マットレスのお手入れ方法|タイプ別に確認

・マットレスのお手入れはどんなことをすればいいの?
・お手入れをラクにする方法を知りたい

マットレスのお手入れは、掃除機がけやローテーションなど、7つの方法を頻度別にすることをおすすめします。

ただし、種類によってできない手法や注意点がありますので、誤ってマットレスを痛めないよう確認しておきましょう。

最後にお手入れの手間を省く方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

マットレスのお手入れ方法7つとその効果

マットレスが劣化する3大要因は、湿気・汚れ・へたりです。

これらの原因を対策するため、次の7つのお手入れを定期的におこないましょう。

お手入れ方法 対策するもの 頻度
掛け布団をめくる 湿気 毎日
シーツを洗う 汚れ 週1回
陰干し 湿気 2週に1回
掃除機をかける 汚れ 月1回
ベッドパッドを洗濯する 汚れ 2〜3ヶ月に1回
ローテーションする へたり 2〜3ヶ月に1回
クリーニングする 汚れ 2年に1回

以下では、それぞれのお手入れ方法を簡単に紹介します。

掛け布団をめくる|毎日

朝起きたら、まず掛け布団をめくって湿気を逃がしましょう。

人は寝ている間に、コップ1杯分の汗をかきます。

布団をかけたままにしておくと、かいた汗がマットレスにこもってカビの原因になります。

1日たった5秒でできる簡単なお手入れですので、ぜひ毎日おこなってください。

休日など余裕のある日は、寝室の窓を開けて換気するとさらに効果的です。

シーツを洗う|週1〜2回

シーツは寝汗や髪の毛、皮脂などで汚れるので、週1〜2回のペースで洗って交換しましょう。

特に汗をかきやすい春夏シーズンは、洗う回数を増やすのがおすすめです。

シーツをはがすときは、乗っている汚れが舞わないよう、ゆっくりとおこなってください。

陰干し|2週に1回

マットレス内部にたまった湿気を取り除くには、2週に1回の陰干しが有効です。

マットレスを壁に立てかけ、4時間〜1日置いておくことで除湿できます。

重くて持ち上げられない場合は、マットレスの下に物をはさんでスキマをつくり、扇風機などで風を送って湿気を逃がしましょう。

掃除機をかける|月1回

ダニの繁殖をおさえるためには、月1回の掃除機がけが効果的です。

シーツを定期的に洗っていても、皮脂や髪の毛などのゴミがマットレスにたまり、ダニのえさになります。

特にマットレスの角や縁、縫い目にゴミが溜まりやすいので、重点的におこないましょう。

ローテーションする|2〜3ヶ月に1回

2〜3ヶ月に1回を目安にローテーションすることで、へたりを防止できます。

ローテーションとは使う部分を入れ替えるため、マットレスの前後を反対にしたり、裏返したりする方法です。

同じ部分を使い続けていると、その部分だけへたりが早くなり寝心地が悪くなります。

定期的に前後や裏表を入れ替えて、マットレスを長持ちさせましょう。

ベッドパッドを洗濯する|2〜3ヶ月に1回

シーツの下に敷くベッドパッドの洗濯は、2〜3ヶ月に1回おこないましょう。

寝汗はシーツを通り抜けてベッドパッドにも浸透し、放置するとカビやダニの温床になります。

ベッドパッドはからだに直接触れていないため、2〜3ヶ月に1回のペースで洗濯すれば十分清潔に保てます。

クリーニングする|2年に1回

2年間使ったマットレスは、クリーニングをおすすめします。

日頃からお手入れしていても取りきれない汚れが蓄積するため、プロに頼んで徹底的に洗いましょう。

素材によってはクリーニングできないマットレスがあるため、洗濯表示や取扱説明書で確認しましょう。

以下の記事でマットレスクリーニングについて詳しく紹介していますので、参考にしてください。

マットレスのクリーニングとは?料金相場や頼み方

マットレスの手入れでしてはいけない注意点

マットレスをお手入れするうえで、注意すべきポイントが2つあります。

知らずにやってしまうと、マットレスを痛めて劣化させるおそれがあります。

大事なマットレスを長く使うために、チェックしておきましょう。

天日干しはNG

湿気対策でマットレスを干すのは有効ですが、天日干しをしてはいけません。

マットレスに使われているウレタン素材は熱に弱く、直射日光で劣化し寿命を縮める恐れがあります。

湿気を逃がし乾燥させるときは、陰干しするか布団乾燥機を使いましょう。

濡れタオルを使わない

マットレスのお手入れをするとき、濡れタオルはおすすめしません。

マットレスに湿気が残り、乾かずにカビが生える可能性があります。

黄ばみを落とす際にどうしても濡れたタオルを使う場合は、乾いた布で十分拭き取り、陰干しして十分に乾燥させましょう。

マットレスのお手入れ方法(タイプ別)

マットレスのお手入れ方法は、素材や種類によってできることが異なります。

以下ではマットレスのタイプ別に、お手入れ方法の特徴を紹介します。

間違ったやり方でマットレスを痛めてしまわないよう、確認しておきましょう。

コイルマットレス

コイルマットレスの中には、水洗い可能な製品があります。

洗濯表示や取扱説明書を確認して、洗濯OKであれば定期的に水洗いして清潔に保ちましょう。

もし広範囲に汚れが広がっている場合は、業者へ依頼しクリーニングするのがおすすめです。

小さな黄ばみやシミであれば、ご家庭にある洗剤・重曹・クエン酸を使って簡単に落とせます。

以下の記事で、ご自身でできるシミ抜き方法を紹介していますので、参考にしてください。

マットレスの洗い方|コインランドリーで洗濯できる?

ウレタンマットレス

高反発ウレタンマットレスには水洗いできるものがありますので、洗濯表示を確認しましょう。

低反発ウレタンは水に弱く劣化してしまうため、水洗いもクリーニングもできません。

黄ばみやシミを落とす際は、洗浄液に耐えられるかどうか、マットレスの端でテストすることを推奨します。

三つ折りマットレス

三つ折りタイプのマットレスには、さまざまな素材のものがあり、洗濯可否が異なります。

ファイバー素材であれば水洗いでき、ウレタン素材であれば洗えないため、お使いのマットレスのタイプを確認しましょう。

また三つ折りマットレス特有のへたり対策として、頭・腰・足部分のフォームのローテーションができます。

腰が乗るフォームがへたりやすいので、頭や足部分と定期的に入れ替えて長持ちさせることが可能です。

お手入れを簡単にする方法

大きくて重いマットレスを、定期的にお手入れするのは大変ですよね。

以下では、マットレスの日頃のお手入れをラクにする方法を2つ紹介します。

少しでも手間を省きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

マットレスの素材や種類を確認

陰干しする際にムリなく持ち上げ立てかけるためには、軽いマットレスを選ぶほうがよいでしょう。

たとえばコイルマットレスよりもノンコイルマットレスの方が、重量が軽く取り扱いやすいです。

ファイバー素材のマットレスなら軽くて水洗いもでき、お手入れが簡単ですよ。

敷パッドやプロテクターなどを使う

日頃お手入れする手間をかけられない方は、敷きパッドやマットレスプロテクターがおすすめです。

特にマットレスプロテクターには防水機能があり、寝汗が浸透せずマットレスがほとんど汚れません。

汚れないので掃除機やシミ取りする頻度が減り、お手入れの負担を小さくできます。

まとめ

マットレスをキレイに長持ちさせるには、湿気・汚れ・へたりを対策するため、7つのお手入れ方法を定期的におこないましょう。

ただし誤ったやり方は劣化につながりますので、マットレスの種類や注意点を確認してください。

お手入れをラクにしたい方は、軽いマットレスを購入したり、敷きパッドやマットレスプロテクターの検討をおすすめします。

正しくお手入れして、長く清潔にマットレスを使い続けましょう。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-快眠マットレスおすすめ17選