トゥルースリーパーはずれる?使用者に対処法を聞いてみた!

トゥルースリーパーは手持ちの寝具の上に敷いて使うトッパータイプです。

しかしそのまま敷いて使っていると、寝ているあいだにずれてしまい途中で起きてしまったり、ストレスを感じることがあります。

この記事でわかること

  • トゥルースリーパーがずれる原因
  • トゥルースリーパーがずれるのを防ぐ方法
  • 実際の使用者の対処法

トゥルースリーパーがずれる原因とは?

そもそもトゥルースリーパーがずれる原因はなんなのでしょうか。

簡単に確認してみましょう。

トゥルースリーパーがずれる原因

  • 壁にもたれる
  • 寝返りなど動いたときの振動
  • 下の寝具に固定していない

トゥルースリーパーのようなトッパーがずれてしまう主な原因は上記の3つ。

壁にもたれて本を読んだりスマホをいじることがあると思います。ひとり暮らしの人には多いですが、いちいちトゥルースリーパーがずれるのは結構ストレスです。

また、寝返りや起き上がり、座ったときにも簡単にずれてしまいます。

マットレス上で過ごすことが多いとトゥルースリーパーがずれる機会も多くなるので、下の寝具と固定した方がノーストレスで生活できます。

トゥルースリーパーのずれにどう対処してるのか使用者に聞いてみた

トゥルースリーパーがずれてしまうととてもストレスです。

当ブログ記事では、トゥルースリーパー使用者200人にアンケートで口コミを集めています。

その中では3つの対処法を提示し、おこなっていることを選んでもらいました。

3つの対処法

  1. ボックスシーツを覆っている
  2. 敷パッドのゴムバンドを利用している
  3. 滑り止めシートを使用している

まず結果をグラフにまとめたのでごらんください。

トゥルースリーパー ずれる 対策

上記画像のように結果は、敷パッドのゴムバンドを利用している人が最も多く、同じくらいの回答数でボックスシーツで覆っている人が2番目でした。

筆者
敷パッドの方が取り外しが簡単なのでおすすめします。

滑り止めシートを使用している人も少なくなく、全体の15%ほどいました。

滑り止めシートはAmazonで売られている1,000円程度のもので十分です。

少し大きめであまりますが、ソファやテーブルなどの家具にも使えるのでチェックしてみてくださいね。

また、その他という回答についてはいくつかピックアップしてご紹介します。

「その他」と回答した人のコメント

不快に感じない
特に何もしていない。本体が柔らかく上滑りしたりしないので不快に感じたことはない。

毎朝直す
ずれない工夫はしていません。起きたら多少ずれているので、毎朝起きてから元に戻しています。
あまりずれない
特に何もしていません。敷布団の上に敷いているだけです。それでもあまりずれる事はない。
もともと滑りにくかった
ズレたことがないため、工夫はしていない。もともと素材がベタベタしていて、滑りにくかった。
ずれることはない
特に何もしていません。敷布団の上に敷いているだけです。それでもあまりずれる事はない。
その都度直す
特に必要は無いと思います、一日寝っ転がってもズレを直すのは2、3回です。

ずれてもあまり気にしない人は意外と多かったですね。

また、トゥルースリーパーはずれないと答えた方もわずかながらにいました。

というような結果を見ると、ずれても直せばいいやと感じる人は特に対策をする必要はなさそうですね。

反対に、少しでもずれるとストレスを感じそうと思った人は、ボックスシーツや敷パッド、滑り止めシートを使うべきだといえます。

トゥルースリーパーのずれ防止のためにすることまとめ

トゥルースリーパーが敷いている寝具からずれないためにすることは3つです。

ズレ防止対処法

  1. ボックスシーツを使う
  2. 敷パッドを使う
  3. 滑り止めシートを使う

特にずれることが気にならなそうであれば、なにも敷かずに「ずれたら直す」程度に考えておけばいいでしょう。

個人的にはいちいち直す手間を考えると、上記3つどれかの対策をしてしまったほうが気は楽かと思います。

快眠のためにできることを最大限することをおすすめします。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-トゥルースリーパー