モットンとエムリリーを徹底比較|腰痛対策には結局どっちがいいの?

エムリリー モットン 比較

『モットン』と『エムリリー』は、どちらも腰痛対策マットレスとして人気のマットレスです。

この記事ではモットンとエムリリーの特徴から、性能、保証まで細かく比較しました。

どちらを購入したらいいのか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

\モットンの本当の寝心地がわかる!/
100人分の口コミ確認

エムリリーとモットンの特徴を比較

エムリリーとモットン、どちらも魅力的な高反発マットレスですが、それぞれ違った特徴があります。

まずは、エムリリーとモットンそれぞれの特徴について、確認しておきましょう。

エムリリーの特徴

エムリリーは独自の製造法から生まれた優反発マットレスです。

低反発でも高反発でもない次世代ウレタンフォームが、マシュマロのような柔らかさが体を包みます。

 

エムリリーは優反発フォームと高反発フォームの2層構造マットレス。

弾力性のある優反発フォームが、体に合わせて反発して体が沈みすぎない仕組みです。

 

下層部の高反発フォームは、空気循環にとても優れたエアスルー構造で通気性が抜群。

竹炭入りで吸湿・消臭効果も高いので、1年を通して快適に使えるマットレスです。

モットンの特徴

モットンマットレスは、高反発マットレスでは珍しい、硬さを選べるマットレスです。

 

柔らかめが好きな人、硬めが好きな人にも対応する3種類の硬さがあります。

自分の体重や好みに合わせて、ソフト、レギュラー、ハードの中から、最適な硬さを選びましょう。

 

自分に合ったかたさを選ぶことで、理想的な寝姿勢がキープできます。

モットンは、高反発で寝返りのサポートもしてくれる、腰への負担が少ないマットレスです。

モットンとエムリリーの寝心地を比較

マットレス選びで1番気になるのは、やっぱり『寝心地』ですよね。

エムリリーとモットンに実際に寝てみた感覚を比べていきましょう。

 

エムリリーの特徴

エムリリーは、ほど良い反発力でフィット感も感じられる寝心地です。

優反発フォームの体に馴じむ優しい弾力と、吸いつくような感触で安定感も感じられます。

 

エムリリーは『優反発』というだけあって、高反発よりは柔らかいマットレスです。

体の沈みこみを感じやすいので、硬いマットレスに慣れている人は寝返りしづらく感じるかもしれません。

 モットンの寝心地

モットンのレギュラーは、一般的な高反発マットレスと比べて、少しかためです。

腰や肩が沈みすぎず、支えられているような寝心地です。

反発力が弱いマットレスでは、寝返りの回数が少なくなる傾向があります。

モットンは反発力が強いので、睡眠中の寝返りもスムーズ。

反発力が強く、体の一部に負担が集中しにくいので、朝もすっきり起きられるマットレスです。

モットンとエムリリーの腰通対策を比較

エムリリーとモットンは腰痛対策としても人気があるマットレスです。

腰痛にどんな風に良いのか、腰痛対策マットレスと言われる理由を確認していきましょう。

エムリリーの腰痛対策

エムリリーは、腰や肩に負担はかけずに体を支えてくれる新素材を使用した優反発マットレスです。

 

重さと同じだけ沈みこみ、圧力と同じくらいの力で反発する優しい弾力が寝返りをサポート。

上層部のスマートフォームが、体の形に柔軟に対応し、理想的な寝姿勢を保ちます。

 

体とマットレスの間がすき間になりにくく、重心が安定してくれるので腰にも優しいマットレスです。

モットンの腰痛対策

モットンは、高反発マットレスでかための寝心地ですが、そのぶん体をバランスよく支えてくれます。

 

マットレスが体に対して柔らかすぎると、体が沈んで寝姿勢が乱れる原因です。

モットンは適度なかたさで体をバランスよく支えて、いい寝姿勢をキープ。

 

優れた体圧分散性で寝姿勢の乱れも防いでくれるので、腰に優しいマットレスです。

\モットンの本当の寝心地がわかる!/
100人分の口コミ確認

 モットンとエムリリーのかたさを比較

マットレスのかたさは『ニュートン』という単位で表記され、100ニュートン以上が高反発マットレスにあたります。

かたさによって寝心地や寝姿勢も変わってくるので、大事なポイントです。

エムリリーのかたさ

エムリリーのかたさは1種類のみです。

 

上の層が70ニュートンと柔らかめ、下の層は140ニュートンとかための2層構造。

体にあたる上の層がモチっと柔らかい、気持ちのいい感触になっています。

 

高反発に比べると少し体は沈みますが、下の層がしっかり支えてくれるので快適です。

モットンのかたさ

モットンは、3種類のかたさから選べるマットレスです。

体重や好みから、自分に合うかたさを見つけられます。

 

モットン公式サイトでおすすめされている、それぞれのかたさに合う人を紹介します。

  • ソフト/140N        45kg以下の人 とくに女性におすすめ
  • レギュラー/170N 46kg~80kgの人
  • ハード/280N 81kg以上の方におすすめ とくに男性におすすめ

 

モットンとエムリリーの厚さと使い方を比較

ひと言で高反発マットレスと言っても、薄いタイプから厚さがあるタイプまで、さまざまです。

ここでは、厚さと、それぞれおすすめの使いかたも紹介していきます。

エムリリーの厚さ

エムリリーは4種類の厚さとタイプから選べます。

 

  • マットレスタイプ 11cm

この記事で紹介しているのはエムリリーの定番、マットレスタイプの11cm。

ベッドフレームに敷いて使いたい人に、とくにおすすめの厚さです。

  • トッパータイプ 5cm

トッパーとは、マットレスと併用して使うサポート寝具のこと。

今のマットレスにヘタリを感じたときに、合わせて使うと寝心地をアップデートできます。

  • フラットタイプ 8cm

8cmと厚さもあるので、1枚でも使用可能です。

ベッドフレームにはもちろん、フローリングや畳に直接敷いて使いたい人にとくにおすすめです。

  • 三つ折りタイプ 8cm

他の3タイプと違って三つ折りにできるので、簡易的なソファとして使うこともできます。

機能はフラットタイプと変わりませんが、収納しやすい便利なタイプです。

モットンの厚さ

モットンの厚さは1種類で、10cmです。

 

おすすめの使いかたは、フローリングや畳に1枚で直置きで使う方法。

見ただけの印象は薄く感じるかもしれませんが、実際に寝てみると底付き感はなく快適です。

 

密度の高いウレタン素材なので、湿気がたまりやすい特徴があります。

フローリングや畳にとの間に、すのこや除湿シートを入れると快適さがアップするのでおすすめです。

 

モットンとエムリリーのサイズと重さを比較

マットレスを選ぶときは、サイズも大切なポイントです。

エムリリーとモットン、それぞれの横幅と縦の長さについて比べてみましょう。

エムリリーのサイズ

エムリリーには4つのサイズがあります。

サイズと重さを表にまとめてみたので、確認してみましょう。

横幅 長さ 重さ
セミシングル 80cm 195cm 7.34kg
シングル 97cm 195cm 8.2kg
セミダブル 120cm 195cm 9.74kg
ダブル 140cm 195cm 11.08kg

モットンのサイズ

モットンには3つのサイズがあります。

サイズと重さを表にまとめてみたので、確認してみましょう。

 

横幅 長さ 重さ
シングル 97cm 195cm 7.5kg
セミダブル 120cm 195cm 9.0kg
ダブル 140cm 195cm 10.7kg

 

エムリリーにはセミシングルがありますが、モットンにはありません。

それ以外のサイズは、横幅、長さともに同じですが、重さはモットンのほうが少し軽いことが分かりましたね。

 

モットンとエムリリーの耐久性(寿命目安)を比較

より良い寝姿勢をキープするためには、マットレスの耐久性も大切なポイントです。

エムリリーとモットンは、どちらもウレタン素材のマットレスですが、耐久性には違いがあるのでしょうか。

エムリリーの耐久性

エムリリーの寿命は10年前後です。

 

復元率も99%と、かなり高い耐久性のマットレスです。

国内検査機関の過酷な品質テストをクリアした、安心の品質です。

モットンの耐久性

モットンの寿命は8年前後です。

 

復元率は96.0%で、繰り返し使っても厚みの減少がゆるやかです。

ヘタリにくいモットンは、コスパがいいマットレスと言えます。

モットンとエムリリーの価格を比較

マットレスは安い買い物ではないので、選ぶときは価格も気になりますよね。

エムリリーのマットレスタイプと、モットンの価格を比べてみましょう。

エムリリー(マットレスタイプ11cmの場合)

 

  • セミシングル / 30,980円
  • シングル / 32,978円
  • セミダブル / 40,678円
  • ダブル / 48,378円

 モットンの価格

 

  • シングル / 39,800円
  • セミダブル / 49,800円
  • ダブル / 59,800円

モットンとエムリリーの保証を比較

マットレスが自分に合っているかどうか判断するためには、2週間以上使ってみることが大前提。

実際に使ってみて合わなかった場合に、保証があると安心ですよね。

エムリリーとモットンの保証内容について比較してみましょう。

エムリリーの保証

エムリリーには、3年の品質保証あります。

商品が不良品だった、または未開封の状態であれば、到着から7日以内に限り返品できます。

また、通常どおり使用してもヘタリが発生した場合のみ、新品と交換してもらうことも可能です。

 

ただし、返品できるのは不良品だった場合のみです。

お客様都合の返品はできませんので、注意が必要です。

モットンの保証

モットンは90日間返品保証、交換についても1度まで対応してくれます。

実際に寝てみて合わないと感じた場合、返品保証を利用すれば全額返金してもらえるので安心です。

 

返品保証は90日経過後、14日以内に申請が必要です。

まずは公式サイトの返品依頼フォームから申請しましょう。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-モットンマットレスの口コミ評判