ソムレスタマットレスEvo(エボ)の特徴や他タイプとの違い【9月頃販売開始】

ソムレスタ Evo

SOMRESTA(ソムレスタ)は2年連続でグッドデザイン賞を受賞した人気のマットレスブランドです。

「ソムレスタ」ラテン語で「眠り」と「戻る」を意味する言葉を組み合わせられました。

転じて「睡眠を改善する」という意味を持ちます。

寝心地自体の評判も良く、睡眠を改善できた、高反発で腰痛対策になる、とソムレスタが開発当初から目指すところへ向かっているようです。

そんなソムレスタから、新商品の「ソムレスタマットレスEvo」がマクアケで先行販売されます。

配送時期は9月頃で、一般販売されるのも同じく9月頃とのこと。

筆者
私もぜひマクアケで購入していち早く試してみたいと考えています!

この記事ではマクアケで購入を考える方、9月に一般販売開始されたときに購入を考えている方に向けて、Evoがどんなマットレスなのかご紹介していきます。

ソムレスタマットレスEvo(エボ)の特徴

良ければ先に動画をご覧になってみてください。

筆者
Evoの全体的な雰囲気がわかります。

商品の特徴を解説する前に商品の基本情報を表で確認しましょう。

商品名 ソムレスタマットレスEvo
価格(税込) 98,000円~
サイズ S/SD/WD/D/Q
厚み 22㎝
素材 高反発ウレタンフォーム
硬さ 154N
耐久性 10年以上
カバー 取り外し&洗濯可能
保証 3年保証
お試し期間 なし(使用後の返品不可)

※価格は現段階で発表されている価格です。

表を見てわかるとおり、厚みがしっかりあって耐久性も十分にあるマットレスです。

特徴①腰痛対策になる

腰痛対策になるマットレスの特徴は以下の2つのポイントがだいじですが、ソムレスタEvoはどちらもクリアしているといえます。

  • 体圧分散性が高い
  • 寝返りがしやすい
筆者
腰痛の方には以下の内容を読んでいただきたいところです。

体圧分散性が高い

体圧分散性については、まず他のマットレスと比較した画像をみてみましょう。

わかりやすいのが、画像左上。ソムレスタEvoであお向けに寝たときの体圧のかかり方の検証結果です。

他の2つの検証結果と比較して明らかに全体が青くなっています。

青い=圧力がかかっていない」なので、体圧分散がうまくできている証拠となります。

画像右列の横向き検証結果でも同じことがいえますね。

体圧が同じところに一晩中かかり続けることは腰痛を引き起こす原因となるので、重要なポイントです。

筆者
腰痛持ちでなくても、体圧分散性が高く負担がかからないマットレスを選んだ方が腰痛予防につながります。

寝返りのしやすさ

次に寝返りのしやすさについてです。

高反発マットレスであるソムレスタは、はね返る力が強く、JIS規格のボーケンの試験で「反発弾性=60%」と結果が出ています。

簡単にいうと反発弾性が高いほど寝返りがしやすいといえます。

で、この60%という数字がどれほどなのかというと、以下の2枚の画像をみていただくと想像つくかなとおもいます。

一般的なウレタンマットレスは50%以下といわれます。

特に反発弾性を明記していないものは、その点で自信がないのか試験をおこなっていないから明記できないのかわかりませんが、信用性に欠けるのはまちがいないはずです。

ちなみに40%台では寝返りへのサポート力が少し頼りない感じです。

さらにいえば寝返りがしにくいと睡眠の質が下がってしまう可能性もあります。

認証されているソムレスタは信頼度があるので、寝返りをうまくできてるか自信のない人におすすめできるといえます。

特徴②耐久寿命が長い

通常の耐久試験の3倍の基準をクリア、裏表使えてローテーションができる。

ソムレスタEvoは耐久寿命がかなり長いマットレスで10年以上は期待できるでしょう。

ウレタンマットレスの耐久性が関わる指標は「密度」と「復元率」です。

ソムレスタEvono密度と復元率は以下のとおり。

密度 復元率
約50D(推定) 99.6%(JIS基準の3倍の圧縮試験)

密度について、なぜ推定なのかというと、はっきりと公表していないからです。

もちろん、うしろめたいことがあるわけでなく、商品の模倣防止のためと、公式サイトでは説明されています。

また、復元率は99.6%と高水準です。

筆者
99%を超えるソムレスタEvoは、20万円ほどのマットレスと比較しても耐久性においては負けないといえるでしょう。

JIS規格の圧縮試験と寿命

JIS規格水準の圧縮試験を8万回クリアで寿命約9年といわれる。

さらにJIS規格をクリアするには通常8万回の圧縮を繰り返すわけですが、ソムレスタの場合は3倍の24万回圧縮をクリアしたうえでの99.6%です。

つまり理論上、27年間はわずか0.04%しかへたらないといえるので驚異的な耐久性といえます。

※実際の耐久年数はもう少し短くなるといわれています。

もうひとつ耐久寿命が長いといえる理由は「裏表ローテーションが可能」なこと。

約3~6か月ごとに上下裏表ローテーションをし、圧力がかかる位置を変えていくことで、表のみ使用できるようなマットレスの2倍長持ちできるといえます。

特徴③お子様にも安心の品質

ソムレスタEvoはお子様にも安心できる品質をボーケンという第三者機関により証明されています。

一般財団法人ボーケン公式サイト

なぜ品質が証明される必要があるのかわからない人もいるかとおもいますので少し説明していきますね。

筆者
特に気にならない方は読み飛ばして大丈夫です。

まずウレタンマットレスのデメリットとして、ホルムアルデヒド問題があります。

ホルムアルデヒドはウレタンフォームの製造過程において、どうしても含まれてしまう成分。

揮発性があり多く吸い込みすぎると「シックハウス症候群」によるめまいや吐き気などの影響をおよぼします。

ただ一般的なウレタンマットレスでも鼻がツーンとするような嫌な匂いがすることもありますが、そこまで気にすることはないともされます。

それはホルムアルデヒドの濃度が関係してますが、さすがに気分が悪くなるまでの量は含んでいないからです。

ただ肌が弱い人や抵抗力の弱い人は大事をとって避けた方が良いよね、という感じ。

その点ソムレスタEvoは、第三者機関によるホルムアルデヒド低水準が証明されているので、妊娠中の方でも安心して使用ができるというわけです。

筆者
ホルムアルデヒドが気になる人は海外製低価格マットレスは避けたほうが無難です。

特徴④ダニを寄せつけず、湿気に強く、ムレにくい

ソムレスタEvoのキルティングカバーもまた高機能です。

さらさらの手触りで寝心地を良くしてくれている専用カバーですが、以下のようにいろいろなメリットがあります。

キルティングカバーのメリット

  • 防臭、消臭効果
  • ムレにくい
  • 防ダニ効果
  • 洗濯に強い
  • ウレタンの中材を保護

吸湿&放湿性が高いことや、消臭効果がある「SOMRESTA中綿」と呼ばれる独自素材が上記のようなメリットを生みだしています。

寝具にとって重視するべきポイントばかりなのでうれしい限りですね。

特徴⑤2枚分割(スプリット構造)

2枚分割できることは、ソムレスタEvoの大きな特徴です。

スプリット構造

※出典:ソムレスタ

上記画像のように、中材とキルティングカバーは2つに分けることができます。

わたし自身、何十種類もマットレスを見てきていますが、このような構造は始めてみますね。

スプリット構造であることにどんなメリットがあるのかは、次で解説しています。

ソムレスタマットレスEvoのスプリット構造のメリット

ソムレスタマットレスEvoはスプリット構造で、中材のウレタンフォームが2枚分割できるようになっています。

「なんのため?なんかメリットがあるの?」と考える方も多いでしょう。

私もそうおもったので、調べてみました。

  • 中材も裏表返すことができる
  • 分けて収納できる
  • 引越し時など持ち運びが楽

中材も裏表返すことができる

ソムレスタEvoは中材も裏表返すことができるのでローテーションの幅が広がります。

マットレス ローテーション

参考:ローテーション方法

上記画像左側のようなローテーション方法が一般的ですが、ソムレスタEvoはさらに中材もひっくり返すことができます。

なのでさらに寿命を延ばしていくことができるといえるでしょう。

分けて収納できる

ソムレスタEvoのスプリット構造により、中材を分けて押し入れなどに収納することもできます。

出典:SOMRESTA動画

通常22㎝も厚みのあるものはその特性上、押し入れにしまうなんてことは不可能です。

しかしソムレスタEvoのウレタン素材は1枚8.5cm程度です。

分割できれば三つ折りも可能な厚さになりますね。

出典:SOMRESTA動画

こんな感じで付属の収納袋に入れることができます。

引越し時などの持ち運びもかなり楽になるはずです。

カバーが乾きやすい

ソムレスタEvoの2分割できるという特性上、キルティングカバーも2分割できます。

キルティングカバーも分割可能

別のモデルのキルティングカバーも洗濯することはできますが、少し厚みがあるので干しても乾きにくいデメリットがあります。

筆者
2枚重なり合った状態ですね。

しかしソムレスタEvoだとキルティングカバーも2つに分けて洗濯できるので、別々に干すことができ、重なり合わずに済むので乾きやすくなるといえます。

ソムレスタマットレスEvo(エボ)と他モデルとの違い

ソムレスタマットレスEvoと今まで販売されてた他モデルとなにが違うのか確認していきましょう。

まずは比較表でおおまかにみてみると良いです。

商品画像 ソムレスタマットレスプレミアム ソムレスタ トッパー
モデル名 Evo PREMIUM トッパー
価格(税込) 98,000円~ 49,800円~ 29,800円~
サイズ S/SD/WD/D/Q S/SD/D/WD S/SD/D
素材 SOMRESTA®フォーム SOMRESTA®フォーム SOMRESTA®フォーム
反発弾性 60% 60% 60%
復元率 99.6% 99.6% 99.6%
寿命(推定) 10年以上 10年以上 10年以上
厚さ 22㎝ 10cm 5cm
重さ 記載なし 約9.6㎏ 約7.5㎏
使い方
  • フローリング、畳
  • ベッドフレーム
  • フローリング、畳
  • ベッドフレーム
  • 手持ちのマットレスや布団上

3モデルの大きな違いは使い方です。

トッパーは、1枚で床に敷いて使用すると床付きが生じてしまうので快眠できません。

ソムレスタPREMIUMとソムレスタEvoは一見同じ使い方。

実際そのとおりで、同じ使い方となっています。

その中でもソムレスタEvoはより贅沢な寝心地が欲しい場合に選ぶといいでしょう。

筆者
ホテルレベルの高級な寝心地を求めている場合ですね。

ただ体重が70㎏を超えてくるとソムレスタPREMIUMの10cmは心もとない厚みとなってしまいます。

床付きが起きてしまう(特に横向き時の腰や肩)ということです。

そのため70㎏を超える場合はソムレスタEvoの方が安心して使用できるでしょう。

ソムレスタマットレスEvo(エボ)購入前に知っておきたいこと

ソムレスタEvoを購入する前に知っておいた方が良さそうだなと感じたことをまとめています。

筆者
損な気分にならないためにも事前にチェックしておきましょう。

返品不可

ソムレスタEvoは使用後の返品は不可能です。

ここ最近マットレス業界でよくあるうれしいサービス「お試し期間」というものを設けてないので、もし「身体に合わない」となっても返品することはできません。

もし返品可能なマットレスを求めているなら、こちらの「返品保証付きマットレスおすすめ」も参考にしてみてください。

分けて使うよりもソムレスタPREMIUM×2枚

ソムレスタEvoは分割すると以下の画像のように別々で使用することもできます。

ソムレスタ Evo

ただ、キルトカバーが片面しか覆えなくなるのであくまでも「臨時のみ推奨」となっています。

もし2人で使いたい場合は、分割できるからといって、ソムレスタEvoを選ぶのではなく、はじめからソムレスタPREMIUMを購入することをおすすめします。

少し硬めの寝心地

ソムレスタEvoは少し硬めの寝心地です。

腰痛持ちじゃないしふわふわ感が欲しい、という人には少し求めているものと違う可能性があります。

また、すこし硬めで反発力もしっかりしているマットレスなので、身体になじむまでに時間がかかることがあることも考慮すべきです。

人によっては数日、数週間、背中や腰が痛むことがあります。

ただその期間をクリアすると快適に眠れるという例がほとんどです。

上記ツイートの内容のように、3週間かかることもあります。

そこまで使い続けられるかがソムレスタEvoで快眠するために乗り越えるべき壁といえるでしょう。

筆者
全員がそうではなく、使ってきた布団やマットレス、そして人によります。

ソムレスタマットレスEvo(エボ)はどんな人におすすめなのか

今回の記事のまとめ的内容です。

ソムレスタEvoの特徴を踏まえたうえでどんな人におすすめなのかをご紹介していきます。

筆者
あてはまるのが多ければ多いほど、おすすめできるといえる内容です。
  • 夏も快適に寝たい
  • 暑がりで寝汗をかきやすい
  • 腰痛持ちで悩んでいる
  • 今のマットレスだと寝返りがうまくできない
  • 少し硬めの寝心地が好み
  • 厚みのあるマットレスが好き
  • カバーを洗濯したい
  • 引越しが多い
  • 押し入れにしまう可能性がある
  • 体重が70㎏以上の方
  • 身体になじむまで時間がかかることを理解している方

ソムレスタEvo自体まだ販売されてませんが、今回は公式サイトからの情報をまとめながらわたし自身の見解も入れて解説しました。

未発売のため、これから商品の詳細部分が変わるかもしれないので、その都度更新していきます。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重60㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアでスペシャリスト。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマスリープに落ち着いている。自己紹介ページ

-SOMRESTA(ソムレスタ)