コアラマットレスで腰痛悪化するのは本当?実際の声をもとに反り腰や合わない人も徹底検証

コアラマットレス 腰痛悪化

通常メルマガクーポンよりお得!

以下のリンクからメルマガ登録をするとお友達紹介クーポン10,500円引きクーポンがもらえます。

コアラマットレスを使用している人の感想の中で、「腰痛が悪化した」という声を目にします。ただ反対に「腰痛が軽減した」という声もよく見かけます。

これだと腰痛に良いのか悪いのかどっちを信用すべきか迷います。

結論からいうと、腰痛を悪化させるのか軽減させるのかは試してみないことにはわかりません

そこで今回は、実際の声をもとに腰痛にいいのか悪いのか、コアラマットレスが合わない人も検証したので紹介していきます!

コアラマットレス全シリーズの口コミ

コアラマットレスで腰痛悪化した声を検証

コアラマットレスの腰痛悪化に関することを調べてみました。その中でいくつか気になった声を共有します。

  • 妻には合ったようだが自分には合わなかった
  • 寝心地はいいが起きたときに腰が痛い
  • 届いて1週間は肩・腰が痛くなった

上記3つについてひとつずつ解説していくので参考にしてください。

妻には合ったが自分には合わないという声

「自分はコアラマットレスで腰痛悪化したけど、妻は問題なく使えている」という声があります。

これはコアラマットレスの柔らかさが要因と考えます。

体重が重いほど柔らかいマットレスは沈み込みが深くなります。

特に腰部分が深く沈んでしまうことが腰痛持ちにはいけません。

この場合、男性側と女性側では体重の差があり、同じマットレスの硬さでは男性側が体に合わないということになったのでしょう。

最近販売開始されたばかりなのですが、2人で寝る場合にものすごくおすすめのマットレスがあります。

よければこちらの記事も参考にしてください。コアラと同じく120日間のお試し保証付です!

イウォーヌ 口コミ評判 IWONU
おすすめマットレス【実体験レビュー】IWONU(イウォーヌ)マットレスの口コミ|周りの評判は?

続きを見る

寝心地はいいが腰が痛い

寝心地はいいけど、寝起きの腰が痛い」という声はいくつかありました。

おそらくこの場合もコアラマットレスの柔らかさに原因があるはずです。

使用者の腰が深く沈み込んでしまい、寝返りがうまく打てなくなることで一晩中圧迫されてしまった腰周りの筋肉がコリ、腰の痛みとしてでてきてしまうことがあります。

ふわふわした寝心地は気持ち良くて好きだけど寝起きがスッキリしないパターンですね。

先ほどと同様に、コアラマットレスは男性の筋肉質な体型は相性が悪い場合があることを知っておきましょう。

当サイトでは実際に体験したマットレスをレビュー評価しランキング形式でまとめています。「腰痛対策」の評価基準もあるのでぜひ以下のページも参考にしてみてください。

合わせて読みたい

マットレス人気おすすめランキング10選【最高の睡眠のために】

続きを見る

使用後1週間は肩・腰が痛くなった

「使用後1週間は肩・腰が痛くなった」という声には続きがあり「対策をして慣らしていったら改善された。」と書かれていました。

その対策とはマットレストッパーを敷くこと。

ただマットレストッパーを使うことは、余計にコストがかかるのであまりおすすめしません。

いっそのことコアラマットレスを返品して、別のマットレスをあらためて購入することをおすすめします。

コアラマットレスの返品条件と手順はこちらで1度確認してみてください。

コアラマットレスが女性にこそおすすめの理由

反り腰は筋肉が緊張して休まらない状態が続くため、腰痛になります。

ヒールが高い靴を履いたり筋肉バランスの崩れが原因で、多くの女性が反り腰気味です。

反り腰の人は、コアラマットレスのような柔らかめのマットレスを使いましょう。

腰の反りに合わせてしっかりフィットしてくれるので安定感があります。

ちなみに、反り腰の人が硬いマットレスで寝ると、就寝中ずっと腰が浮いた状態になってしまいます。

その場合、腰痛がさらに悪化する可能性もあるので、マットレスの硬さには気をつけて選びましょう。

コアラマットレスが腰痛に良い3つの理由

コアラマットレスが腰痛に良い理由は3つあります。

詳しく紹介していくので一緒に確認していきましょう。

  1. 硬さの違う3層構造
  2. 独自のゾーニング技術
  3. ヘタリに強い耐久性

硬さの違う3層構造

コアラマットレスは硬さの違う3層構造が睡眠中の腰を支えてくれます

上層は70Nで柔らかめ、中間層は120N、下層は200Nと硬めの構造です。

ほどよい弾力のある高反発素材やフィット感のある表面層からできています。

柔らかめと聞くと、体が沈みすぎないか心配になる人もいるかもしれません。

ただコアラマットレスは中間層と下層の高反発層が下から支えてくれるので極端に沈みすぎることがないといえるでしょう。

独自のゾーニング技術

コアラマットレスは、独自のゾーニング技術を取り入れたマットレス

マットレスの硬さを調節することで、体の重さや形の違いにフィットしやすくする技術です。

コアラマットレスは首肩まわりと足まわりが柔らかめ、腰まわりは硬めに設計されています。

腰まわりの沈みこみが抑制されていい寝姿勢がキープできるので、腰痛対策にももってこい。

ゾーニング技術は、20万円以上する高級マットレスでも取り入れられているのでコアラマットレスの価格帯は本当にコスパが高いとおもいます。

ヘタリに強い耐久性

コアラマットレスは10年保証の耐久性でヘタリに強いマットレスです。

上層はクラウドセルという独自開発のウレタンフォームが、耐久性だけでなく寝心地も確保。

下層は、高密度ウレタンフォームを厚めに使用することで、耐久性とサポート力も兼ね備えています。

通常ヘタリを感じやすい腰や肩まわりもしっかり支えてくれるので、腰や肩に優しいマットレスです。

コアラマットレスが合わない人

コアラマットレスで腰痛対策ができることが分かりましたが合わない人はいるのでしょうか?

私が考えるコアラマットレスが合わない人の特徴を参考にしてくださいね。

普段あまり寝返りできていないと感じている人

コアラマットレスは柔らかいフィット感の高い寝心地なので、寝返りがしやすいとはいえません。

寝返りのしやすさは睡眠の質にも腰痛対策にも大きく関わってくるので重要です。

もし寝返りに関して自信がない方はコアラマットレスよりも硬めのものを選ぶと良いかと思います。

硬さの比較もしているので、当サイトの「マットレスおすすめメーカーランキング」もご参考ください。

体重が70㎏以上の人

コアラマットレスは、中層と下層は硬めの構造ですが、上層の体に触れる部分が1番柔らかい低反発層です。

体重が70㎏以上あると上部の低反発層では少し沈み込みが深くなってしまう可能性があります。

沈み込みが深くなると腰に負担がかかりやすい状態に。

筆者
体重はマットレスを選ぶ上でだいじな判断材料です。

そのため、70㎏以上の方はコアラマットレスよりも腰痛対策と寝心地の良さのバランスが良いネルマットレスをおすすめします。

店舗で体験してから買いたい人

コアラマットレスは実店舗がないので、購入前にお試ししたい人には不向きです。

「マットレスは寝てみて購入したい」人にとっては、お試しなしで購入するのはハードルが高いですよね。

コアラマットレスが欲しい、でも事前に体験したいという人は、特別体験会に参加してみましょう。

東京や大阪など大都市での開催にはなりますが、購入前にコアラマットレスを試せる唯一の機会です。

事前予約や入場料はなしで参加できるので、気になっている人はチェックしてみてくださいね。

>>公式サイトで確認する

まとめ

コアラマットレスは独自開発のウレタンフォームが、腰をしっかり支えるマットレス。

ウレタン素材と聞くとヘタリやすいイメージがあるかもしれませんが、それは安価なものに限ります。

最近は、技術の進歩でどんどん品質がよくなっていて、コアラマットレスもそのひとつです。

コアラマットレスは柔らかめの寝心地が好きな人、反り腰でも寝やすいマットレスを探している人に最適です。

腰への負担は和らげながらも正しい寝姿勢をキープできるので、コアラマットレスは腰痛対策マットレスとしても活躍してくれるはず。

この記事があなたのマットレス選びになれば幸いです。

当サイトでは腰痛対策以外にも温度調整や消臭・抗菌など、寝具に求めたい機能が詰まっているコアラマットレスブリーズかBAMBOOをおすすめしています。

筆者
私が実際に体験したレビューもあります。気になる方は以下のリンクからお進みください!

通常メルマガクーポンよりお得!

以下のリンクからメルマガ登録をするとお友達紹介クーポン10,500円引きクーポンがもらえます。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマハイブリッドを愛用。寝室はマットレスだらけ。自己紹介ページ

-コアラマットレス