低反発枕の正しい使い方|逆向き使用は肩こりの原因に

良い睡眠のために低反発枕をつかっているのに、「目覚めが悪い」という方は多いです。

低反発枕で寝ているのに目覚めが悪いという方は、低反発枕の使用方法に問題があるのかもしれません。

ですから、低反発枕を正しく使うことが目覚めを良くするポイントです。

低反発枕には高い山と低い山の2つがありますが、「高い山を下側にする」が正しいです。

枕の高さは、厚生労働者がコメントしているように、寝心地にとって重要な要素です。

今回は、低反発枕の使い方と逆向き使用による悪影響について、ご紹介します。

2022年最新版

低反発枕15選

予算別に探せる!

低反発枕の正しい使い方

低反発枕は大小2つの山がそれぞれ首元・後頭部に当たるようにできています。

逆向きで使うことで、低反発枕のメリットであるフィット感や寝心地が十分に発揮されません。

さらに、首や肩を痛めてしまう可能性があるので注意が必要です。

特にテンピュールなどの高級枕を新しく購入したという人は事前にチェックしておきたいところ。

低反発枕の正しい使い方を知ることでより良い睡眠につながります。

枕の高い山を下にする

低反発枕の高い山を下側にしましょう。

 

大きい山で首を支えてあげることで、首に負荷を与えずに寝ることができます。

低い方を下にすると首の自然な「く」の字の形が保てなくなり、痛みがでてしまいます。

また、人によっては逆向きの方がしっくりくるという方もいます。

もちろん首に限らず骨の構造は人それぞれ個人差があります。

 

ただその場合でも、逆向きに使用するのはおすすめできません。

低反発枕の山にもメーカーによっていろいろな高さがあるので自分に合った高さをみつけましょう。

枕と肩のあいだに隙間をつくらない

 

低反発枕と肩の間にすき間ができたまま使用するのは避けてください。

 

これを聞いていまドキッとした人もいるでしょう。

枕には首から上だけを乗せればいいという考えではありませんか?

 

まちがっているわけではないのですが、実はこの使い方だと肩こりの原因になるんです。

肩を少しだけ乗せる

 

すき間をつくらないとはどういうことかというと『肩をすこしだけのせる』ことです。

これだけで肩こりなどのトラブルは避けることができます。

 

実際にあまり意識していなかった人は肩を少しのせてみてください。

楽に感じませんか?

肩も少しだけ乗せると楽だと感じるのは、頭の重みを分散できることが理由です。

成人の頭の重さは約4~6kgあり、その重みが1ヶ所に集中してしまいます。

その重みでかかる体圧で頭の血流が悪くなり、睡眠に悪影響を及ぼします。

隙間をつくらない使用方法は、低反発枕に限ったことではありません。

どんな枕でも『肩を少しだけのせる』を意識するといまのあなたの悩みが解決できるかもしれませんね。

実はこれ、私が寝具店で枕を試させてもらった際に店員さんに教えてもらったことです。

肩を少しだけ乗せるように意識するだけで、かなり楽な姿勢で寝ることができるので本当におすすめです!。

低反発枕の高い山を下にする理由

低反発枕の高い山を下側にしなければならない理由は2つあります。

  • 首の「く」の字をきれいに保つため
  • 呼吸をしやすくするため

首の形は自然な「く」の字になっています。

「く」の字の形を自然に保つことによって気持ちよく眠りにつくことができるんです。

また、低反発枕の高い山を下にすると呼吸がしやすくなります。

すべり台のような形になっているので実際に逆向きで使ってみるとわかるのですが、首が詰まってしまいます。

そうなると首が凝ってしまったり呼吸がしにくくなり、よく眠れない原因になってしまいます。

低反発枕の逆向き使用は肩こりに

低反発枕を逆向きで使っていると、肩こりに悩まされるようになってしまうんです。

「肩こりってデスクワークやスマホの見すぎでなるものなんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。

ですが、肩こりになってしまうメカニズムを考えればおかしい話じゃないんです。

肩こりは、ずっと同じ姿勢でいることで筋肉が凝り固まり血行が悪くなることでなってしまいます。

首にとって不自然な形で寝てしまうことは「ずっと同じ姿勢でいること」です。

つまり寝ているだけで肩こりになってしまうのです。

逆向き使用を続けていると、肩こり以外にも、次のような症状になる可能性があります。

  • 起床時の首の痛み
  • 頭痛
  • 腰の痛み
  • 慢性的なだるさ
  • 手のしびれ
  • 自律神経のみだれ

低反発枕を正しく使うように意識するだけで、これらの症状を防ぐことができると考えたらお得だと思いませんか?

あなたの今までの体の不調は、低反発枕の逆向き使用のせいだったのかもしれませんよ。

正しい使い方をしても肩がこる

低反発枕を正しく使っているのに、「なんだか調子が良くない…」という方は多いです。

それは、今までの枕の高さが原因かもしれません。

低反発枕を初めて使う方の中には、「低反発枕特有の沈み込みになかなか体が慣れない」と感じる方がいます。

その結果、今までの枕の高さとの違いによる違和感から、肩こりになってしまうんです。

ですが、低反発枕を使ってすぐに善し悪しを判断するのではなく、まず1週間~2週間は試しに使ってみましょう。

それでも違和感がある時は、今までの枕と似た高さの低反発枕を試してみることをおすすめします。

寝具を少し試しただけでは、本当に自分の体に合うのかを見極めることは難しいです。

いろいろな寝具を試せば試すほどあなたにあった寝具に近づくことができます。

私は自分に合った枕を見つけるために、5つの枕を試した過去があります。

数ある寝具からあなたの体にあった寝具を選ぶには、とにかく試すことが大事です!

低反発枕の正しい使い方まとめ

最後のまとめ

低反発枕は、「高い山を下側にして、首の自然な「く」の字を保つ」これを意識ことが大切です。

誤った知識では、快適な睡眠を失うだけではなく、体に悪影響を及ぼしてしまいます。

今回の解説を抑えて、あなたの睡眠が快適になれば幸いです。

2022年最新版

低反発枕15選

予算別に探せる!

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重60㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアでスペシャリスト。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマスリープに落ち着いている。自己紹介ページ

-低反発枕おすすめ