低反発枕の特徴|メリットとデメリットを確認しよう。

低反発枕の特徴とメリットデメリット

この記事でわかること

  • 低反発枕の特徴
  • 低反発枕のメリット
  • 低反発枕のデメリット
  • 低反発枕の気になるところ

低反発枕はやわらかく包み込まれるようなフィット感が大人気の枕です。

ですが、もちろんメリットばかりでなくデメリットもあります。

自分に合った枕を使っていないと肩こりにもつながり、満足度を得ることができません。

この記事で低反発枕のデメリットも知って、枕選びの参考にしてみてください。

低反発枕とは?最大の特徴は「やわらかいこと」

低反発枕は、反発力が弱い素材を使っている柔らかい枕です。

他の枕は頭をのせると跳ね返り(高反発枕)が強いものがあります。
しかし、低反発枕は衝撃を吸収するので跳ね返らず下にゆっくりと沈み込みます。

さらに、頭の重さや形、姿勢に合わせて枕の形も変化していきます

低反発枕の知っておきたいメリット

低反発枕の最大のメリットは体圧を分散してくれることと、フィット感があることです。

この2つのメリットがあることでぐっすり寝付くことができ、安眠につながります。
他にも低反発枕には、肩こりを改善することや誰でも使えるなどのメリットがあります。

低反発枕のメリットを詳しくみていきましょう。

誰が使ってもフィット感がある

低反発枕は重みが加わると、その部分だけがゆっくりと沈み込んでいきます。

頭の形に合わせて枕が変形するので、他の枕にはないフィット感を得ることができます。

どんな人が使っても、その人の頭の形に沿って包み込んでくれます。

体圧分散で肩こり軽減

低反発枕はなんといっても体圧を分散してくれます。

 

私たちの頭部は大人で約4~6㎏と、生まれたての赤ちゃん以上の重さがあります。

この頭の重さを首や肩、背中などの骨や筋肉が日中も寝ている間も支えているのです。

睡眠中は同じ姿勢で頭を支え続けているため、首や肩に強い負担がかかっています。

そして、負担がかかり筋肉が硬くなることで肩こりが起こるのです。

 

低反発枕を使うと頭の重さを分散されてくれるので、首や肩の支える重さが軽減されます。

現在枕を使っても肩こりのある方は、肩に負担がかかっている可能性があります。

低反発枕を使って、肩の負担を軽減してみてはいかがでしょうか。

睡眠の質が上がる

低反発枕はフィット感があり、肩や首の負担も軽減してくれます。

睡眠中の負担が減るため、身体全体が睡眠に集中することができます。

そのため熟睡感を得やすく、睡眠の質が上がります。

低反発枕の知っておくべきデメリット

枕の種類によってメリットだけでなく、デメリットがあります。

自分に合った枕を選ぶためにメリット・デメリットどちらも知っておくと良いでしょう。

 

低反発枕にもデメリットはあります。

主なデメリットは、通気性が悪いことと寝返りがしにくいことです。

この2点について、詳しい理由を解説します。

通気性が悪い

低反発枕は他の枕と比べて通気性が劣るというデメリットがあります。

そのため、梅雨や夏場は蒸し暑さを感じやすくなります。

 

冬場も気温は低いですが、布団をたくさん被ることで体温が上がりやすく、汗をかきます。

汗が蒸発しにくく、人によっては不快感で目が覚めることもあります。

寝返りがしにくい

低反発枕は頭の形に合わせて枕が沈むので、フィット感があります。

しかし、枕が沈み込みやすい分寝返りがしにくいと感じる場合があります。

 

元々寝返りが多い方にとっては、ストレスを感じる可能性があります。

また、寝返りが減ることで肩に負担がかかり、かえって肩こりを引き起こすこともあります。

低反発枕の気になる疑問まとめ

低反発枕を使い続けるために、正しい使い方やお手入れ方法を知っておきたいですよね。

「いつまで使っていいのか」「洗濯はいいのか」など、気になることはたくさんあります。

ここでは低反発枕について気になる疑問をいくつかご紹介し、その疑問を解決します。

低反発枕の寿命は?

低反発枕の寿命は約3~5年です。

長く使いすぎると枕の高さが低くなり、肩や首に負担がかかってしまいます。

汚れや形崩れをしている場合は、早めに買い替えることを検討してみましょう。

低反発枕の向きは?

低反発枕は2つの山があり、中央がくぼんでいる形をしています。

2つの山には低い方と高い方があります。

なんとなく低い方を首元に置いて使いたくなりますが、実はそれは間違った使い方です。

 

正しい枕の使い方は、山の高い方を首元に向けて使います。

高い方を首元に置くことで首の骨のラインがカーブし、自然な姿勢を保つことができます。

高さは調節できる?

低反発枕の中にも高さを調節できるものが販売されています。

高さを調節し、自分にピッタリの高さを見つけられます。

 

低反発枕は使い続けていくうちに使用感も変わっていきます。

高さを調節できる枕は、その時々に理想の高さで眠りにつくことができます。

低反発枕専用のの枕カバーはある?

低反発枕用の枕カバーは販売されています。

吸湿性・速乾性のあるものやひんやりと冷感のある枕カバーもあります。

 

低反発枕は通気性が悪く、蒸し暑く感じる場合があります。

速乾性のある枕カバーなどを使うことで、低反発枕のデメリットを補うことができます。

洗濯はしてもいい?

低反発枕は基本的に洗濯することはできません。

その理由として、低反発枕に使われるウレタンという素材は水に弱いからです。

また乾きにくい特徴もあり、乾くのに時間がかかり雑菌が繁殖する可能性もあります。

 

枕カバーは洗濯できるので、こまめに洗濯することで清潔に保つことができます。

臭いが気になる場合は、消臭スプレーをかけておくと良いです。

どうしても汚れが気になる場合は、洗濯洗剤をつけた布で叩くように汚れを取りましょう。

まとめ

低反発枕はフィット感があり心地よく、肩こりにも良い枕です。

もちろんメリットだけでなく、通気性が悪いなどのデメリットもあります。

しかし、他のグッズを取り入れることでデメリットをカバーすることができます。

 

枕は睡眠の質を上げるために大切なグッズです。

実際に体験したり他の枕を比べたりして、自分に合った枕を選んでください。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-おすすめ枕