マットレスは和室でも使える?|折りたたみのマットレスがおすすめ

この記事でわかること

  • 和室でマットレスを使っても大丈夫?
  • マットレスを畳の上に敷くときの注意点を知りたい
  • 和室で使うのにおすすめのマットレスは?

マットレスは、和室の畳の上で使っても問題ありません。

ただし、敷きっぱなしにすると湿気が溜まり、カビが生える原因になります。

また、すのこを敷いて使用すると、畳を傷つけるおそれがあります。

和室にマットレスを敷く際は、軽くて取り扱いが容易な三つ折りタイプがおすすめです。

記事の最後で、和室におすすめな三つ折りマットレスを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

マットレスを和室の畳に敷くときの注意点

マットレスは、和室の畳に敷いて使用しても問題ありません。

ただし敷いたままにしておくと、マットレスに湿気が溜まってカビが発生してしまいます。

マットレスにカビが広がると、アレルギーを引き起こしたり健康に影響を及ぼしかねません。

マットレスを清潔に使い続けるためには、湿気を溜めない日頃のお手入れが大切です。

以下では、簡単にできるマットレスの湿気対策を紹介します。

ご家族みんなの健康を守るために、チェックしておきましょう。

定期的に陰干しをする

マットレスのカビを防止するには、定期的な陰干しが効果的です。

昼のあいだ壁に立てかけておくことで、通気性がよくなり湿気が取り除かれます.

毎日立てかけるのが理想ですが、手間をかけられない方は週に1〜2回おこなうだけでも十分カビ対策になります。

マットレスを持ち上げる際は、からだを痛めないよう注意してくださいね。

除湿シートを敷く

マットレスに湿気を溜めない対策として、除湿シートがおすすめです。

マットレスの下に敷くことで内部の湿気を吸いとり、カビが生える心配がなくなります。

除湿シートには折りたたんだり丸めたりできるタイプがあり、急な来客で和室を使う際にすぐさま片づけられます。

天日干しして乾燥させれば繰り返し使えるので、家計にもやさしい点が特徴です。

マットレスを和室で使うならすのこはNG

すのこやベッドフレームの上でマットレスを使用すると、通気性がよくなるので、カビ対策として効果的です。

しかし、すのこやベッドフレームを和室で使用するのはおすすめしません。

寝返りなどでマットレスが動くと、すのこと畳がこすれて、いぐさが切れてボロボロになる可能性があります。

賃貸物件だと畳の張り替え代を請求される恐れもあり、想定外の出費になりかねません。

すのこやベッドフレームを使用する場合は、その下にマットを敷いてキズを防止できます。

とはいえ完全には防止できず、畳の張り替え費用が高いので、和室でマットレスを使うのであれば陰干しや除湿シートなどの湿気対策のほうがおすすめです。

マットレスを和室で使うなら三つ折りタイプがおすすめ

マットレスを和室で使う際には、敷きっぱなしにせず定期的なお手入れが大切です。

そのため和室で使うマットレスは、軽くて使い勝手のよい、折りたたみできるタイプがおすすめです。

特におすすめなのは、寝ているときに折り目を感じにくい、三つ折りタイプのマットレスです。

以下では、三つ折りタイプのマットレスの特徴を簡単に紹介します。

使い勝手がいい

和室にマットレスを敷く方の中には、寝室だけでなく客室として使用する方もいるでしょう。

折りたたみ式マットレスであれば、押し入れに収納できるので片づけが簡単です。

夜は寝室として利用して、日中はたたんで押し入れにしまって客室として使えるので便利です。

軽くてお手入れが楽

湿気対策で陰干ししようとしても、通常のマットレスは重く、持ち上げるのに苦労します。

一方、折りたたみ式マットレスは比較的軽く、壁に立てかけるのが楽ちんです。

女性でも難なく持ち上げられるので、からだを痛めることなく陰干しや収納ができます。

マットレスの厚さは重要

折りたたみ式マットレスは、畳に直置きなどして使用するので、床の硬さが伝わりやすいのが難点です。

床の硬さを感じないようにするには、十分な厚さのマットレスを選びましょう。

必要なマットレスの厚さは体重によって異なり、以下の表にまとめましたので参考にしてください。

体重 マットレスの厚さ
30kg前後 5cm
60kg前後 7cm
80kg前後 10cm
100kg前後 13cm

三つ折りタイプのおすすめ3選

「三つ折りタイプがおすすめ!」と言われても、どんなマットレスを選べばいいか悩みますよね。

そこで眠ハックでは、三つ折りタイプのマットレスを厳選して3つ紹介します。

ご自身がどんなマットレスに寝てみたいか、マットレス選びの参考にしてください。

ここであげた3つを含め、下記記事で折りたたみ式マットレスについて紹介していますので、そちらも参考にしてください。

折りたたみマットレスの選び方とおすすめ15選!

エムリリー

エムリリーの優反発マットレスは、マンチェスター・ユナイテッドの公式寝具パートナーとして有名です。

独自開発の「優反発フォーム」を上層に、高反発フォームを下層に使用し、程よい柔らかさを実現しています。

ちょうどよい反発力で体にフィットしやすく、スムーズな寝返りが打てて腰痛持ちの方でも安心してお使いいただけます。

価格がシングルサイズで27,900円と、安価で手に入ることも魅力です。

サイズ 大きさ 重さ 価格
セミシングル 80cm×195cm×8cm 5.4kg 25,980円
シングル 97cm×195cm×8cm 6kg 27,980円
セミダブル 120cm×195cm×8cm 8kg 34,980円
ダブル 140cm×195cm×8cm 10kg 40,980円

エムリリー優反発がどんな種類があるのか気になる方は「エムリリー優反発とエコヘルスの違い」を参照してください。

合わせて読みたい

エムリリー優反発とエコヘルスの違い マットレス
エムリリー優反発とエコヘルスの違いを比較|[価格・目的・体型]の3項目。

続きを見る

雲のやすらぎ

千代丸関が飛び乗ってもワインがこぼれない動画が印象的な、雲のやすらぎプレミアム。

2022年4月26日に、三つ折りタイプが発売されました。

厚さは13cmもあり、床の硬さを感じることはありません。

独自の5層構造が体をふんわり包み込みながらもしっかりと支え、寝返りをサポートします。

腰痛や肩こりが強い方でも、安心して眠れるマットレスです。

サイズ 大きさ 重さ 価格
シングル 97cm×198cm×13cm 6.0kg 41,800円
セミダブル 120cm×198cm×13cm 7.2kg 51,800円
ダブル 140cm×198cm×13cm 8.4kg 61,800円

「重さ」については公式サイトに記載がなかったので、問い合わせて聞いています。

雲のやすらぎ三つ折りタイプの詳細をまとめた記事があります。

こちらの雲のやすらぎ三つ折りタイプのメリットデメリットもよければごらんください。

合わせて読みたい

雲のやすらぎ三つ折り 体験レビュー 評判
【体験レビュー】雲のやすらぎ三つ折りマットレスのメリットデメリット|買うならどのタイプ?

続きを見る

エアウィーヴ

浅田真央さんら多くのアスリートに愛用されているエアウィーヴ。

独自のファイバー素材が程よい硬さを生みだし、容易に寝返りが打てて腰痛持ちの方からも評判です。

さらに抜群の通気性で湿気が溜まりにくく、シャワーで簡単に水洗いができ、清潔に使い続けられます。

公式オンラインショップで購入すれば30日間返品可能なため、マットレスで失敗したくない方でも気軽にお試しできます。

サイズ 大きさ 重さ 価格
シングル 100cm×195cm×8cm 9.0kg 66,000円
セミダブル 120cm×195cm×8cm 11.0kg 79,200円
ダブル 140cm×195cm×8cm 13.0kg 92,400円

エアウィーヴが気になる方は口コミ評判をまとめた記事で詳細をご確認ください。

まとめ

和室でもマットレスは使えますが、すのこやベッドフレームは使用せず、陰干しや除湿シートなどで湿気対策をしましょう。

手軽にお手入れしやすいよう、軽くて使い勝手のよい、折りたたみタイプがおすすめです。

マットレスを直置きして使うので、床の硬さを感じない厚さのものを購入しましょう。

マットレスを和室で長く清潔に使い続けるため、本記事の内容をぜひ参考にしてください。

こちらの快眠マットレスおすすめ17選で、当サイト(眠ハック)独自に厳選して紹介しています。

筆者
実際に体験しているマットレスも多いので参考になると思います。
  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマハイブリッドを愛用。寝室はマットレスだらけ。自己紹介ページ

-快眠マットレスおすすめ17選