【ネルマットレスvs雲のやすらぎ】SNSで人気のブランドを徹底比較!

ネルマットレス 雲のやすらぎ 比較

10%OFFクーポンあり
詳しくは下のボタンから!

クーポン取得方法

ネルマットレスと雲のやすらぎはどちらもSNSで大人気です。

そんな両マットレスを比較してあなたにどちらのマットレスがおすすめなのか解説していきます。

※筆者はNELLマットレスと雲のやすらぎも体験しています。

特に返金保証を利用した体験は、低リスクで試すために順番が大事ですのでぜひ参考にしてみてくださいね。

低リスクで両方体験する方法をすぐに見る

ネルマットレスと雲のやすらぎを比較

ネルマットレス 比較 雲のやすらぎ

ネルマットレス

雲のやすらぎマットレス

サイズ/価格(税込)
  • シングル/75,000円
  • セミダブル/90,000円
  • ダブル/105,000円
  • クイーン/130,000円
  • キング/150,000円
  • シングル/39,800円
  • セミダブル/49,800円
  • ダブル/59,800円
厚さ
21㎝ 17㎝
耐久年数
約10年 約3~5年
リバーシブル仕様
かたさ(寝心地)

少し柔らかい

コイル特有の心地よい反発力。
表面のウレタン層がやさしく包
見込んでくれる。

柔らかめ

想像以上にふわふわしてる。
敷布団のような使い心地で
奥の方にやや反発力を感じる。

体圧分散性(腰痛対策)

ても高い

ポケットコイルの多さがとても
高い体圧分散を実現。20万円程
のマットレスと比べても遜色なし。

少し沈み込みすぎる感があり
ますが、体圧分散性はしっかり
ある。特に横向きが寝やすい。

お試し期間
120日間 100日間

ネルマットレスは2020年に販売開始されたばかりですが、2021年にはSNSを中心に一躍トップマットレスブランドに。

寝返りに特化し腰痛対策はもちろん、おしゃれなデザイン性と、120日間無償で試せるシステムが人気を呼びました。

筆者
インスタで話題になってますよね。20~30代で知らない人はいないのでは?

NewLifeセール15%

いますぐチェック

口コミ評判を見る


雲のやすらぎプレミアムマットレスは、株式会社イッティによって10年前から販売されているロングセラーのマットレス。

改良に改良を重ねているので、販売当初よりもお客様のニーズに応えた製品展開をしています。

筆者
雲のやすらぎも知名度でいえば負けてません。モットンとよく比較されますね。

2022.4.10まで
新生活応援セール実施中

まずはクーポンコードをGET
>>一番お得に手に入れる方法

セット購入で最大半額!

価格を比較

価格帯は両マットレスまったく違います。

予算次第ではどちらにするか迷う余地もなさそうです。

多少余裕があるならば【断然高性能のネルマットレス】、少しでも安く質の良いマットレスにしたいなら【価格おさえめな雲のやすらぎにすると良いです。

耐久性を比較

耐久性はネルマットレスが10年程、雲のやすらぎが3~5年

さらにネルマットレスには10年の耐久保証があるので、8年でへたったときに問い合わせれば新品に取り換えてもらえる可能性があります。

雲のやすらぎの耐久保証はないので、長く使用し続ける予定ならネルマットレスがおすすめです。

返金保証を比較

ネルマットレスは120日間の返金保証期間、雲のやすらぎは100日間の保証期間です。

だいたい3か月使用すれば十分とされるお試し期間なので、日にちはそこまで気にすることはないです。

ただ決定的な違いがあります。

それは返品時の送料負担です。

雲のやすらぎの返品時にかかる費用について詳しくはコチラの記事で確認できますが、平均1マットレスにつき3~5,000円かかってしまいます。

反対に、ネルマットレスは配送手配もメーカー側がおこない、送料も負担してくれます

筆者
返品時でもお金がかからないのはとても安心できますね。

腰痛対策マットレス選びの大事なポイント2つ

腰痛対策で重要な2つのポイントをおさえましょう。

  • 体圧分散性が高い
  • 寝返りがしやすい

腰痛対策には「体圧分散性が高い」ことと、「寝返りがしやすい」ことは必須です。

筆者
ここを知っておくのと知らないのでは今後の腰痛人生に大きな差を生みます。

体圧分散性が高い

体圧分散性が低ければ、寝てるときに強い負荷がかかりやすい腰や肩が一晩中圧迫され続けて朝起きたときの床ずれや腰痛を引き起こします。

もともと腰痛持ちの人はわかると思いますが、寝起きが辛すぎて起き上がるのが大変ですよね。

筆者
雲のやすらぎは柔らかすぎることもあり、体重が55㎏以上の人は高い体圧分散性を感じにくいので注意です。

寝返りがしやすい

寝返りも寝起きの腰痛・肩こりに大きく関わります。

寝返りがしにくいマットレスだと、同じ体勢でいる時間が長く続きます。

同じ体勢で同じ部位に圧力がかかり続けると、その部位(特に腰や肩)の血行不良で筋肉がコリ固まってしまうんです。

その状態を避けるために、ヒトは寝ているあいだに無意識で寝返りを平均10~30回繰り返します。

寝返りがしやすいマットレスの条件とは高反発であることです。

ネルマットレスも雲のやすらぎも高反発マットレスですが、こちらも同様注意が必要

筆者
雲のやすらぎは思ったよりも柔らかく、反発力を感じにくいんです。
ネルマットレス レビュー 評価
実体験レビューはこちらネルマットレスは腰が痛い人に合う?|Newコアラマットレスと徹底比較

続きを見る

ネルマットレスと雲のやすらぎそれぞれのおすすめな人

ネルマットレスと雲のやすらぎそれぞれのおすすめな人はこちらです。

この項目に多く当てはまる方があなたに合っているマットレスです。

筆者
100%おすすめと言い切れない場合もありますが決める基準にはなりますよ!



▽いくつ当てはまる?

  • 予算が10万円以内
  • 体重が56㎏以上
  • 腰痛が本当に辛い
  • おしゃれなマットレスがいい
  • 寝起きに身体が痛くなりやすい
  • 寝返りを打つのが苦手
  • 返品時に送料をかけたくない
  • 子供と一緒に寝たい

▽いくつ当てはまる?

  • 予算が5万円以内
  • 体重が55㎏以下
  • 収納したい
  • 返品時の送料は気にしない
  • ふわふわな寝心地じゃなきゃいや
  • 子供用にマットレスを探してる

ネルマットレスの方がおすすめポイントが多くなってしまいました。

実際、値段もそうですが両方寝比べてみるとネルマットレスは高級マットレスの部類です。

もちろん雲のやすらぎも寝心地良く、使い勝手もいいですが総合的にはネルマットレスには敵いません。

筆者
比べるには価格帯が違いすぎましたね。

ただ、本当に自分に必要な機能性だけもったマットレスを求める人は雲のやすらぎで十分ともいえます。

体重が55㎏以上で雲のやすらぎみたいなマットレスが良い人はモットンもおすすめします。

ネルマットレスと雲のやすらぎの両方を低リスクで試したいなら

ネルマットレスと雲のやすらぎの両方をノーリスクで試す方法はあります。

それは返品保障を使う方法です。

どちらから購入しても結果的にかかるお金は変わりませんが、雲のやすらぎをあとに体験する方がお得な場合もあります

例として、雲のやすらぎを先に購入するパターンです。

雲のやすらぎを先に購入

【シングルサイズ価格】

  1. 雲のやすらぎ購入
    ⇒39,800円
  2. 雲のやすらぎ返品
    ⇒約5,000円の手数料
  3. ネルマットレス購入
    ⇒75,000円
  4. ネルマットレス返品
    ⇒特に料金かからず
  5. 雲のやすらぎ再購入
    ⇒39,800円

=39,800円+約5,000円の手数料
=44,800円

上記は先に雲のやすらぎを購入し返品、最終的に雲のやすらぎにした場合です。

両方体験したいと思うと、雲のやすらぎの返品の際の手数料等がかかってしまいます。

筆者
そこで、雲のやすらぎの返品手数料がかからなくて最終的に雲のやすらぎにする予定の人におすすめな購入方法をご紹介!

これからご紹介するおすすめの順番は両方体験したうえで雲のやすらぎに決定する確率が高い人向けです。

先にネルマットレスを購入

【シングルサイズ価格】

  1. ネルマットレス購入
    ⇒75,000円
  2. ネルマットレス返品
    ⇒返品にかかる料金なし
  3. 雲のやすらぎ購入
    ⇒39,800円
  4. 雲のやすらぎに決定

=39,800円のみ
(※やっぱりネルマットレスが良い場合はここで雲のやすらぎの返品時の費用がかかります)

雲のやすらぎにしようと思っている人が、先に雲のやすらぎを購入するとノーリスクで両方体験することができなくなるので注意しましょう。

筆者
ただ、10年以上の耐久性をもつネルマットレスの方が、ランニングコストを抑えられることは忘れずに!

もともとネルマットレスが予算内なら、高品質で高耐久性のネルマットレスを選んでしまった方が余計な手間はかかりません。

ネルマットレス レビュー 評価
実体験レビューはこちらネルマットレスは腰が痛い人に合う?|Newコアラマットレスと徹底比較

続きを見る

【まとめ】ネルマットレスと雲のやすらぎは全然違う

そもそも価格帯が雲のやすらぎよりも、ネルマットレスの方が2倍ほど高いです。

予算でほとんど決まるといっても過言ではないですね。

今回ご紹介したそれぞれのおすすめな人をもう一度確認しましょう。




  • 予算が10万円以内
  • 体重が56㎏以上
  • 腰痛もち
  • 寝起きに身体が痛くなりやすい
  • 寝返りを打つのが苦手
  • 返品時に送料をかけたくない
  • 予算が5万円以内
  • 体重が55㎏以下
  • ふわふわな寝心地じゃなきゃいや

マットレス選びは今後の人生を左右するほどです。

筆者
よく言いますが、睡眠には人生の3分の1の時間を費やしています。

納得のいくお買い物にしましょう!

ネルマットレス レビュー 評価
実体験レビューはこちらネルマットレスは腰が痛い人に合う?|Newコアラマットレスと徹底比較

続きを見る

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-NELLマットレス