マットレスに敷布団は重ねる?要らない?

  • マットレスに敷布団を重ねて使ってもいい?
  • 寝心地を改善するならマットレスに何を重ねたらいい?

寝心地をよくするためにマットレスに敷布団を重ねてはいけません。

マットレスは単独で寝姿勢をサポートするよう設計されており、その上に敷布団を敷く必要性がないからです。

本記事では、マットレスと敷布団を併用した際のデメリットを簡単に説明します。

あわせてマットレスがへたったときに、寝心地を改善できるアイテムを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

マットレスに敷布団を併用して重ねたい理由

マットレスがへたって体に合わなくなったとき、敷布団を乗せて寝やすくしようと考えたことはありませんか。

調べてみると、寝心地をよくするためにマットレスと敷布団を重ね使いする方が多いようです。

しかし、マットレスと敷布団は併用してはいけません。

期待とは裏腹に寝心地が悪くなったり、カビが生えやすくなるなどデメリットが多いです。

マットレスに敷布団を重ねてはダメな理由(デメリット)

マットレスに敷布団を重ねて使用するメリットは少なく、不都合なことが多いです。

以下では、マットレスと敷布団を併用するデメリットを3つ紹介します。

間違った使い方で損してしまわないよう、確認しておきましょう。

①寝心地が悪くなる

マットレスに敷布団を乗せてはいけない理由の1つ目は、寝心地が悪くなるためです。

マットレスは素材や構造の組み合わせにより、寝ている間の体をサポートするよう作られています。

敷布団を重ねると体を支える機能がうまく働かず、質のいい睡眠が得られなくなります。

心地よい眠りには良質なマットレスがあれば十分なため、敷布団は要りません。

②体が疲れやすい・体を痛める

マットレスと敷布団の重ね使いがダメな理由の2つ目は、寝姿勢がくずれて体が疲れやすくなるためです。

マットレスは理想的な寝姿勢をサポートするため、体にかかる圧力が分散されるよう設計されています。

しかし敷布団を乗せてしまうと、圧力を分散する効果が弱くなり、よい寝姿勢を維持できません。

例えばやわらかいマットレスと敷布団を重ねて寝ると、腰部分が強く沈み、腰痛の原因となります。

ご自身の健康を守るために、マットレスと敷布団の併用はやめましょう。

③カビが生えやすくなる

マットレスを敷布団を併用してはいけない理由の3つ目は、カビが生えやすくなるためです。

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかき、マットレスまで浸透して湿気がたまります。

敷布団を乗せていると、マットレス内部にたまった湿気を逃がせず、カビが発生するおそれがあります。

カビを発生させないためには通気性を確保する必要があり、敷布団を乗せるべきではありません。

本当にマットレスの寝心地を改善したいならトッパー

マットレスは寝心地や寝姿勢がよくなるよう設計されており、敷布団は要りません。

もしマットレスがへたって体に合わないと感じている場合は、マットレストッパーをおすすめします。

マットレストッパーは寝心地を改善するために、マットレスに敷いて使用するアイテムです。

厚さは5cmくらいのものが多く、十分な反発力で寝姿勢をしっかりサポートしてくれます。

素材は低反発・高反発ウレタンやフェザーなどさまざまなタイプがあり、好みの硬さを選べます。

値段はマットレスを買い替えるより安く、お手軽に寝心地を改善したい方にピッタリです。

ただし、腰痛がひどい場合にはマットレストッパーでは能力不足なため、マットレスの買い替えを検討しましょう。

マットレスと敷布団とトッパーの違い

マットレスや敷布団とマットレストッパーとの違いは、単独で使うものか、重ねて使うものかです。

単独で使うマットレスや敷布団はそれ1枚でも十分に寝姿勢をサポートするよう設計されています。

そのためマットレスと敷布団を併用すると、それぞれの機能を十分に活かせずかえって悪影響を及ぼします。

反対にマットレストッパーは重ねて使うことが前提のアイテムです。

手持ちのマットレスや敷布団に乗せるだけで簡単に寝心地や寝姿勢を改善することができます。

マットレスストッパーはそれ単体では使用せず、あくまで補助寝具として利用しましょう。

まとめ|マットレスに敷布団は不要

マットレスに敷布団を重ねて使うことはおすすめしません。

カビが生える原因になったり、寝姿勢がくずれて体を痛めるなどデメリットがあります。

もし寝心地を改善したい場合は、マットレスの補助アイテムであるマットレストッパーがおすすめです。

敷布団を重ねるような間違った使い方をせず、正しい方法で良質な睡眠をとりましょう。

  • この記事を書いた人

katsunari

-快眠マットレスおすすめ17選