モットンマットレスの正しい使い方|NGな使い方とお手入れの方法まで

モットンマットレス 使い方 正しい

モットンマットレスを正しく使えるか、どんなお手入れをするのか、購入を検討している人は知っているとより安心です。

この記事では、モットンマットレスの正しい使い方と、お手入れ方法について解説していきます。

モットンマットレスを正しく使って、快適な睡眠環境を手に入れましょう。

モットンマットレスの正しい使い方

モットンマットレスはどのように使うと良いのでしょうか?

モットンマットレス公式サイトでも推奨されている正しい使い方を紹介します。

フローリングや畳に直置き

モットンマットレスの正しい使い方は1枚で、フローリングや畳に直置きで使う方法です。

モットンマットレスは、寝がえりをサポートする反発力と体圧分散に優れた高反発ウレタンマットレスです。

10cmの厚さがあり、畳やフローリングの上に直置きしても底づき感がなく快適な寝心地です。

ただし、モットンマットレスはウレタン素材のため、湿気がたまりやすい特徴があります。

フローリングや畳との間に、すのこや除湿シートを入れるとより快適に使えるのでおすすめです。

モットンマットレスはこんな使い方もできる

モットンマットレスはフローリングや畳に直置きが推奨されていますが、それ以外の使い方も可能です。

ベッドフレームに敷く

モットンマットレスはベッドフレームに敷いても使えます。

サイズが合えば、すでに持っているベッドフレームに合わせて使うこともできます。

モットンマットレスは高反発ウレタンマットレスで、湿度や水分が溜まりやすい性質があります。

ベッドフレームと合わせて使えば湿気対策にもなるのでおすすめです。

トッパーとして使う

トッパーとはマットレスと併用する寝具のことです。

ヘタリや寝心地の悪さを感じたときにサポート的に使用します。

例えば、今使っているマットレスの寝心地が最近悪くなった気がする・・という場合に使用します。

モットンマットレスは重ねて使っても、性能に影響はないので問題ありません。

モットンマットレスのNGな使い方3つ

モットンマットレスは素材の特徴などの理由から、やってはいけない使い方があります。

ここではモットンマットレスのNGな使い方を3つ紹介します。

  • 柔らかい敷布団に重ねない
  • 重ねるときはモットンマットレスが上
  • 敷いたままにしない

柔らかい敷ふとんには重ねない

モットンマットレスを持っているマットレスに重ねるときは、かたい敷ふとんの上に重ねましょう。

 

モットンマットレスは高反発ウレタンで、体圧分散に優れたマットレスです。

柔らかいマットレスや敷ふとんに重ねてしまうと体が沈み、良さが発揮されません。

 

柔らかいマットレスや敷ふとんに重ねるくらいであれば、1枚で使うほうがモットンマットレスの効果をより体感できるでしょう。

重ねるときはモットンマットレスが上

マットレスや敷ふとんと重ねるときは、モットンマットレスを必ず1番上にしましょう。

 

モットンマットレスを下に敷いてしまうと、反発力が半減するだけでなく、寝心地も悪くなります。

ふつうに使えば腰に負担をかけないモットンマットレスですが、寝姿勢が悪くなり腰痛を引き起こすかもしれません。

 

モットンマットレスを重ねて使うときは、必ず1番上にして使ってください。

敷いたままにしない

モットンマットレスを敷いたままにすると湿気が溜まり、カビが発生します。

 

畳やフローリングに直に敷く使い方がおすすめですが、どうしても湿気は溜まりやすくなります。

寝汗や体温でモットンマットレスがあたためられ、床との温度差で発生する水分が原因です。

 

モットンマットレスは水洗いができないため、1度カビが発生すれば完全に除去するのは一苦労です。

湿気や水分が溜まりすぎないように、日ごろのお手入れも忘れずに行いましょう。

モットンマットレスを長持ちさせる4つの方法

モットンマットレスの寿命は8年前後と言われますが、使いかた次第でより長く使うこともできます。

いい状態を長持ちさせるお手入れの方法を4つ紹介します。

週に1回は陰干し

モットンマットレスは1週間に1回ほど、風通しの良いところで陰干しをしましょう。

 

高反発ウレタンマットレスは素材の特徴から、湿気がたまりやすいです。

定期的に陰干しをしてあげれば、カビやヘタリの原因を減らすことができます。

 

ただし、モットンマットレスを天日干しにはしないでください。

直射日光には弱いため、変形など不具合の原因になるので注意が必要です。

ローテーションをして使う

モットンマットレスは定期的に上下裏表をローテーションして使いましょう。

同じ位置で使いつづけると、同じところに体圧がかかりつづけてヘタリの原因になります。

 

モットンマットレスは、上下左右裏表、どの方向でも問題なく使えるので安心です。

除湿シートを使う

モットンマットレスの公式サイトでもおすすめされているのが、除湿シートです。

除湿シートを使うと、湿気を吸いとってカビやジメッとした不快感を解消してくれます。

 

とくにマットレスや敷ふとんと重ねて使うときは、湿気が溜まりにくくなるのでおすすめです。

 

除湿シートを使えばこまめに陰干しをする必要がなく、日ごろのお手入れも楽になりますよ。

カバーは洗って清潔に

モットンマットレスの専用カバーは洗濯ができるので、こまめに洗濯をしましょう。

カバーをきれいにしておくことで、結果的にモットンマットレスの清潔さも保たれます。

カバーを洗うときは裏返して、洗濯ネットに入れて優しく洗いましょう。

ただし、モットンマットレスの本体は水に弱い性質を持っているので洗えません。

汚れてしまったときは、濡れたタオルをかたく絞って優しく拭きとるなどしましょう。

まとめ

モットンマットレスは寝返りをサポートする反発力と、体圧分散に優れた腰に優しいマットレスです。

しかし、間違った使い方をしていては、モットンマットレスの効果を感じられません。

 

モットンマットレスは、公式サイトでもおすすめされている通り、なるべく1枚で使いましょう。

陰干しや除湿シートを活用して湿気対策を行えば、より快適な睡眠環境が手に入りますよ。

 

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-モットンマットレスの口コミ評判