トゥルースリーパーで腰痛が悪化してしまう理由|腰痛い人が選ぶべきモデル

トゥルースリーパー 腰痛悪化

2003年に販売を開始した低反発のトゥルースリーパー。

ちょうどその頃、やわもち感触の低反発マットレスが話題となり、当時は大人気になりました。

トゥルースリーパーの知名度は絶大で、いまや誰もが知っている寝具ブランドとなっています。

ですが近年「低反発マットレスは腰痛に悪い」という新たな常識もでてきています。

筆者
実際にこのサイト(眠ハック)でも主に高反発をおすすめしているので、トゥルースリーパーは敬遠していました。

しかし高反発人気の波に乗り、トゥルースリーパーも高反発マットレスの販売しているのをご存じでしょうか?

この記事ではトゥルースリーパーで腰痛が悪化してしまう理由と、腰痛の人が選ぶべきモデルを3つご紹介します。

トゥルースリーパーで腰痛が悪化してしまう理由はただ1つ

トゥルースリーパーで腰痛が悪化してしまう理由ただ1つ。

「低反発マットレスモデルを選ぶから」です。

つまり腰痛持ちの人が低反発マットレスを選んではいけないのです。

このひとことに尽きるのですが、ではどうして低反発マットレスだと腰痛が悪化してしまうのか、原因を簡単にお話ししていきます。

大きくいうと原因は3つです。

  • 寝返りがしにくい
  • 腰が曲がる
  • へたりやすい

寝返りがしにくい

低反発マットレスは反発性が低く寝返りがしにくいです。

反発性が低いと、マットレスによるサポートがない分寝返りをうつときにより体力や筋力を使う必要がでてきます。

ひと晩で平均20回~30回ほどするといわれる寝返りで、体力や筋力を使い身体に負担をかけ、腰にも負担がかかってしまいます。

当然、腰にかかった負担は腰にダメージを与え、腰痛のもととなります。

腰痛の他にも寝起きで身体がだるいといった症状が起きてしまうことも。

腰が曲がる

低反発マットレスで寝ると、大きく力がかかる部位である腰が深く沈み込みます

理想的な寝姿勢は直立時の姿勢といわれています。

腰が深く沈むと上記画像のような寝姿勢になってしまい、背骨が曲がった状態になってしまうんです。

腰が「くの字」の不自然な曲がり方が、腰痛を引き起こす要因です。

硬すぎるマットレスの改善方法柔らかすぎるマットレスの改善方法

マットレスは硬すぎても柔らかすぎてもいけません。

ちょうど良い硬さでちょうど良い反発力が必要です。

へたりやすい

トゥルースリーパーの口コミでよく、「すぐへたる」「すぐに柔らかさがなくなる」といわれます。

それは低反発マットレスのデメリットでもあります。

なぜへたりやすいと腰痛持ちの人におすすめできないのかというと、すぐへたったトゥルースリーパーをそのまま使い続ける可能性が高いからです。

「せっかく2万、3万払って手に入れたトゥルースリーパーだしもう少し使おう」

こんな考えになってしまいますよね。

後悔先に立たずです。

腰痛が悪化する大きな原因となってしまいます。

高反発マットレスは腰痛持ちにおすすめ

低反発マットレスに比べ、高反発マットレスは腰をサポートしてくれる機能性が高いです。

 

また、高反発マットレスは耐久性が高く寿命が長くなることも大きなメリットです。

筆者
低反発モデルはへたりやすいと悪評も多いですからね。

腰痛い人が選ぶべきモデル3選|高反発モデル

これまでお話ししたとおり、『トゥルースリーパー=低反発』なので、腰痛の方も低反発を選んでしまうことが腰痛悪化という口コミが出てくる最大要因だと筆者は考えます。

それなら腰痛持ちの人はトゥルースリーパーの高反発モデルを選べばいいのです。

ここから高反発モデルを3つご紹介します。

トゥルースリーパー「セロ」

商品ページで見る

トゥルースリーパーのセロは高反発素材が使われています。また2層になっていて、夏冬で快適な寝心地を使分けることができるのが大きな特徴でもあります。さらにファイバー素材でできたマットレスは丸洗いができて、常に衛生的な寝具環境を保てます。

 

筆者
トゥルースリーパーモデルの中で丸洗いできるのは「セロ」と「セロlight」のみです。

トゥルースリーパー「ウェルフィット」

商品ページで見る

ウェルフィットは中反発素材と高反発素材を合わせたハイブリットマットレスです。簡単にいうと寝心地の気持ちよさを保ちつつ、寝返りしやすくつくられたモデル。厚みも7.5㎝としっかりあるので、下にある布団やマットレスを感じることはありません。

筆者
三つ折りできて収納しやすく、直置きもできるタイプでミニマリストにもおすすめです。

トゥルースリーパー「ネオフィール」

商品ページで見る

ネオフィールはウェルフィットのように中反発と高反発の2層仕立てです。寝返りしやすく体圧分散性が高いことから腰痛持ちの方におすすめできるマットレスだといえます。ウェルフィットよりも吸放湿性に優れているので汗っかきの人や、夏に寝やすい方が良いという人向けです。

筆者
さらさらな寝心地は、赤ちゃんやお子様にも最適です。

今回ご紹介した各高反発モデルの口コミはこちらで読むことができます。

トゥルースリーパー全11種類の口コミ評判

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-トゥルースリーパー