マットレスのクリーニングとは?料金相場や頼み方

・マットレスクリーニングってどういうもの?
・マットレスクリーニングの料金は?

マットレスは洗浄せず何年も使っていると、汚れが蓄積してダニが繁殖し、健康を害する可能性があります。

定期的にクリーニングして、清潔な状態で長く使い続けましょう。

本記事ではマットレスクリーニングの料金相場や依頼方法、依頼する際の注意点などを紹介します。

汚れてきたマットレスを洗うかどうか、悩んでいる方の参考になれば幸いです。

マットレスのクリーニングとは?

マットレスクリーニングとは「クリーニング業者へ依頼して、マットレスを洗浄してもらう」サービスのことです。

クリーニングでは一般に、マットレスのホコリ除去、高温スチームを使った洗剤洗浄、熱風乾燥をおこないます。

他にもオプションで防臭・抗菌加工、シミ抜き、ペット専用消臭などが可能です。

業者が出張対応してくれるため、店舗に持ち込む手間がなく便利です。

マットレスをクリーニングする頻度は?

マットレスは、2年に一度クリーニングするのがおすすめです。

長い間使ったマットレスは汗や皮脂、ホコリなどで汚れ、ダニが繁殖してしまいます。

そのまま放置しておくと、体のかゆみや湿疹、アトピーやぜんそくなどアレルギーの悪化をまねく可能性があります。

マットレスが原因で体調不良を引き起こさないために、定期的にクリーニングしましょう。

マットレスクリーニングにだせる種類

素材や種類などさまざまなタイプがあるマットレス、そのすべてがクリーニングできるわけではありません。

高温スチームを使って洗浄しますので、熱や水でへたってしまう素材はクリーニングに不向きです。

素材 クリーニング 代表的なブランド
スプリングコイル サータ・NELL
ファイバー素材 エアウィーヴ
高・低反発ウレタン × コアラマットレス
ラテックス SweetNight

クリーニングができないマットレスは、自分でお手入れする必要があります。

部分的な汚れであれば、ご家庭にあるクエン酸や重曹などで簡単に落とせますので、ぜひやってみましょう。

以下の記事で、特徴的な汚れの落とし方を紹介しています。

また、クリーニングできないマットレスでも、独自の方法で対応している業者があります。

たとえば兵庫県を拠点とする株式会社ローズグループでは、折りたたみ式など低反発ウレタンマットレスのクリーニングをおこなっています。

クリーニング業者は地域ごとに異なりますので、お住まいの地域で対応できる業者はあるか確認してみましょう。

マットレスクリーニングの料金相場

マットレスクリーニングの料金相場は、次のとおりです。

マットレスのサイズ 料金相場
シングル 8,000〜12,000円
セミダブル・ダブル 13,000〜15,000円
クイーン・キング 15,000〜30,000円

マットレスの両面をクリーニングする際は、料金は1.5〜2倍になります。

汚れがマットレスの表面だけで内部がきれいな場合は、片面クリーニングだけで十分です。

おねしょなどで内部まで汚れていたり、ダニがマットレス全体に広がっているときは、両面クリーニングするほうがよいでしょう。

マットレスクリーニングの依頼方法

マットレスクリーニングの依頼は、次の手順でおこないます。


  • step.1

    電話やホームページから問い合わせ


  • step.2

    料金見積もりをもらう


  • step.3

    依頼して訪問日を決定する


  • step.3

    当日、自宅でクリーニング作業をしてもらう


クリーニングしたマットレスは、完全に乾くまで時間がかかります。

業者でも最後に簡易乾燥をおこないますが、作業後もしっかり陰干しすることをおすすめします。

その日の夜に使える状態にするためには、日中に訪問作業してもらうほうがよいでしょう。

マットレスクリーニング依頼時の注意点

マットレスクリーニングを下手に依頼してしまうと、高額な料金を支払ったり十分な清掃効果がなく、後悔するかもしれません。

本項ではクリーニングを依頼するときの注意点を、3つ紹介します。

知らずに損することのないよう、チェックしておきましょう。

①相見積もりをとる

料金相場で見たとおり、マットレスクリーニングの費用は高額です。

さらに作業内容が同じでも、業者によって金額が変わります。

余計にお金を支払わないように、複数業者へ問い合わせて見積もりをもらいましょう。

また業者によっては、作業当日に諸経費(出張費や駐車場代など)を請求してくるところがあります。
見積もりにない追加費用が発生するかどうか、事前に確認しましょう。

②買い替えも検討する

長年使っているマットレスは、買い替えも検討しましょう。
マットレスの寿命は、種類ごとに以下のようになっています。

マットレスの種類 寿命
ポケットコイル 8〜10年
ボンネルコイル 6〜8年
高反発ウレタン 6〜8年
低反発ウレタン 3〜5年

寿命が近いマットレスは、クリーニングしても長く使えない可能性があります。

するとクリーニング費用が割りに合わなくなりますので、買い替えるほうがおすすめです。

③寝心地がわずかに落ちる

クリーニングができるマットレスでも、寝心地が変化することがあります。

たとえばコイルマットレスは、表層にウレタン素材を使用しています。

ウレタンは熱や水に弱く、クリーニングで使う高温スチームでわずかに劣化します。

また高温スチームをあてることで、マットレスにダメージが与えられるので、本来の耐用年数よりも寿命が短くなります。

これらデメリットを承知のうえ、クリーニングに申し込みましょう。

まとめ

マットレスは2年に一度、専門の業者にクリーニングしてもらうのがおすすめです。

クリーニング費用の相場は8,000〜30,000円で、サイズや片面・両面によって変わります。

価格は業者によっても変わりますので、必ず相見積もりをとり、場合によって買い替えも検討しましょう。

クリーニングを上手に利用して、マットレスを清潔に長く使い続けてください。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマハイブリッドを愛用。寝室はマットレスだらけ。自己紹介ページ

-快眠マットレスおすすめ17選