モットンマットレスの硬さの選び方は?合わなかったときの対処法も解説

モットンマットレスには3種類の硬さがあります。

3種類から選べることは一見嬉しいように見えて、実際は迷ってしまいます。

マットレスの硬さは寝比べてみないとわかりませんからね。

この記事ではモットンマットレスの硬さを選ぶときに迷わず、自分にぴったりの硬さを選べるようになるお手伝いをしていきます。

モットンマットレス梱包

サイズ展開/価格(税込)
  • S:39,800円
  • SD:49,800円
  • D:59,800円
重さ
  • S:7.5㎏
  • SD:9.0㎏
  • D:10.7㎏
カバー素材 ポリエステル
かたさ 140N/170N/280N
密度D 30D
復元率 97%
寿命 5~8年
お試し期間 90日間
製造国 日本製

モットン口コミ

モットンマットレスの硬さは3種類

モットンマットレスの硬さは以下の3種類でしたね。

  • 140ニュートン
  • 170ニュートン
  • 280ニュートン

腰痛対策として人気のモットンマットレスですが、自分の体に合う硬さを選んでこそ効果を発揮します。

まずは、モットンマットレスのそれぞれの硬さがどれくらいの硬さなのか具体的な例をあげるのでイメージしてみてください。

ソフト(140N)

モットンマットレスの『ソフト』は、3種類のなかで1番柔らかい140Nです。

皆さんお馴染みのニトリの高反発マットレスで150ニュートンです。ちなみに実際に私が使用しているスージーAS快眠マットレスは130ニュートン。

モットンマットレスのソフトと同じくらいの数値ですが、硬いと感じたことはなく優しくも芯のあるしっかりとした寝心地ですよ。

眠ハック管理人はソフトを体験しました。そのときのレビューを辛口でご紹介しています。

レギュラー(170N)

モットンマットレスの『レギュラー』は170Nの硬さです。

日本人に多いされる体重50kg~70kgの人が快適に眠れる硬さは、150ニュートン前後とされています。

モットンでいうとこの『レギュラー』にあたります。

低反発のマットレスが合わなかった人や、硬さにこだわりのない人はレギュラーを選んでおくと安心ですよ。

実際にこの『レギュラー』は公式サイトでも推奨されている中間のかたさです。

ハード(280N)

モットンマットレスの『ハード』は280Nの硬さです。

一気に数値が増えたわけですが、どんな硬さかというと50~70㎏の人がひと晩利用すると身体を痛めるレベルです。

そんな280ニュートンの硬さですがどんな人がおすすめなのか。

それは80㎏以上で筋肉質の人や身体の大きい方です。

280ニュートンは体重が79㎏以下の人は選択肢から除外しましょう。

90日間返金保証は公式サイトだけ

モットンマットレスの硬さ 『使用者別おすすめ』

自分に合う硬さがよく分からないまま、なんとなくで『レギュラー』を選ぼうとしていませんか?

マットレス選びで大切なことは自分の体重に合った硬さを選ぶことです!

 

3種類の硬さにはそれぞれおすすめしたい人がいるので、詳しく解説していきます。

女性におすすめのかたさ

女性におすすめの硬さは、140ニュートンのモットンマットレスです。

 

モットンマットレスの140ニュートンは、高反発ウレタンマットレスのなかでは柔らかめで優しい寝心地です。

大柄の男性など体重が重めの人が寝るfと体が沈み、快適に眠れないかもしれません。

 

柔らかめのマットレスが好みの人や体重45kg以下の女性は、140ニュートンを選びましょう。

体重80kg以上の人におすすめのかたさ

モットンマットレスの280ニュートンは、体重80kg以上の人におすすめです。

 

自分の体重に合うマットレスを選ぶときは、寝たときに適度に体が沈むかどうかが大切。

280ニュートンのモットンマットレスは高反発ウレタンマットレスのなかでも、かなり硬めです。

体重が軽い人が使うと反発力が強すぎて体が沈まず、かえって寝心地が悪くなります。

 

体重80kg以上の人であれば少し沈む感じもあり、ちょうどいい寝心地になるでしょう。

子どもにおすすめのかたさ

モットンマットレスを子どもが使うときは、1番柔らかい140ニュートンを使いましょう。

小学生高学年の子どもの平均体重は40kgに届かないほどです。

170ニュートン以上の硬さは、子どもには硬すぎるので避けたほうがいいでしょう。

 

子どもの体重が45kg以上ある場合は、170ニュートンのモットンマットレスがおすすめです。

2人で寝たい人におすすめのかたさ

夫婦など大人2人で寝るときは、まず2人の体重の平均を計算してみてください。

平均体重が45kg以下であれば140ニュートン、45~80kgであれば170ニュートンがおすすめの硬さです。

2人の体重にかなり差がある場合は、それぞれの体重に合ったマットレスをシングルサイズで購入しましょう。

シングルサイズを2つ並べれば、キングサイズのような広々としたマットレスにできるのでおすすめですよ。

90日間返金保証は公式サイトだけ

モットンマットレスの硬さが合っていないとどうなる?

モットンマットレスの硬さが合わないと寝心地が変わる以外に、私たちの体にも影響があります。

疲労感や不眠の原因になる

硬さが合わないマットレスを使っていると、朝起きたときに疲労感を感じやすくなります。

また睡眠も浅くなるため、不眠にもなりやすいです。

 

とくにマットレスが硬すぎると、マットレスに触れているところが体重で圧迫されてしまいます。

血行不良になるのを防ぐために自然と寝返りが多くなり、深い睡眠が取りづらくなります。

腰痛を引き起こす

硬さが合わないマットレスを使っていると、スムーズな寝返りができなくなります。

体がマットレスに沈みすぎて不自然な寝姿勢になるためで、腰や背骨の負担増です。

 

さらに、あお向けになったときに腰が浮いてしまうもの良くありません。

寝ている間に腰や肩に大きな負荷がかかり、朝起きた時の腰痛や肩こりを引き起こします。

90日間返金保証は公式サイトだけ

硬さが合わなかったときの対処法

モットンマットレスに実際に寝てみたら『思っていた硬さと違った』と、分かることもあるかもしれません。

そんなときは、交換保証を利用しましょう。

 

モットンマットレスの交換保証は、商品到着後からすぐに利用できます。

商品到着後~104日間の保証期間内であれば、1回限定で硬さの交換ができるので安心です。

 

ただし交換保証を利用するには、いくつかの注意点があります。

詳細は公式サイトで確認できますので、利用する前にチェックしておきましょう。

まとめ

モットンマットレスは反発力と体圧分散に優れた、腰や肩に優しい高反発ウレタンマットレスです。

3種類の硬さから選べるので、自分好みの硬さを見つけやすいでしょう。

 

しかも、モットンマットレスには交換保証があります。

交換保証制度は、モットンマットレスの公式サイトで購入した場合でしか適用されません。

 

万が一合わなかったときは、モットンマットレスの公式サイトから簡単な入力で申請ができるので安心です。

詳しい交換方法についてはこちら

90日間返金保証は公式サイトだけ

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重60㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアでスペシャリスト。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマスリープに落ち着いている。自己紹介ページ

-モットンマットレスの口コミ評判