高反発ウレタンマットレスの復元率とは?「数値が高い=へたりにくい」

マットレスは腰痛対策、寝心地の良さなどさまざまな使用感を期待して購入されます。

せっかく数万円で購入したマットレスはできれば長く使いたいものですよね。

そこで大事な指標のひとつが復元率です。

へたりにくい高反発ウレタンマットレスを選ぶために、「復元率」について最低限知っておきましょう。

高反発ウレタンマットレスでよく見る復元率とは

ウレタンマットレスの復元率とは

高反発ウレタンマットレスの復元率は、「復元率〇〇%」と表示されているものです。

家庭用品質表示法というもので表示義務があるのですが、いったいどんなものなのでしょう。

復元率は「へたりやすさ」を左右する

復元率はウレタンフォームの「へたりやすさ」に関わります。

へたりやすさ=耐久性となり、マットレスを選ぶときには大事な目安となります。

復元率「99.9%」って?

復元率は高ければ高いほど、へたりにくいです。

例えば、雲のやすらぎプレミアムは公式サイトで「復元率99.9」とあります。

▽検証方法

一辺が50mm以上の正方形で厚さが20mm以上のフォームを試験片とし、厚さの50%の距離を1分間に60回の速さで繰り返し8万回圧縮した後、30分間室温に放置して試験片の厚さを測定し、繰り返し圧縮残留ひずみ率(%)を算出します。この数値を100から差し引いた数値(%)をもって復元率とします。

引用:ウレタンフォーム工業会

8万回もの回数を圧縮して試験した結果、0.1%しかへたりをみせなかったということです。

もちろん理論上で、「ウレタン密度D」も関係するので一概にはいえませんが、復元率は最低でも95%以上あれば優秀といえます。

復元率と密度Dとの違い

先ほど、「ウレタン密度D」という言葉がでました。

ウレタンフォームのマットレスの耐久性を知るためには「密度D」と合わせて知っておくとより良いです。

復元率は「へこんだ後の戻り」を示す数値で、密度Dは「ウレタンフォームの空気の隙間(スカスカ具合)」を表す数値です。

高反発マットレスの密度Dについて
参考高反発ウレタンマットレスの密度とは?だいじな「寿命の目安」のために

続きを見る

復元率を知ると損をしなくなる

マットレス 復元率 損をしないために

最初の寝心地がどんなにすばらしくても、復元率が低く耐久性が弱いと損をします。

2.3年でその寝心地を失ってしまうことがあるからです。

下手したら数か月の場合もあります。

極端に低い復元率や、そもそも復元率が表示されていないようなマットレスは危険です。

ネットショップで売ってる、安価で中国製のマットレスはおすすめしません。

高反発ウレタンマットレスの復元率の見方

寝返りの回数 耐久性

高反発ウレタンマットレスの復元率は、寝返りの回数と合わせてみるとわかりやすいです。

ヒトは、寝ているあいだに20~30回寝返りを打つといわれています。
※当記事ではあいだをとって25回で計算しています。

単純に年間(365日×25回)で9125回

ウレタンの復元率検証方法は「8万回圧縮」でしたね。

8万回圧縮÷年間9125回=約9年

つまり、寝返りを1日に25回打つ人が復元率95%のマットレスを使用したとき、そのマットレスは9年後に5%へたるという考え方ができます。

復元率98%の場合は9年後にたった2%しかへたらないということです。

へたり具合早見表
(あくまでも目安です)
復元率 9年後のへたり具合
90% 10%
95% 5%
97% 3%
99% 1%

※寝返り25回うつ人の場合

もちろんお手入れ方法や、お部屋の環境でへたり方も変わってきます。

そのためあくまでも理論上のお話になりますが、なるべくへたらない努力はした方が良いです。

参考高反発マットレスの寿命を長く保つ方法5つ!少しの手入れでカビ対策!

続きを見る

「へたり」は腰痛や、肩こりなど睡眠による身体のトラブルをまねきます。

マットレスがへたってきたら早めに買い替えることをおすすめします。

復元率が高くへたりにくい人気の高反発ウレタンマットレス

当ブログでもおすすめの人気高反発ウレタンマットレスをご紹介します。

復元率を目安に選んだので耐久性は折り紙つきです。

『復元率96%』エマスリープ

エマスリープは実際に使用したレビュー記事があるのでよかったらご覧ください。

エマスリープはやわらかめといわれるのをよくみます。実際の寝心地は少しかために感じます。

なぜその矛盾が生まれるのか。
それは、手で触って押した感覚ではやわらかめと思うんですよね。

しかし、横になるとしっかり支えられる感覚になり、かために感じるというわけなんです。

高品質なのにかなり高いコスパで提供されています。

メルマガ登録で15%オフ

『復元率99.5%』エムリリー優反発

エムリリー優反発シリーズ

厚みは3種類(5㎝/8㎝/11cm)から用途によって選べます。
>>エムリリー優反発の口コミ

それぞれトッパーでの使用、敷布団使用、ベッドフレーム上での使用です。

三つ折りも可能なので、ミニマリストの方や来客用に少し良いマットレスを用意したい方におすすめです。

『復元率99.9%』雲のやすらぎプレミアムマットレス

雲のやすらぎ

驚異の復元率「99.9%」です。

雲のやすらぎプレミアムは敷布団タイプとマットレレスタイプが選べます。
どちらも同じ品質で同じ値段ですが、大きな違いがひとつあります。

それは「マットレスタイプはカバーが洗える」ことです。
長く衛生的に使い続けたい方はマットレスを選ぶと良いですよ。

むしろ敷布団タイプを選ぶメリットは特にありません。

まとめ

今回は高反発ウレタンマットレスの復元率について深堀りしました。

マットレス選びにはいろんな指標があります。

なんとなく流し見してる方も多いと思いますが、ネットで購入するときはその数字を読みとることは損をしないために必要です。

実店舗のように、一緒に選んでくれる店員さんはいませんからね。

この記事がマットレス選びに役立てれば幸いです。

no image

2022/8/10

布団を干す時間はいつどれくらい?素材の種類別に解説!

布団の素材によって干し方や干す時間、頻度など変える必要があります。 正しい干し方を実践できれば布団はふわふわ、ダニやカビ対策にもなるので衛生的にも安心です。 今回は、布団の干し方を素材別に詳しく紹介します。適切な干し時間や頻度も解説していくので、参考にしてくださいね。 目次1 布団を干す時間を素材別に解説!1.1 綿素材の布団1.2 羊毛素材の布団1.3 ポリエステル素材の布団1.4 羽毛素材の布団2 布団を干す時間は夏と冬でも変わってくる3 布団を干す頻度は夏と冬それぞれどれくらい?4 布団を干すメリッ ...

ReadMore

2022/7/26

枕なしで寝ると健康に良い?その効果やメリット&デメリットを徹底解説!

これは「まくら株式会社」が枕に関心がある人に向けておこなった調査の結果ででた、枕を使っていない人の割合は7.4%なんです。 調査対象は約45,000人。つまり約3,300人もの人が枕を使っていないといいます。 寝るときは枕を使うのが普通とおもっている人にとって、かなり意外な数字と感じたのではないでしょうか。 私も実際、「枕を使う派」なのでこんなに枕を使っていない人がいるなんておどろきです。 これだけ枕を使わないひとがいるということはなにかメリットがあるのか。 もしかしたら枕を使わないほうが健康的と聞いたこ ...

ReadMore

2022/6/4

寝ると背中が痛い?マットレスとの深い関係性と対処法

・朝起きると背中が痛いんだけど、何が原因なの? ・背中が痛くならないマットレスの特徴を知りたい! からだに合わないマットレスを使用していると、起きたとき背中が痛くなることがあります。 メール対応寝起きがすっきりしないと起き上がるのが辛くなります。 そのまま放っておくと健康や生活の質を下げてしまうため、しっかり対策しましょう。 本記事では寝起きで背中が痛くならないための対策と、マットレスの選び方を紹介します。 朝の痛みをなくして良い1日をスタートさせるため、ぜひ参考にしてください! 目次1 寝起きで背中が痛 ...

ReadMore

no image

2022/4/12

マットレスのウレタンの匂いを消す方法|トゥルースリーパーなどを使い始めるとき

新品のトゥルースリーパーなど、この記事を読めばウレタンマットレスの匂いは取ることは簡単です。 ただ皆さんが心配なのは有毒性の部分かなと思います。 まずは匂いの原因と正体についてお話ししてから、匂いの取り方をご紹介していきますね。 マットレスの洗い方についてはこちらの記事で素材別にご紹介しています。 目次1 新品ウレタンマットレスの匂いの原因1.1 正体はホルムアルデヒドとアミン2 新品のウレタンマットレスの匂いの取り方全4パターン2.1 陰干しをする2.2 掃除機を使う2.3 布団乾燥機を使う2.4 ベッ ...

ReadMore

no image

2021/12/26

睡眠の質が上がらないのはシーツのせい?正しい選び方を再確認!

みなさんはこんな睡眠のお悩みはありませんか? 良いマットレスなのに睡眠の質が上がらない 8時間寝てるのに疲れが取れない 寝起き時に身体が凝っている 実はこのようなお悩みの原因はシーツにある可能性があります。 筆者もし、シーツをなんとなく選んでいる人は必読です。 シーツひとつで睡眠の質の向上を目指すことができるんです。 そこで今回は睡眠の質を上げるためのシーツ選びから、おすすめのシーツなどいくつかのポイントを紹介します。 目次1 睡眠の質があがらないのはシーツのせい?1.1 寝返りを妨げる可能性がある1.2 ...

ReadMore

この記事を書いた人

こいち

30代/男/独身/ホテル勤務
モットー:合わない寝具は即返品
睡眠の質を高めることの重要さに気づいて7年経つ寝具マニア。とっかえひっかえ(2021年は4種類)で自分に最適なマットレスを探し続ける。(自分に合っていても新しい寝具が欲しくなるだけ 笑)。寝具や睡眠に関する知識を活かしてブログで情報発信中!

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマハイブリッドを愛用。寝室はマットレスだらけ。自己紹介ページ

-寝具の役立つ知識