネでは関東地方限定で、マットレスの引き取りサービスもおこなっています。

LIMNE the Mattressをお買い上げのお客様で関東地方への配送に限り、マットレスの開梱・設置・ご不要のマットレスの引き取りがセットになったオプションセットをご用意致しました。本サービスは、ヤマトホームコンビニエンスが担当致します。

引用:リムネ公式サイト

詳細はこちらのページでご覧いただけます。

マットレス引き取りサービスの利用方法

リムネに体重制限はないの?

リムネマットレスに体重制限があるかどうか直接カスタマーセンターに伺ってみたところ「当社マットレスに置いて体重制限はございません。体重100㎏以上の方がご使用いただいても製品上問題はございません」とのことです。

ウレタンを覆っているカバーは洗える?

ウレタンを覆っているカバー(上記画像)があります。しかし、こちらもカスタマーセンターに問い合わせたところ「ポリエステル100%の生地を使用しており洗濯することは可能ではございますが、生地が薄く着脱が困難であり、破れ等ダメージを受けやすい素材となっています。そのため当社では洗濯を推奨しておりません。」と返答がありました。

無難に洗わない方が良さそうですね。

レーヨン生地のカバーとボックスシーツが洗えるだけで十分衛生を保てるので問題ないとのことでした。

返品にかかる費用は?

リムネマットレスを万が一返品したい場合は、返品手数料と振込手数料がかかります

詳細はこちらのページで確認ができます。

保証について

最後に

リムネマットレス 使用風景

正直、リムネマットレスはデザインの雰囲気やコンセプト的に女性のみをターゲットにした商品だと思ってました。

筆者
しかし男性である私が実際に寝てみて必ずしもそうでないことがよくわかったんです。

柔らかいだけでなく、適度な反発性で腰痛対策になり、ムレ感も少なく男性にもおすすめです。

また、シックなデザインが、シンプルなお部屋作りをしている方は気に入るのではないかなと感じます。

1日の疲れをリムネのマシュマロのような寝心地でしっかりと癒して、次の日も前向きに活動しましょう。

120日間返品保証あり

公式サイトへ

専用のボックスシーツも同梱!

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマハイブリッドを愛用。寝室はマットレスだらけ。自己紹介ページ

-LIMNEマットレス