睡眠不足に悩んだことのある人への具体的な睡眠改善方法を調査【500名】

睡眠改善方法 快眠 アンケート

質の悪い睡眠による弊害は、日常生活に大きく影響を及ぼします。

眠れないことの影響

  • 授業中眠くなる
  • 仕事中眠くなる
  • イライラする
  • 1日だるい
  • やる気が起きない

人によってさまざまなのであなた自身の悩みもあると思います。

眠ハックでは、睡眠を改善しようと行動した500人の方を対象にネットアンケートで独自調査をおこないました。

実際に試したことのある睡眠改善方法やその結果など、具体的な内容をうかがったのでぜひ参考にしてくださいね。

睡眠改善アンケート概要

今回、眠ハックでおこなったアンケート調査の概要です。

睡眠改善方法についての調査

  • 実施場所:ネットアンケート
  • 実施日時:2022年3月15日~3月31日
  • 調査内容:自分でおこなったことのある睡眠改善方法について
  • 調査対象者:睡眠に悩みを持つ20代~60代
  • 調査人数:500人
  • 男女比率:男性22%、女性78%
睡眠改善方法 調査 男女比 グラフ

アンケート協力者の男女比率

女性の方が睡眠の悩みを実感しやすく、改善を試みる行動に移す人が多いようです。

睡眠改善方法 アンケート 年齢比

アンケート協力者の年齢比

睡眠改善に意識を向ける年齢は、30代が最も多く、20代、40代と続きます。比較的、収入や職場での立場が安定してきている人ほど睡眠を改善する行動にでる印象です。

睡眠を改善しようと思ったきっかけ・おこなった改善方法(改善できた人)

睡眠を改善しようと思ったきっかけはなんだったのか伺いました。

回答内容

  1. 改善しようと思ったきっかけ
  2. 実際におこなった改善方法
  3. 改善できたかどうか

睡眠不足、寝つきの悪さ、仕事・ストレス、その他の4カテゴリに分けているので、気になるところをクリックしてご覧ください。

また、紹介していただいた方法や商品についてすぐに知ることができるように、該当ページへのリンクもあるのでぜひ参考にしてくださいね。






20代男性


改善しようと思ったきっかけ
ベットに入ってから1時間以上寝付けない日が続き、日中睡眠不足で調子が悪かったから。


具体的な改善方法
休日にどれだけ眠くても平日と同じ時間に起き、行動し、生活リズムを崩さないようにした。


改善後のエピソード
朝早くから予定がある日の前日に睡眠時間を削らなければいけないという心配がなくなったので、不安感がなくなりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事が夜勤を含むシフト制の為睡眠時間がバラバラで慢性的な睡眠不足に悩んでいました。


具体的な改善方法
デジタルデトックスをしました。仕事で使うPC以外のスクリーンタイムを1日1時間に制限することで自然な睡眠導入になったと思います。


改善後のエピソード
睡眠の質が変わったことで起きている活動時間がエネルギッシュに動けるようになり、気持ちもポジティブになりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
以前ストレスが原因で睡眠不足が続き、何日も眠れなかったり、布団に入ってから2~3時間眠れないことが続き、体調を崩したため。


具体的な改善方法
寝る前にスマホを見ない、カフェインを減らす、寝室に加湿器を置く等。また外の音が気になって眠れない時は小林製薬のナイトミンという温かい耳栓を使用しました。


改善後のエピソード
仕事中に眠くなったり頭が痛くなったりすることがなくなり、日中頭がすっきりした状態で過ごすことができるようになりました。眠れないことによる不安やストレスも軽減されています。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
私生活の乱れや生活環境の変化があったり、睡眠不足による過労など。


具体的な改善方法
寝る1時間前にストレッチをするのと、寝る前に白湯をマグカップ1杯飲んで体を温めてから寝る。


改善後のエピソード
今までは睡眠不足で日々の生活に影響があったり疲れが溜まりやすかった、睡眠を改善したことで生活習慣の乱れや睡眠不足、睡眠の品質が毎日改善されています。睡眠を多くとることで疲れや体のだるさも無くなりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中に何回か起きてしまい、一度起きてしまうとなかなか寝付けず睡眠不足になってしまうから。


具体的な改善方法
枕をテンピュールのものに変えた。寝る前にスマホを見ないようにした。


改善後のエピソード
朝,スッキリ目覚めることができるようになったことで、余裕が生まれた。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
とにかく寝付きが悪かったため。(お布団入って30分以上経っても眠れず、スマホ見てしまい睡眠不足に…)


具体的な改善方法
USBでじんわり温められるアイマスクを購入し、着けて寝るようにしました。結果、寝付けなかったのがおそらく5分以内には眠ることが出来るようになりました。


改善後のエピソード
熟睡が出来るようになり、朝起きたときにいやな感じがせず、スッキリと起きられる。(以前は起きるのが嫌で、起きたときの気分が悪かった。)

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
引越しなどのストレスで眠りが浅くなった時期があり、睡眠不足気味が続いたため。


具体的な改善方法
就寝前のテレビやスマホなどの使用を控え、早めにベッドに入り、本を読んだりリラックスする時間を設けた。就寝前に軽いヨガ、アロマ(無印良品)を使った。睡眠時にアイマスク(飛行機で頂いたもの)を使った。


改善後のエピソード
昼過ぎの睡魔がなくなり、何となくだるい感じが減った気がします。夜の寝つきがよくなりました。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
慢性的な睡眠不足で常に目の下のクマが酷く疲れ切っていたから。


具体的に改善できた方法は?
夜12時頃寝ていたのを10時睡眠に変えた。お風呂を寝る1時間前に変更した。


改善できてよかったと思えたエピソードは?
目の下のクマが薄くなり、日中眠くなる事がなくなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足が続き、体力、やる気が落ち生活に支障が出てしまった事がきっかけです。


具体的な改善方法
日中太陽を浴びて、外に出るようにして、歩いたり体をよく動かすようにしました。


改善後のエピソード
よい睡眠をとると、朝から体が軽く、元気に過ごせます。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
冷え症で足が冷たくてなかなか眠れず、何時間もベッドの中でうだうだしていて、睡眠不足で朝を迎えた。


具体的な改善方法
家に居る時は、普通を靴下をヒオリエのあったか二重編み靴下に変えた。


改善後のエピソード
早く寝てもなかなか寝付けなくて寝不足になっていたが、睡眠不足が解消された。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足がキッカケで集中力低下、肌荒れ、食欲不振などに悩まされました。


具体的な改善方法
寝る前に頭の中が不安なことでいっぱいになり、それが睡眠の妨げになっていました。なので、睡眠前に瞑想をして頭の中をスッキリするようにしてから熟睡できるようになりました。


改善後のエピソード
集中力がアップし、肌は綺麗になりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜にぐっすり眠れずに起きてしまうため睡眠不足に悩まされていました。朝起きた顔は疲れているように見え、気分もさえなかったため睡眠を改善しないといけませんでした。


具体的な改善方法
夜寝る前にスマホやパソコンの画面を見るのを辞めました。また、アロマを焚き、照明を暗くし寝る前にリラックスすることを心掛けました。


改善後のエピソード
前よりも夜中に起きる回数が減ったために、朝起きた時点で疲れを感じなくなりました。朝の顔もすっきりとして気持ちよく1日を始められるようになりました。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
頭痛が1番の悩みでしたがそれに続いて肩こり腰痛と痛みが増えてしまい、睡眠不足が要因の1つかもしれないと思ったからです。


具体的な改善方法
枕がずっと合わないなぁと思っていたので、まず枕を買い替えてみようと思い購入してみました。


改善後のエピソード
枕を買い替えてから、朝起きる前に頭痛があったのが改善され無くなりました。肩こりも以前よりは楽になっています。枕って大事なんだととても実感しております。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝、寝起きが辛いことや、睡眠不足のためか肌荒れが悪化したこと


具体的な改善できた方法
カーテンを遮光カーテンに変えた。今まで朝日を浴びた方が自然に目覚めると思い薄いカーテンだったが明るくて熟睡できていなかった。


改善後のエピソード
朝、仕事前のモチベーション、気持ちが改善して活気がわきました。眠いまま仕事に行くとねむい、だるいばかりでぼーっとしとしまいますが目覚めがいいと前向きに仕事の計画を考えられます。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足となり仕事や日常生活でイライラするようになり対人トラブルが続いたから。


具体的に改善できた方法は?
一日20本の愛煙家でしたがキッパリ禁煙しました。禁煙すると睡眠不足が解消されイライラもなくなりました。


改善できてよかったと思えたエピソードは?
気持ちに余裕が出て生活の全てに集中できるようになりました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
就寝しても熟睡出来ず翌朝起床した際に前日の疲れが抜けておらず睡眠不足も感じていて仕事に集中出来ず悩んでいたからです。


具体的な改善方法
寝具を変えました、枕をオーダーメイドのものにしてマットレスを高級なものに変えました。


改善後のエピソード
起床すると前日の疲れがちゃんと取れていて睡眠不足感も無くなって仕事に集中出来るようになったので悩みが解消され必然的に気持ちが晴れやかになりました。

60代男性


改善しようと思ったきっかけ
ベットに入るとなかなか寝付けずにいつも時間が過ぎていきます。そのために睡眠不足となり免疫力の低下を気にしました。


具体的な改善できた方法
まずは夜にコーヒー、紅茶をのむのですがすべてカフェインレスに変えました。またベットに入った時にアイマスクを使用してスマホを見ることができなくしました。


改善できてよかったと思えたエピソード
寝起きのだるさがなくなりました。それに睡眠不足による免疫力の低下を防いでいるという安心感があります。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝付きが悪く、なかなか眠れないため睡眠不足になり、起床時の身体のだるさが続くようになったのがきっかけで改善しようと思いました。


具体的な改善方法
就寝時に豆電球を点けていたのをやめて、部屋を真っ暗にして寝るようにしました。


改善後のエピソード
起床時に気持ち良く目覚められるので、朝の準備にかかる時間が短縮できるようになり、気持ちに余裕があります。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足になると、家事がはかどらなかったからです。また、子供たちにもイライラしてしまったからです。


具体的な改善方法
夜9時以降の間食をやめました。かわりに、ハーブティーを飲むようにしました。(スーパーなど、どこでも手に入るものです)


改善後のエピソード
全く変わりました。昼間時間を有意義に過ごせます。睡眠は、人生で最重要だと実感しています。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
原因不明の体調不良(蕁麻疹)に悩まされた為。考えられる要因が睡眠不足、質の低下だった。


具体的な改善方法
朝食にタンパク質を摂取するとセロトニンが分泌されると聞き、チーズや卵、納豆を積極的に取り入れた。


改善後のエピソード
なにをしても改善しなかった蕁麻疹の症状が出なくなった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足で感情が不安定になったり、すっきり起床できないこともストレスになり、日中など眠れぬ時に眠気に襲われたりと生活リズムも非常に不規則になっていたため。


具体的な改善方法
眠れなくてもスマホ等を触らずに、目を瞑り横になって過ごすようにした。運動不足を少しでも解消するため帰り道いつものルート以外の道を選んだり歩く時間を増やした。


改善後のエピソード
一時、安定した状態で夜に眠り朝自然に起床できた日もありました。便通が良くなった時もあり、日中も生きる気力をもち、ポジティヴに過ごせた日や六時間睡眠を継続できた日もありました。

60代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きようとすると頭が少し重くて明らかに睡眠不足で起こる症状なので何とかしないと身体まで壊すのではと思い頑張ってみました。


具体的な改善方法
サプリメントも試したのですが変わらなかったので運動をしてみようと思い前に習っていたバドミントンに行き始めたら家事と両方なので忙しくて疲れてしまうのかそれ以来ぐっすり眠れる様になったのです。


改善後のエピソード
やはり朝起きる時はとても気持ちが良くて何よりスッと起きれるので家事もスムーズにできる様になったのです。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足が続いて仕事に集中出来ない日々が続き、休みの日でも一日中だるさがあったからです。


具体的な改善方法
睡眠時間を7時間とし逆算して床につく様にしました、そして寝る前に温かい飲み物を飲んで体を冷やさないようにしスマホはいじらない様にしました。


改善後のエピソード
毎朝スッキリ起きれる様になり、だるさもなくなり1日が気分良く過ごせる様になりました、どんなに忙しい時でも睡眠時間をしっかり取る様にしています。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足が続くと、働いている時の集中力が途切れてミスに繋がるから。


具体的な改善方法
寝る前にダンベルを用いて軽い運動を行うことで、ほどよい疲れを感じて眠れます。


改善後のエピソード
よく眠れると寝起きが良く、目覚ましがなくても起きられます。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
適応障害で寝付くことができなくなり慢性的な睡眠不足で体がもたなくなったため。


具体的な改善方法
眠れない日が続けば眠れる日がくると思ったが全く改善が見られず心療内科へ行き、漢方と睡眠導入に効果のある薬を処方してもらった。


改善後のエピソード
適応障害の症状が少し改善された。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝付きにとても時間がかかり、慢性的な睡眠不足が続いていたため。


具体的な改善方法
入浴する時間帯を、就寝1時間前だったのを、就寝2時間半前に変更した。


改善後のエピソード
ちゃんと眠れているという安心感が得られ、日中のパフォーマンスの向上につながっている気がします。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪くなったり、朝起きるのが苦痛になったりと、加齢とともに睡眠不足になりやすくなったのを感じたことです。


具体的な改善方法
自分自身へのツボ押し含むマッサージをしてみるようになりました。特に肩・首、ふくらはぎ・足裏へのマッサージに効果を感じました。


改善後のエピソード
入眠がすんなりゆくようになり、夜中に目が覚めることも減りました。朝も起きやすくなったように思います。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
なかなか眠れないと、睡眠不足になったり、朝起きられなくなったりした。


具体的な改善方法
枕が高すぎるかと考え、枕の高さを調整。今は枕ナシで寝ています。


改善後のエピソード
些細な心配事が気にならなくなり、幸福度が増した気がします。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
子どもが小さいこともあり夜中通して寝られることが少なく、昼寝も出来ないので常に睡眠不足な状態だったため。


具体的な改善方法
夜は何が何でも12時には布団に入るようにすることを心がけ、夜やりきれなかったことは朝少し早起きしてやるように変えた。


改善後のエピソード
以前は子どもの寝かしつけの時にうたた寝してしまい、ダラダラ夜起きていることが多く、リズムが崩れて睡眠不足になっていたが、寝る時間を決めることでメリハリをつけて睡眠時間が確保出来るようになった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝ようと思った時になかなか寝付けず、次の日に睡眠不足になることが続いたため。


具体的な改善方法
寝る前に携帯を見ることをやめた、寝る前にストレッチをしてから寝るようにした。


改善後のエピソード
少し寝る前の行動を変えるだけで、睡眠を以前より取ることができ、日中眠たくなることが少なくなりました。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事への集中力の向上と肌荒れに対する対策として睡眠不足の改善をしようと思いました


具体的な改善方法
シャワーだったものを半身浴へ変更し寝る前に白湯を毎日飲むようにしました


改善後のエピソード
朝の目覚めや肌荒れの改善ができてよかった。鏡みてげんなりすることが減りました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
布団に入っても眠れず、1時間以上布団の中で起きてしまい、寝不足になってしまった。


具体的な改善方法
ユーチューブ動画のおすすめで、寝る前にカモミールティーを飲んで寝たところ、すぐ睡眠に入ることができた。


改善後のエピソード
眠りが早くなり、寝起きが良くなったので行動制限が減った。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
子供の寝かしつけをするのですが、夜中泣いて起きてしまうので寝不足になってしまうことです。


具体的な改善方法
日中、やりたいことがあっても眠くなったら我慢しないで少しだけでも昼寝をするようにしました。


改善後のエピソード
ほんの少しだけでも昼寝をすることで、スッキリするということがわかりました。次やるべきことも効率よくこなせます。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
私生活で大変な時期があり、ストレスで、寝つきも悪く、眠りも浅く、明け方に目も覚め、毎日寝不足状態が続きました


具体的な改善方法
日光に当たった方が良いとのことだったので、日中できるだけ散歩をするようにしました


改善後のエピソード
睡眠不足が続く間はとてもマイナス思考に陥りましたが、改善するにつれ、治りました。快適な睡眠は本当に大事だと思います。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
毎日睡眠時間がずれるので、寝不足になることもあり決まった時間に眠れるようにしたいと思いました。


具体的な改善方法
5kgのダンベルを買ったので、それを使って就寝する前に軽い運動を始めました。


改善後のエピソード
寝覚めが良くなったので、朝の支度などする動きが速くなりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
交代勤務で夜勤があり、寝不足が続き体調を崩した為に改善したいと思いました


具体的な改善方法
睡眠導入剤 スリーピン いつも睡眠時間3時間位でしたが7時間位寝れるようになりました。


改善後のエピソード
子供に厳しく当たってしまいがちでしたが、寝不足が解決し、ゆとりがでました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝不足で仕事中なども眠くなることが増えた。年を重ねて睡眠によって肌の状態が変わることを実感した。


具体的な改善方法
寝る前の30分前からスマホを見るのをやめて柔軟体操をすることにした。


改善後のエピソード
朝スッキリ目覚めることができるようになった。朝目覚めがいいとゆっくり支度もできて1日フレッシュな気持ちで過ごすことができる。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
昼夜逆転生活になり日中に予定を入れると寝不足で体調を崩していたから


具体的に改善できた方法は?
コーヒーが好きで寝る直前まで飲んでいる習慣をやめた。(トイレで起きてしまっていた)


改善できてよかったと思えたエピソードは?
寝るリズムが整って朝活など1日を有意義に過ごせるようになった

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、寝不足でしんどいかもって思ったことがきっかけです。


具体的な改善方法
夜についついコーヒーを飲んでしまっていたんですが、それを辞めました。たったそれだけですが、前に比べて寝つきが良くなった気がします。


改善後のエピソード
しっかりと睡眠の時間をとることができたことで寝起きもいいので朝やる気が出る気がします。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝不足や生活リズムの乱れで体調やメンタルが壊れてまずいなと思い改善しようと思いました。


具体的な改善方法
まずはYoutubeをフルに活用しました。快眠ヨガや睡眠用BGMなどあらゆる動画を見ました。寝る直前の行動も意識して直すようにしました。


改善後のエピソード
やはり気持ちが大分変りました。体も精神も元気になり自分の体が安定し元気になっているのが自覚できたので明るくなり自己肯定感も上がりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝不足気味だったから寝方を改善しようと思いました。朝起きた時、何か眠たいからです。


具体的な改善方法
枕を高いのから低い感じの枕にしたら首にかかる負担が軽減されたからです。ニトリの枕に変えたらぐっすり眠ることができました。


改善後のエピソード
昼間、眠たくなくなって仕事がしやすいからです。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝不足で朝起きるのが辛くなり、昼間も眠気がひどいため。体調が悪くなすく免疫力が落ちてきたため。


具体的な改善方法
毎晩シャワーだけでなくお風呂につかるようにした。カフェインは夕方くらいからは摂取しない。


改善後のエピソード
早く眠りにつけるようになった気がする。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝不足で仕事でミスが増えてしまって、ちゃんと寝たらいいかなと思ったからです。


具体的な改善方法
足を上げるといいよと聞いたので、足枕を置いた。ノーブランドの普通のどこにでもある長めの枕。


改善後のエピソード
仕事の意欲がわいてミスすることがなくなったのと、積極的に取り組めるようになった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝不足で仕事中に眠くなってしまい仕事に集中できてなかったり、体の疲れが取れずにキツく感じることがあったから。


具体的な改善方法
子供が寝た後に自分の時間がほしくてスマホを見ていたがそれをやめた。


改善後のエピソード
スッキリしている日があり、身体の疲れも良く取れるため、子供と遊ぶのが辛くなくなった。。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝不足による日中の集中力の低下。お腹が減らず朝食を抜いてしまい、力がでなかった事に悩んでいた。


具体的な改善方法
単純な事だが、早寝早起きを徹底した。0:00に就寝していたが10:00前には寝るようにして、最低でも7時間以上の睡眠時間を確保した。


改善後のエピソード
時間の有効活用ができた。特に朝の時間帯は特別な時間だ!

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
子供がいるため少しの物音でも起きてしまい、毎日寝不足だったため。


具体的な改善方法
子供がいるため少しの物音でも起きてしまい、毎日寝不足だったため。


改善後のエピソード
朝の目覚めが良いため、1日はつらつと過ごすことができます。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪くてなかなか眠れずにいることが辛くて、寝不足にもなってしまうから。


具体的な改善方法
就寝前にストレッチをして血行を促進し、コリをほぐしてリラックスする。


改善後のエピソード
心に余裕ができ、イライラすることが減った。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
不眠症で寝つきが悪く日常生活で体調不良になることがよくあったため。


具体的な改善方法
夜10時には寝るように生活習慣を変え、アロマオイル入りの加湿器を使用するようにした。


改善後のエピソード
健康的な生活を送ることで日々の充実感が増した。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、眠りが浅いのか夜中も目が覚めてしまうことが多かったことです。


具体的な改善方法
特にこだわりがなく、安価で薄いマットレスを使用していましたが、思い切ってトゥルースリーパーに変えました。


改善後のエピソード
昼寝をすることがなくなったので、寝る時間も夜遅くなることがないので、規則正しい生活リズムがつきました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夫の仕事が朝早いため早起きをしないといけないので寝つきが早くなって睡眠の質を高めたいと思ったから


具体的な改善方法
今まで冬場は乾燥するのが嫌なのと電気代がかかるのが嫌で就寝時にエアコンをつけずに寝ていましたが、引越しを機にエアコンを付けて部屋をあたためるとすぐ眠れるようになりました。


改善後のエピソード
翌朝の寝起きのスッキリ感が違うと1日のはじまりも違う気がします。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、何度も目が覚めてしまうことが続いたので、これは改善しなくてと思い始めました。


具体的な改善方法
低い柔らかい枕だったのを、硬めの高い枕に変えました。そして、体が温まるように電気毛布で布団を温めてから寝るようにしました。


改善後のエピソード
睡眠がしっかりとれるようになったので、朝も比較的すっきりしています。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
早く寝れず、寝つきが悪かったことや身体のだるさや頭痛が毎日続きやすかったため。


具体的な改善方法
昔から使っていたぺちゃんこになった敷布団を硬めの高反発マットレスしたことや枕を首に負担の少ない物に変えた。また、頭の中で数字だけを数えていく方法を実践した。


改善後のエピソード
肩こりや頭痛が軽減し、身体が以前より楽になったと感じた。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
腰痛持ちで寝つきが悪く翌朝もスッキリしなかった為睡眠改善しようと思いました。


具体的な改善方法
寝具を見直し、綿の昔ながらの布団から、マットレスに変えてみました。


改善後のエピソード
腰痛改善でカラダが痛くて夜中目が覚めることが少なくなりました

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、一度寝れなくなると眠れなくなってしまったこと。それでいて運転中や仕事中に眠氣がきて危ないことが何回もあったから。


具体的な改善方法
出来る日は、なるべく9時以降は携帯や、テレビをみるのを控えた。ハーブティーをブレンドしてもらって飲んだりしていた。


改善後のエピソード
日中がこころもカラダも元氣になった氣がする

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪くて、入眠するまで2時間ほど要し次の日も身体がだるくなってしまっていた。


具体的な改善方法
寝つきが悪くて、入眠するまで2時間ほど要し次の日も身体がだるくなってしまっていた。


改善後のエピソード
頭がスッキリして、その日を充実したら過ごせる。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
夜勤が多く、通常の夜寝る際に寝つきが悪かったので改善しようと思いました。


具体的な改善方法
通常の枕から低反発枕に替えたのと、早めに照明を消して暗くしたことです。


改善後のエピソード
頭がすっきりして、頭痛の頻度が減りました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
勉強が忙しく、寝つきをよくすることで、ストレスを減らしたいと考えたことです。


具体的な改善方法
アプリを使用して、ベッドに入ってから心拍音の音楽を流しました。15分ぐらいすると自動で止まり、心地よい睡眠を促してくれます。


改善後のエピソード
疲れが以前よりもとれるようになった気がします。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
夜、寝つきが悪くなることが多くなり、日中に疲れが残ることが多くなった。


具体的な改善方法
定期的な運動習慣を取り入れることにした。週2回ほど、汗をかくくらいの運動。加えて、禁酒を行うようにした。


改善後のエピソード
日中をパワフルに活動できることができ、その分疲れるので、夜も眠りが自然に来るという好循環を手に入れた。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
交代勤務をしていて寝つきが悪くなったことがきっかけです、睡眠が浅くなりすぐに起きてしまうことが多くなりました


具体的な改善方法
まず最初に行ったことは枕の改善です。今までどこで買ったかわからない枕つかってましたが、ネットで検索してニトリのホテルシリーズに変えたら気持ち良くねれるようになりました。


改善後のエピソード
やはり睡眠が満足に取れないとイライラして機嫌悪くなりますし、気持ちも沈むことが多かったのでそこが改善できたと思います。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪い事は、その分睡眠時間をロスしている事に気づきました。


具体的な改善方法
早朝の朝日は脳に良く、午前中の日光もまた体内時計を調整するなど、睡眠改善効果は体感出来ました。


改善後のエピソード
起床後の目覚めはよく、2度寝したいという気分は軽減化され、午前中の眠気なども軽減されました。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきがとても悪くて、なかなか眠ることができなくて、何とかしたいと思っているから


具体的な改善方法
部屋を暖めて、枕を変えて、いい香りをさせるようにすることで、リラックスできるようにした


改善後のエピソード
ゆったりと寝ることで、朝起きた時にとても気持ちがよかったなあと思えるようになりました

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪い、朝起きると体が痛かった為。また熟睡できず、夜中に起きてしまうことがあった為。


具体的な改善方法
布団を使用していたが、厚み90cmマットレスの上にニトリで販売されている低反発マットレス(薄め)を引くようにしたら熟睡できるようになった。


改善後のエピソード
少ない時間でも熟睡できることで就業中もあまり眠気がこなくなり、集中力も上がった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、ベットに入っても全然眠れないので昼間の勤務時間にかなり眠気が酷かったので。


具体的な改善方法
寝る時以外はベッドにいる事をやめました。眠くなるまでベッドに入らないのを徹底。


改善後のエピソード
寝つきが悪い頃は朝起きるのもかなりしんどかったのですが、今はすっかり起きれるので朝の準備も余裕を持つことが出来るようになりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事のストレスなのか、眠りが浅く、寝つきが悪い上に早朝覚醒し心身共に疲弊したので


具体的な改善方法
遅くても寝る30分前前にスマホを触らないようにし、使い捨てのホットアイマスクをするようにしました。


改善後のエピソード
呼吸が苦しくなくなってきました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪くどんなに疲れていてもうまく眠れないため、疲れが取れない日々が苦痛でした。


具体的な改善方法
布団や枕に巻いているタオルの素材を全て自分の好きな素材に変えました。


改善後のエピソード
心の持ちようが明るくなった気がしています。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く朝起きた時に頭が重くて日中仕事に集中できなくなったので改善しようと思った。


具体的な改善方法
夕飯後20時ぐらいに普通に入浴をしていたのですが、寝る前の23時に半身浴をするようにした。


改善後のエピソード
日中明るい気持ちで仕事に集中できるようになった。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、布団に入ってからなかなか寝られず、朝の目覚めもすっきりしなかった。


具体的な改善方法
以前は、入浴後テレビみたり、ごちょごちょしてたが、布団に入る直前に入浴するようにした。


改善後のエピソード
だらだら過ごしていた時間が減り、自分のスキルアップの時間が増えました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝ようと思っても色々なことを考えてしまい、なかなか寝つきが悪く布団の中でごろごろしてしまうことが多かった。


具体的な改善方法
寝る30分前からスマホ画面を見ないようにし、布団に入ったら少し難しめの学習用の本を眠くなるまで読むようになったら寝つきがよくなったし眠るまでの時間を無駄にしてしまったという罪悪感もなくなった


改善後のエピソード
寝るまでのゴロゴロしてた時間を無駄にしてしまったという考えがあったが今は勉強してるということで罪悪感がない。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、寝ても2・3時間経つと起きてしまって全然寝た気がしなかったから。


具体的な改善方法
抱き枕を買って、寝室にスマホを持っていくことをやめました。寝る寸前までスマホだったのをやめた。


改善後のエピソード
朝からすっきり気持ちを切り替えられるので、だらだらしなくなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
甲状腺の病気を患ったせいで、疲れているのになかなか寝付けないようになりました。今は通院して投薬で症状が改善しているので、寝つきも良くなったのですが、病気を機に睡眠について考えるようになりました。


具体的な改善方法
友人におすすめしてもらったストレッチです。YouTubeでズボラストレッチというチャンネルの寝る前ストレッチを試したところ、寝つきが良くなりました。


改善後のエピソード
しっかり寝ると日中のパフォーマンスが上がります。睡眠時間がしっかり取れた日は、昼食後も眠気を感じなくなりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
なかなか寝付けずに仕事にも影響するようになり、体を崩すことが増えたから。


具体的な改善方法
寝具をいいものに替えて、その後生活習慣を変えた。寝る前1時間は必ずスマホなどを見ないようにした。


改善後のエピソード
仕事中に眠くなることが減り、体の動きが軽くなった気がする。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪くなり、布団に入っても何時間も寝れず、次の日の朝がとても辛くなってきた為


具体的な改善方法
寝ながらスマホを見ていた習慣をやめた。心地よい寝室になるため簡易的なプラネタリウムを置いた。


改善後のエピソード
すぐに眠れるようになったら、朝が辛くなくなった。肌荒れもなかなか治りにくかったのですが、睡眠の質が良くなった事で、肌荒れが治るスピードも早くなりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜布団に入ってからもなかなか寝付けず、そのせいで朝の目覚めもすっきりしなかった。


具体的な改善方法
夜寝る前の習慣を変えました。少し部屋を薄暗くして過ごし、テレビやスマホをなるべく使わないようにしました。


改善後のエピソード
寝つきが良くなり、朝も比較的爽快に過ごせるようになりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
途中で目が覚めてしまったことが多々あること、寝つきが悪くなったこと


具体的な改善方法
カインズの枕から天使の深睡眠マクラに替えてから深く眠れるようになった。


改善後のエピソード
仕事などの途中で激しい眠気に襲われることがなくなった。

60代女性


改善しようと思ったきっかけ
肩こりや頭痛が慢性化していて寝ていても痛みで目が覚める時があるから。


具体的な改善方法
ニトリで買った3000円くらいの低反発マクラ遠使っていたがテンピュールの枕に買い替えた。


改善後のエピソード
寝つきが良くなり目覚めたときスッキリとする。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪くいつも布団に入ってから1、2時間眠りにつくことができなかったため


具体的な改善方法
寝る前のストレッチ、特に首や肩が凝りやすいタイプなのでそこを重点的にしてみました


改善後のエピソード
寝る時間が増えることで日中のだるさは軽減したと思います。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く夜中に何度も起きてしまう。年齢も関係するとは思ったが何か対策があるのではと思った。


具体的な改善方法
羽毛布団を少し厚めのものに変えたり薄い毛布、掛け布団、毛布とかける順番を変えた


改善後のエピソード
十分な睡眠時間が取れているのか昼間に睡魔に襲われることが少なくなってきた

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
産後から寝つきが極端に悪くなりすぐになることができなくなった。


具体的な改善方法
ベットに子供と一緒にはいったら絶対にスマホをいじらないようにした。


改善後のエピソード
昼間ぼーとすることがなくなりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝ても仕事の疲れが取れないことが多くて、寝つきも悪い日が続いたため。


具体的な改善方法
まくらの専門店に行って、自分に合う高さややわらかさの枕を使った。


改善後のエピソード
日々の睡眠が向上したことで日中気持ち良く過ごせている。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
夜は寝つきが悪く、睡眠時間も短くなり、翌朝起きた時も疲れが残っているという状態が続いたから。


具体的な改善方法
高めの枕を使っていたが低い枕に替えて、呼吸がし易く首への負担が少ない体勢で寝るようにした。


改善後のエピソード
翌日の目覚めが良くなり、疲れが残り難く、身体が軽くなった感覚がある。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、夜中に何度か目が覚めるなど熟睡できていないように感じるから。また。朝起きた時に疲労感が残っているように感じたから。


具体的な改善方法
友人から、サントリーの「快眠セサミン」というサプリメントを勧められ、飲んでいます。


改善後のエピソード
朝起きるのが楽になり、日中に眠たくなることがなくなりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきはもともと良く睡眠の時間だけをみると十分とれてはいたのですが、十分な時間寝ているその割には疲れが抜けきっていない気がしたから。


具体的な改善方法
ドライヘッドスパ(施術時間:20~40分)に、月1~2回の頻度で通うようにした。


改善後のエピソード
朝スカっと目が覚めると、一日のモチベーションが違ってきます。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く、寝るまでに1時間以上要していて体調が悪化していたから


具体的な改善方法
枕を記憶形状に変えて睡眠導入音楽を寝る前に必ず聞くようにした。


改善後のエピソード
スッキリ眠れることがこんなにも身体を軽くするなんて知らなかったので、日々快適に過ごせてる。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
冬場寝つきが悪く、夜中や明け方に目が覚めて眠れなくなることが多かったので。


具体的な改善方法
寝具(敷パッド)を保温性の高い物に変え、電気毛布を購入し、寝る前まで布団を暖めるようにした。ベッドに近い窓に遮熱カーテンをつけた。


改善後のエピソード
日中、あまり眠気を感じなくなりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
昔から寝つきが悪かった。その後、寝つきだけでなく、朝までの間に何度が目が覚めるようになったから。


具体的な改善方法
あまり運動をするタイプではなかったが、毎日の通勤時に一部歩くようにした。距離にして4kmで、それ以来睡眠が改善されてきた。


改善後のエピソード
目の疲れが残らないようになったことで、読書やDVD鑑賞などの楽しみが増えた。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
ショックな事が起こり、ストレスで夜の寝つきが悪くなり、途中で目が覚めるようになった。


具体的な改善方法
寝る前に暖かい牛乳を飲んだり、ボディークリームで足先と手をマッサージするようにした。


改善後のエピソード
朝起きた時の怠さがなくなり、日中の集中力も高まり、仕事が捗るようになった。

60代女性


改善しようと思ったきっかけ
年齢とともに、寝つきが悪くなってきて、どうやったらすぐに寝れるかを考えるようになった


具体的な改善方法
夜寝る時間を夜の12時くらいから10時に変更して、寝る前にカフェインをたらないようにした


改善後のエピソード
朝起きた時の目覚めがよく、身体が軽くかんじられていいです。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
以前は深夜まで仕事をして昼前まで寝る生活をしていたのですが、結婚をして朝必ず起きなければならなくなったので。それなのに寝つきが悪くて困っていました。


具体的な改善方法
毎日湯船につかる、毎日運動を一時間ほどする、寝る前に携帯やテレビを見ないようにする。


改善後のエピソード
気持ちが落ち込むことが少なくなりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事のストレスからイライラして寝つきが悪くなり、それに伴って寝起きも悪かったので。


具体的な改善方法
風呂、食事の時間を変えました。なるべく早く済ませて、テレビやスマホを控えていました。


改善後のエピソード
やれる対策はたくさんあるなぁ、というのとストレスが原因だったほで、ストレス軽減についてもっとよく考えるようになりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜眠れなくて時間が経ち朝方眠くなり仕事に遅刻しそうになり悪影響となった。


具体的な改善方法
初めは薬に頼っていたが今は枕を少し低くする事とふかふかのタオルを頬につけて寝ると寝つきが良い。ベッドのマットレスを高反発のものを買い追加した。


改善後のエピソード
寝た感じがある事で一日中頑張れそうな気分になる。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事が忙しくなり、寝る前に仕事のことが頭から離れなくなり寝つきが悪くなってしまった。


具体的な改善方法
寝る前に、ハーブティ(ハーブ専門店enherbの「ぐっすりおやすみしたい時に」というハーブティ)を飲むようにしてみました。


改善後のエピソード
寝つきがよくなり、朝起きるのがに楽なりました。1日の始まりが心身ともにスムーズになったと思います。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く眠りも浅かったので体調も良くなかった。肌荒れもしょっちゅうした。


具体的な改善方法
寝る前にテレビや携帯電話を見るのを控えた。瞑想をするようになった。


改善後のエピソード
朝の目覚めが良くない、心が落ち着きやすくなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
昔から寝つきが悪かったのが悪化して毎日夜中3時くらいまで眠れなくなってしまい生活に支障が出たため


具体的な改善方法
スマホやPCは早めに切り上げ日付が変わる前にやめた。シャワー多めの生活だったのを湯船にもまめにつかるようにした。


改善後のエピソード
睡眠時間が増えることで疲労が改善され、日中元気でいられるようになった

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝ている時にいびきがすごく寝つきが悪く疲れが取れなかった為。


具体的な改善方法
今までは普通に寝ていたのを鼻呼吸で寝るようにしたことと、そのためにドラッグストアで売っている口止めテープをつけて寝るようにしたら疲れが取れるようになりました。


改善後のエピソード
疲れがすごく取れたことと、仕事がうまくいくようになりました。睡眠はとても大事です。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきがわるかったり、夜中に目が覚めてしまうことが続いたから。


具体的な改善方法
まくらを低反発のものから、ニトリのホテルスタイル高さ調整羽毛まくらに変えた。


改善後のエピソード
仕事中にあんまり眠くなくなった。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事中に眠気に襲われたり、寝坊して遅刻してしまったりしたこと


具体的な改善方法
結構前にYouTubeで見た方法です。全身が溶けていく様をイメージ、とにかく脱力します。そのときなるべく考え事はせず、海に浮かんでいる様子など、リラックスできる情景を意識します。


改善後のエピソード
昼間の眠気がある程度改善され、仕事中にうたた寝することが少なくなりました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
翌日の仕事(午前中)の集中力が入らずポカミスが連日続いてしまった為


具体的な改善方法
寝る前にラジオ体操等の体操を行い冷たい水をコップ1杯飲んでから寝ます


改善後のエピソード
改善したことにより朝の目覚めが格段に変わりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
過去にブラック企業で働いていて、残業や仕事の人間関係の悪化から自律神経失調症になり、夜眠れなくなった。


具体的な改善方法
めぐりズムの蒸気でアイマスクの使用、無印良品や生活の木でアロマディフューザーやアロマオイルを買い揃えた。寝るときにYouTubeでヒーリング音楽をかけるようにした。


改善後のエピソード
寝る時も常に会社や人間関係の悩みが浮かんで眠れなかったが、良い香りや音楽のおかげで嫌な日常から離れる時間を作ることができた。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝まで寝付けず、睡眠を取らない状態で翌日仕事に向かうことがあった為


具体的な改善方法
朝まで寝付けず、睡眠を取らない状態で翌日仕事に向かうことがあった為


改善後のエピソード
朝の時間を有効活用するように心がけるようになりました。時間に余裕を持って行動するようになったと思います。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝る時になると色々な事が頭に浮かび、寝付けずに睡眠時間が4時間だったりが続き、仕事でもミスを繰り返すようになったのがきっかけです。


具体的な改善方法
低反発枕をビーズ枕に交換、寝る前にストレッチをするようにした、目を閉じている時の瞼に映るものに集中するようにした


改善後のエピソード
睡眠が足りていないと、常に何かに対してすぐイライラしがちでしたが、改善できたら心にゆとりが持てるようになりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
中々眠ることができないのと、眠ったとしても悪夢ばかりで寝ること自体を恐怖する時があったから。


具体的な改善方法
枕の位置を後頭部だけに敷いていたが、後頭部と首と背中(肩から肩甲骨あいだ)の広い範囲に敷くことにした。寝る時に睡眠導入の音など聞くようにした。です。


改善後のエピソード
寝ることが出来たとしても浅すぎて結局寝坊だったり、昼間はずっと眠かったり作業効率が悪く間違いも多かったです。ですが、きちんと寝ることが出来た日は脳が冴えて仕事も捗ります。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事中に昼間に睡魔を感じる事がありパフォーマンスが下がると感じた


具体的な改善方法
一日のトータル睡眠時間は確保していたがアイマスクをつけて寝るようにした。


改善後のエピソード
以前より集中力が増した。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
ぐっすり眠らないと、疲れが溜まってしまって、昼に何もできなくなるので睡眠改善しようと思いました。


具体的な改善方法
毎朝6時に起きて30分ヨガをする。午前中によく動き、コーヒーも午前中のうち飲むようにしました。


改善後のエピソード
体が疲れにくくなり、仕事で人の話を聞いていても上の空になりがちだったのが、それがなくなった。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事での集中力が散漫になってしまっていたことと運転中眠気で事故に合いそうなことが何度かあったため。


具体的な改善方法
睡眠1時間前はテレビ、携帯、パソコンなどを見ないようにしてお風呂で湯船にゆっくり浸かりストレッチをすることと散歩やジョギングなど体が疲れて睡眠できるように工夫しました。


改善後のエピソード
車の運転中も安心ですし、仕事中も集中できるので余計なことに気を取られたり集中力が乱されるようなことが減ったようなきがします。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
うつ病気質で、精神疾患持ちで、悩み症な為です。仕事でのストレスなど些細なことですぐ睡眠に問題が出るので悩んでいました。


具体的な改善方法
カフェインをとらないようにしたら、眠気が起こるようになりました。


改善後のエピソード
気持ちが少し前向きになれるような気がします。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事での虐めから精神的にも辛くなり病院に行ったがカウンセリングなし。「カウンセリングもしない病院で薬もらうだけなら自分で勉強して治してやる」と睡眠から改善し始めていました。


具体的な改善方法
毎日、一時間の散歩や軽いジョギング(犬の散歩)を始めました。また、骨折をキッカケに通ったリハビリの病院での整体治療が身体に合ったので、通うようにしてメンテナンス指導を受けています。


改善後のエピソード
仕事や人間関係で物凄くネガティブになることが多かったのですが、前向きに過ごせるようになったと思います。興味があることや自分の為になる経験を積むための時間を作るようになりました。

60代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事が肉体労働で、非常にハードであり、朝、早く起きる必要があったため。


具体的な改善方法
夜、寝る前にヨガを含めた柔軟体操をして、体をほぐして寝るとぐっすり眠れて、つぎの日に体が軽くなる。


改善後のエピソード
ぐっすり寝ないと次の日の仕事に影響するので、持続的な体力の維持ができるようになった。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きると、頭が重く、午前中のやる気が全くでないような状態でしたので、睡眠を見直そうと思いました。


具体的な改善方法
一日二箱吸っていた煙草をやめました。後は部屋に換気扇がついていたので、寝るときは空気の入れ替えでずっと回していました。


改善後のエピソード
絶対に仕事の日は昼寝をしないと午後から眠くて仕方なかったのが、今は、昼寝をしなくても全然一日乗り切れます。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
中々寝付けず、翌日の仕事に大きく影響してしまうため。気分が落ち込みやすくなるため。


具体的な改善方法
寝る際に必ず、めぐりズム蒸気でホットアイマスク完熟ゆずを使用した。


改善後のエピソード
次の日起きやすくなり頭がスッキリしました。

50代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事上の疲れ、特に翌日に頭をすっきりさせ、仕事の効率を上げる。


具体的な改善方法
隙間時間を見つけて、ジョギングわ30分から1時間程度、毎日行うこと


改善後のエピソード
仕事をするうえで、一番大事な頭のすっきり感、頭が軽くなった感じが得られるようになった。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
24歳のときに仕事がきっかけで不眠症になり、継続的な睡眠が取れなくなった


具体的な改善方法
寝る前にお風呂に5分浸かり、ストレッチをしてから目薬を刺してから寝る


改善後のエピソード
継続して寝れるので次の日の疲れ方や気分が晴れた感じになります。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
病院で検査をすると、「血液がドロドロ」と言われ、睡眠改善を勧められたから。


具体的な改善方法
寝る時間帯を変えた。生活を夜型から昼型に変えると、睡眠が苦痛で無くなった。


改善後のエピソード
睡眠が改善されると、イライラしずらくなり、仕事が捗る。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
子どもを産んでから夜中授乳してたこともありそのまま不眠になってしまった


具体的な改善方法
筋肉をほぐす薬を処方され飲んでいる。寝る前にあまり仕事のことなど辛くなることを考えすぎない


改善後のエピソード
よく眠れた日はイライラしないし、ゆったりとした気持ちで一日過ごせる

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事を変えたことによってライフスタイルを変えることになったから


具体的な改善方法
夜、居酒屋などにお酒を飲みに行くことや自宅での晩酌を辞めた。


改善後のエピソード
朝、早く起きることによって生活のサイクルが一定になった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
毎日なかなか寝付けないことが多く、昼寝が長くなって夜寝れないことの繰り返しだったのでどうにかしなければいけないと思った。


具体的な改善方法
布団からベッドに変えたり、週1以上はお風呂に浸かるようにしてます。


改善後のエピソード
仕事がはかどるようになったり、以前よりやる気が出てくるようになりました。

50代男性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きて首がいたく、疲れが取れないので日中の仕事に集中できない。


具体的な改善方法
10時に早く寝るように、寝る前に一杯の水、枕を低反発、低反発マット


改善後のエピソード
睡眠の重要性をかんじました、日中の集中力が続きます。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅いのか、夜中に何度も目が覚めてしまうことが続いて、起きた後もすっきりしない状態が続いていました。


具体的な改善方法
今までは仕事から帰ってきたらすぐにお風呂に入っていたのを、寝る少し前に入浴時間をずらすことでしっかりと熟睡できるようになりました。


改善後のエピソード
集中力が持続するようになり、仕事やプライベートでも充実感を味わえるようになった。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
日中よく眠くなり、仕事に支障が出てきていると感じたからです。


具体的な改善方法
枕を低反発の高級な物に変えました。またなるべく部屋を暗くして睡眠環境を整えました。


改善後のエピソード
昼に眠くなることも減り日々元気に過ごせるようになりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
妊娠をきっかけに眠りが浅くなった。明け方やっと眠れるような状態で眠気で産休前の仕事がとてもつらかった。


具体的な改善方法
ココデシカの抱き枕を使い始めたらシムス体型が作りやすくなったのかよく眠れるようになった。


改善後のエピソード
日中に眠気がいくらかマシになった

30女性


改善しようと思ったきっかけ
眠れない日々が続いて仕事のときに、眠気に襲われ集中力がなくなったりした。


具体的な改善方法
CBDという成分が安眠効果があると知り、CBDを吸引して取り込んだ。


改善後のエピソード
ストレスが減った。イライラする機会が減った。

50代男性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠が十分にとれていないと日中の、特に仕事のパフォーマンスに影響するから。


具体的な改善方法
お風呂に入ったらすぐに寝る。その際にスマホやPCには意識して触れない・見ないようにする・


改善後のエピソード
気持ちが常に前向きになり、仕事が楽しくなった。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
次の日のやる気や仕事効率が低下していたため、改善したいと思った


具体的な改善方法
英語や韓国語を勉強して普段使わない脳を使うとよく眠れた。発音練習で普段使わない口回りの筋肉も使


改善後のエピソード
考え方や起きたことに対してポジティブに考えられるようになれた。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
生活リズムが規則で仕事に集中できず、その疲労のせいで休みの日に寝て過ごすことが増えたからです。


具体的な改善方法
平日、休日の起床時間を6時に統一させたことです。今までは休日は昼まで寝ていましたが、それを一切やめました。


改善後のエピソード
睡眠の安定は心の安定につながるので、朝起きた時に気分がすっきりして午前から活動的になりました。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事で夜勤をしているため生活リズムが不規則になるため改善しようと思った


具体的な改善方法
目元を温めてくれるアイマスクを買った。アイマッサージ蒸気でホットアイマスク


改善後のエピソード
起きた時の目覚めがよくなったり、日中の眠気が減る。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
年と共に以前は無かった夜中に目が覚めることが多くなった。また、以前より夜更かし気味で朝は中々起きられず、日中も仕事に集中できないことが多かったので、これからの人生を考えて睡眠を見直そうと思った。


具体的な改善方法
夕方以降にカフェインを取らない。快眠になると聞いてビタミンDのサプリを摂取。不規則な夕食の時間を寝る3時間前までに終わらせる。間接照明を消して部屋を真っ暗にして寝る。


改善後のエピソード
夜中に目が覚めることがなくなったことで朝の目覚めが良くなり、1日を良い気分で始めることができるようになった。日中眠くなることがなくなったため仕事の生産性が上がり、残業時間を減らすことに繋がった。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
浅い眠りが続いていたので改善しようと思いました。


具体的な改善方法
仕事とか悩みもありましたが運動をするようになりました。具体的に言うとウォーキングとかです。


改善後のエピソード
イライラがなくなった気がしますし、余計なことで落ち込まなくなりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事で不安なことがあるとなかなか寝つけなくなったり、奇跡的に眠ることができても何度も目が覚めて、眠った気がしません。それが数ヶ月続いたので、ちゃんと眠らないと倒れるなと思ったことがきっかけです。


具体的な改善方法
疲れたらお風呂に入らず寝ることが多かったのですが、それを寝る2時間前に必ず入って、さらに湯船に浸かって体を温めるようにしました。


改善後のエピソード
ちゃんと眠って頭を休ませることができているので、仕事に集中できるようになりましたし、イライラすることが減りました。『睡眠』をどこか甘く考えていたのですが、ちゃんと眠るのは大切なことだと気づきました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
昼と夜の仕事が交互に入る事が多く睡眠バランスがおかしくなり改善したいと思いました。


具体的な改善方法
お風呂上がりにすぐ布団に入る様に心がけた事とリラックス効果のあるリフレッシュスプレー等を枕にかけたりしました。


改善後のエピソード
睡眠をしっかり摂るとこで身体が以前より軽くなったのと寝酒もしなくなり健康的になった気がします!

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
ベッドに入って寝ているのに全く眠れた気がしなかった。日常生活に支障が出るようになった。


具体的な改善方法
安い枕から「mymakura」の頭の高さや首の高さを調節できる枕に変更した。


改善後のエピソード
頭がクリアな状態で仕事や物事に取り組めるようになった。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事に行って昼間に眠くなるのでぐっすり眠れていないのかな?と思った。


具体的な改善方法
YouTubeで瞑想の音楽を聴きながら呼吸を意識して寝るようにすると自然と寝ていて朝もスッキリしていた。


改善後のエピソード
昼間に眠くならなくなりました。寝つきが良くなって嬉しいです。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
入眠困難で、起きるのがお昼過ぎになっていき、朝からの仕事に行くことができなくなってしまったからです。

具体的な改善方法
どれだけ遅くに眠りについても、絶対に朝の8時に起きてご飯をたべる。それでも眠ければ寝てもいいからとりあえず一度は起きる。


改善後のエピソード
仕事などのやる気が出てきた。疲れにくくなった。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
夜勤で体調を崩して昼間の仕事に転職したら夜中に眠れなくなったから。


具体的な改善方法
シャワーをあびた後軽いストレッチ、のち軽めに飲酒して横になりながら暗めの部屋でスマホでマトメサイトとか見てるといつのまにか寝てる。


改善後のエピソード
夜中にしっかり8時間前後寝ると、昼間眠くならないので仕事の能率、食欲、肌の荒れ等すべてが改善された。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
深い眠りが得られず、目をつぶっている時間は長いのですが日中仕事の能率は悪く体調も悪くなったため。


具体的な改善方法
枕の位置が悪いと思い、枕を買い換えました。また、寒いのが苦手でマットレスをそれまでよりも厚いものにしてストレスをできるだけ減らすよう心掛けました。


改善後のエピソード
以前よりかは深く眠れるようになって、日中の仕事の能率も少し良くなりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事が多忙な日が続き、疲れが蓄積されていく一方であったため。


具体的な改善方法
枕をじぶんまくらで作ってもらって、自分の身体に合ったものになり睡眠の質が改善された。


改善後のエピソード
仕事へのモチベーションも改善された。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
もともと夜ふかしをしがちでしたが、コロナで出勤日数が減り徐々に就寝時間が朝方4時、5時までずれてしまい生活リズムが崩れたことが悩みでした。


具体的な改善方法
無理矢理9時頃までには起きて、起きたらすぐにカーテンを開けることを習慣づけました。


改善後のエピソード
生活リズムが改善されて、仕事中に眠くならなくなって仕事の効率が上がった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜勤のある仕事をしており、生活リズムが不規則で眠りたくても眠れない日が続いていたから。


具体的な改善方法
カーテンを遮光カーテンに替えました。夜勤明けの日は、帰ってすぐに寝るのではなく夕方まで起きて、夜早めに寝るようにしました。


改善後のエピソード
日中、集中して物事に取り組めるようになりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
肌荒れと仕事中に眠さではかどらない日が多かったのがきっかけです。


具体的な改善方法
寝る時間が24時以降だったのを21時までに家事を終わらせ、以降はのんびり少し22時には布団に入り、携帯は見ないようにしました。


改善後のエピソード
起きた時のだるさがなく、すんなり起きることが出来、時間の余裕ができて仕事もはかどるようになりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜の仕事から昼の仕事に変えたが寝付けず、朝起きられなくて寝坊を繰り返したから。早く寝ないといけなかったから。


具体的な改善方法
カーテンを開けたまま寝る(レースはしたまま。日の光が入ればOK)眩しくて目が覚めるし健康的で1日モチベーションアップになる。。。


改善後のエピソード
私の場合、夜職から昼職に変わったので、太陽の光を浴びるようになって肌荒れしにくくなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜眠れずに日中、仕事先で何度か居眠りをしかけてしまったことから。


具体的な改善方法
睡眠導入音楽を流してくれるアプリを使った、無印良品のアロマを買ってリラックスできるようにした


改善後のエピソード
朝の目覚めが良くなり、朝ごはんがきちんと食べられるようになった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝の目覚めが悪く仕事中もぼーっとしてしまいがちで集中できなくなった


具体的な改善方法
枕の高さに違和感を感じはじめてホテル仕様の枕に変えてみました。


改善後のエピソード
布団に入って寝るまでに時間が掛からなくなり、仕事への集中力が格段にましました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
毎回布団に入ってから眠るまでが1時間以上。帰りが遅いため早く寝ることもできない状態でした。


具体的な改善方法
敷き布団を実家から持ってきた綿から少しお高いムートンに変えました。実感したのは1、2カ月してからですが、布団入ってすぐに寝付けるようになりました。


改善後のエピソード
朝、ゆとりある時間に起きれるようになったので自分の時間が増えました。リラックスしてから仕事に出かける感じです。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅くて寝ても疲れが取れなくなりました。昼間眠くなり辛かったからです。


具体的な改善方法
CMでみたネルノダという商品を買いました。寝る前に布団に入り腹式呼吸をしていました。


改善後のエピソード
昼間眠くならなくなり午後少し昼寝していた時間に家事や仕事ができるようになりました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事中に眠気に襲われ集中ができない日々が続いたことがあり、改善を試みた。


具体的な改善方法
寝るのが楽しみになるような寝具を探し、早く寝るように心がけました。


改善後のエピソード
体が楽になると、前向きに考えられるようになりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
枕が自分に合っていなくて起床後に首や肩などに疲労感を感じていた。


具体的な改善方法
固くて寝心地の悪い枕を「ホテルスタイルまくら(Nホテル2 セレクト)」に替えた。


改善後のエピソード
起床後の首や肩の不快感がなくなり、日中に仕事に集中できるようになった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
遅い時間までスマホを見たりしていて、次の日の仕事がしんどくなっていたから


具体的な改善方法
犬の散歩を夜にも行くようにして、自分の体を疲れさせてからオフトに入るとすぐに寝られるようになった


改善後のエピソード
1日が元気いっぱいで過ごせる日が増えた。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
毎朝スッキリ起きることが出来ず、日に日に疲れが溜まり仕事に支障をきたしたから。


具体的な改善方法
毎日24時以降に就寝していたのを23時就寝に変えたことです。


改善後のエピソード
毎朝スッキリ起きて仕事にも集中できる様になりました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
会社の冷房がきつすぎて冷えがずっととれなかった、仕事で考えることが多くて夜中に目覚めやすくなってしまった。


具体的な改善方法
睡眠に効果があるハーブティーを作ってもらった、足湯をした、ストレッチの時間を作った、仕事を減らしてもらった。


改善後のエピソード
悩みが1つ解消されたことで他の考える時間と余裕ができた。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
昨年末辺りから、ストレスで自力では寝付けなくなり、一応安定剤を飲めば寝れるが起きたときだるさが残るので薬以外で眠りたかったから。


具体的な改善方法
匠のすっぽん堂のサプリと、CBDオイル(メーカー問わず)を寝るときに摂取した。


改善後のエピソード
昼間の睡魔や疲労がなくなるので、仕事や勉強がはがどる。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
いつも疲れていることが多く、運転中に眠くなったりと仕事にも支障が出てきたため改善しようと思いました。


具体的な改善方法
ジム通いを始めて、不規則だった入眠時間を改善、23時には寝るように変えました。


改善後のエピソード
運転中など日中に眠くなることが少なくなりました。ジム通いをすることで疲れて入眠し、しっかり眠ることができるからだと思います。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
子供の頃からずっと不眠ぎみでした。学生時代はまだ大丈夫でしたが、社会人になってからは翌日の仕事のパフォーマンスに響くようになり、何とか改善しようと思いました。


具体的な改善方法
不眠に良いとされるアロマオイルやハーブティー、サプリメントを試しました。最も効果的だったのは、YouTubeの眠れる音楽と、日中クタクタになるまで肉体労働をすることです。


改善後のエピソード
不眠だった頃は、日中頭が重くて気分も悪かったです。今は眠れることが多く、朝から精力的に仕事ができます。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
しっかり睡眠が取れてないと、仕事が辛く業務に支障をきたすので。


具体的な改善方法
運動をするようにして、毎日できるだけランニングやジョギングを行った。


改善後のエピソード
精神的にも元気になり、辛いことが少なくなった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠の質が悪くて疲れが取れずに次の日にまで疲れを引きずってしまい仕事に支障が出たからです。


具体的な改善方法
枕を変えました。今までぬいぐるみを枕代わりにしていたのでヨギボーの様な素材の枕に変えました。


改善後のエピソード
睡眠の質が上がったので頭がスッキリします。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
数年前に不幸が重なり、体調を崩し、不眠症になってしまったから。


具体的な改善方法
最低30分外をウォーキングし、陽を浴びるように心がけた。カフェインを控えた。寝る前には極力ブルーライトを浴びないように気をつけた。


改善後のエピソード
体調も回復し、仕事に集中できるようになり、私生活も楽しめるようになった。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きるのが辛かったのと、日中の仕事の際に眠気が毎日酷かったため。


具体的な改善方法
夜12時を超えて就寝していましたが、22時に就寝するようにしました。


改善後のエピソード
早起きができるようになり、時間を有意義に使えるようになり、心にゆとりができました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事のストレスから寝れなくなり、寝ようとすると仕事のミスやし忘れなど良くないことばかり思い出して寝付けなくなったので。


具体的な改善方法
枕を変えて、寝る前にヨガと温かい飲み物を飲んでから寝るようにした。


改善後のエピソード
些細なことでイライラしていたのが改善されました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝ていない日は頭がまわらず、仕事中にも眠気や集中力低下の実感があった為です。 また、仕事のストレスで寝たくても眠れず朝の絶望感がひどかったので早急に改善しないといけないと思いました。


具体的な改善方法
睡眠記録アプリに毎日の睡眠時間を入力、寝る1時間前に「スマホをやめる」という設定目標が通知できる→スマホを辞め読書や日記を書くようになり眠れるようになった。 使用アプリ「睡眠bondavi inc」


改善後のエピソード
良く眠れた日は身体も身軽でスッキリしているので、物事に前向きに取り組めたり、疲れにくくなりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝起きがスッキリせず、疲れやすい、昼間もずっと眠くて睡眠時間がバラバラだったから。


具体的な改善方法
通勤をバスから徒歩に変えたことで夜は疲れてぐっすり眠れるようになった。平日、休日で寝る時間や起床時間は変えないように意識している。


改善後のエピソード
時間に余裕が出来て資格の勉強や仕事に集中出来るようになった

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
一日中ぼんやりすることが多く仕事でのミスが多かったからそれを改善したかったから。


具体的な改善方法
晩ご飯の量を減らすのと、食べ始める時間と寝る時間を開けるとようにした。


改善後のエピソード
頭が以前よりもさえていて仕事でのミスも減った。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
冬場ですが、布団に隙間ができるとそこから冷気が入り込みます。それが原因で夜中何回もトイレに行きたくなり、なんとか改善できないかと思いました。


具体的な改善方法
今まで使用していなかったアンカを購入し、使い始めました。また首元が特に冷えるのでネックウォーマーを着用して寝るようにしました。


改善後のエピソード
精神的なお話ですが、年齢の事も考えて体をいたわりながら生活する事を意識するようになりました。

60代男性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠時間をたくさん取っていたいたつもりであったが、日中仕事をしている時にいつも眠たい様な感じがあったので。


具体的な改善方法
1つは、低反発の安眠枕を買って使うようにしたこと。もう1つは鼻孔テープを使い始めたこと。


改善後のエピソード
仕事中に眠いということが少なくなったので、仕事の効率が上がったように思います。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
35歳を過ぎてから疲れがとれにくい感覚を持ったことと、テレビで睡眠改善の特集をよく目にするようになったため。


具体的な改善方法
枕の変更を数回試しました。最初は山田枕研究所のオーダー枕、次が浅田真央がCMをしていた西川ブランドの枕、この二つは効果がなく、最終的には現在使っているブレインスリープ枕に落ち着いています。


改善後のエピソード
朝に目覚めてから仕事をするまでのネガティブな感情が明らかに減少した印象です。疲れているとイライラするので疲れにくくなることでストレスが軽減しているためだと思います。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜眠れず、熟睡できないと昼間に眠気で全く仕事に集中できない。そのため良質な睡眠をとるための方法を考えることになった。


具体的な改善方法
まずは、眠る時間をできるだけ決めて、睡眠リズムを整えることを試みた。以前は夜12時半ぐらいに就寝していたが、夜11時には必ず就寝するように心がけ朝も必ず毎朝7時には起きると決めて規則正しい生活にした


改善後のエピソード
朝目覚めが良くなったのと、身体が睡眠リズムを覚えてくれたことで、時計を見なくても眠る時間が来たら眠気が起こる様になりました。また日中の眠気もあまりなくなりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
半年間程、老犬の介護につきっきりで寝返り等のために夜中も2~3回起きてお世話をしていました。その癖が愛犬が亡くなってもしばらく続き、仕事中も身体がだるかったり、朝パチっと目が覚めなかったりしていました。


具体的な改善方法
睡眠のために始めたわけではなかったのですが、ヨガを始めました。あとから聞いたのですが、ヨガの呼吸やそのヨガレッスンでのマッサージが自律神経を整えてくれて睡眠改善にもつながるという話を聞きました。


改善後のエピソード
朝の寝起きがまたスッキリ起きれるように戻って気持ちいいです。仕事中も身体がだるいことがなくなってすごくラクです。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜眠れず、熟睡できないと昼間に眠気で全く仕事に集中できない。そのため良質な睡眠をとるための方法を考えることになった。


具体的な改善方法
まずは、眠る時間をできるだけ決めて睡眠リズムを整えることを試みた。以前は夜12時半ぐらいに就寝していたが、夜11時には必ず就寝するように心がけ朝も必ず毎朝7時には起きると決めて規則正しい生活にした


改善後のエピソード
朝目覚めが良くなったのと、身体が睡眠リズムを覚えてくれたことで時計を見なくても眠る時間が来たら眠気が起こる様になりました。また日中の眠気もあまりなくなりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中に何度も起きてしまい、翌日の仕事中に眠くなってしまうことが多くなった。


具体的な改善方法
寝具をまるごとかえました。かなり値段は高く費用がかかってしまいましたが、その日から快眠でした。


改善後のエピソード
身体も心も元気になり、からだの疲れもとれるようになった気がします。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
夜中に数回起きてしまい、体力の回復ができてない様な気がします。


具体的な改善方法
入浴の時間が今まで寝る少し前だったのを寝る1時間以上前に入る様にしました。


改善後のエピソード
朝起きた後のスッキリ感が気持ちいいし、仕事にも集中出来るからです。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
引越し先の騒音が気になりだし、無駄に2-3時間早く起きるようになってしまい熟睡することができなくなりました。


具体的な改善方法
音声の高い耳栓を購入しつけたことで眠りも深くなり熟睡できるようになりました。商品名はマックスピローです。


改善後のエピソード
仕事のミスが減ったり、イライラすることがへったので職場での雰囲気が良くなった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜なかなか寝付けず日中集中力が薄れてしまい、仕事中もボーっとするのでこれはマズイと思った。


具体的な改善方法
何時に寝ても同じ時間に起きるようにした。リズムが整い自然と早く寝付けるようになった。


改善後のエピソード
昼間に眠気がくることが減りました。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事をした次の日など疲れが溜まっており寝足りない感じがしたので改善したいと思いました。


具体的な改善方法
夜遅く寝て朝遅く起きるのをやめて夜9時に寝て朝早起きにしたらスッキリして起きれた。


改善後のエピソード
朝早起きにすることによりスッキリ起きれて、また一日が長く過ごせるため色々なことをできるようになりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜行性で、頑張って朝から起きたりしてもどうも疲れがとれなく,昼間がしんどい為に夜の時間にしっかり眠りたい。


具体的な改善方法
普通のそば枕から低反発の枕に変えて1番負担のかかる頭部をしっかり変えたり、半身浴でその日の疲れを必ずその日の内にケアをしたり、ホットアイマスクや、携帯を寝る前の30分はしない。夜寝たい時間に眠れる


改善後のエピソード
しっかり寝てると昼間に眠気が来ない事で仕事のモチベーションも上がり、前向きに凄くイキイキと動ける。したかった用事等も体が元気な為できるようになった。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
在宅で仕事をする生活となり夜なかなか早く寝付けなくなりました。


具体的な改善方法
コーヒー摂取量を減らし、自宅でトレーニングする習慣をつけることで改善されました。


改善後のエピソード
午前中の集中力が増しました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝スッキリ起きられないし、仕事中しょっちゅう眠くなる、疲れが取れないなどに困っていた


具体的な改善方法
グリシン4000という栄養補助食品を摂取するようにした。


改善後のエピソード
少しスッキリ起きれるようになった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きた時に、疲れが取れていない気がしました。多分ベッドに入ってから眠りにつくまで時間がかかるせいだと思い、対策を考えました。


具体的な改善方法
足が冷えて辛いせいでなかなか眠れなかったので、電気毛布を足元にかけるようにしました。布団が暖かいと幸せを感じます。


改善後のエピソード
朝スッキリ目覚めることができるので、仕事も家事も捗るような気がします。

50代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事がキツく身体は疲れてるのに、スムーズに寝入る事が出来ず、疲れが残ったまま仕事をする毎日だった為。


具体的な改善方法
マインドコントロールという方法で、横になり腕は肩幅よりやや開き、脚は肩幅程度にして、呼吸は腹式呼吸で吐く吸うは共に1分位ゆっくりと行い、自分に熟睡出来ると言い聞かせる様に念じていく方法です。


改善後のエピソード
やはり、睡眠を充分にとり熟睡ならば、身体が軽くなり精神的にも楽になります。すると、当然仕事も捗り余裕が生まれました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
日中睡魔に襲われることがあり、仕事に支障をきたしていたから。


具体的な改善方法
コロナでデスクワークが多くなってから、一日の歩数が減ったので、歩いたりエアロバイクで兎に角体を疲れさせるようにした。


改善後のエピソード
日中の眠気が改善され、夜眠るときもすぐにねつけるようになりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
新卒の時、日々の緊張感や慣れない仕事での疲れが、寝ても寝ても取れなかったこと。


具体的な改善方法
ラベンダーの香りのアロマオイルを枕に数滴たらし、寝室をリラックスできる香りにした。


改善後のエピソード
日中の集中力が上がり、定時で帰れるようになったことで結果的に睡眠時間を増やすことができた。気持ちに余裕が生まれた。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りの浅さと中途覚醒がひどく、シフト制の仕事でさらに不眠症が悪化してしまい、体調が悪くなった


具体的な改善方法
昔から使っていた枕をPet Smileの枕に買い替えたり、ネムラボというサプリメントを服用したり、チルアウトというリラクゼーションドリンクを試した。


改善後のエピソード
怒りやすくなったり急に涙が出てくることがかなり少なくなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
いつも身体がダルくて眠く、仕事中もウトウトすることがあったため、睡眠を改善したいと思った。


具体的な改善方法
ホットアイマスクを使用するようになった。温かくなくなった使用済みのものも、ほのかにアロマの匂いがするのと、視界が遮られるので入眠しやすいので、トイレなどで目が覚めて再入眠するときにも使い回している。


改善後のエピソード
仕事中に眠くなることが少なくなった気がする。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
精神的なストレスで疲れているのになかなか寝付けずに翌日以降体調が悪い日が続いたことです。


具体的な改善方法
睡眠前にYouTubeに載っているストレッチを行いました。のがちゃんねるさんの寝たままストレッチという動画です。どうしても眠れない時はレスタミンの副作用を使って眠りました。


改善後のエピソード
しっかり眠れると朝の疲れ具合が違います。胃の疲れや体が重いといった事が軽減されました。頭も冴えるので仕事もしやすいです。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠が浅く朝起きるのが苦痛で、昼間も眠くてぼんやりしいていることが増えたためです。


具体的な改善方法
平日6時半に起床し仕事をしたりしていたのですが休日は昼くらいまで寝て夜寝れないということが多かったので、休日も6時半に起床し、歩いたり体を動かすことを意識した。夜パソコンをしていたのをやめました。


改善後のエピソード
仕事に集中できるようになった、また早く終わるようになったこと。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
毎日寝ても寝ても疲れが取れなかった。通勤電車では必ず寝るし、仕事から帰って風呂も入らず寝ることもしばしば。休日は朝遅くまで寝、昼寝もしないとだめなほどだった。


具体的な改善方法
7時間以下の睡眠が続くと、徹夜と同等の疲労感や病気のリスクがあると聞いたので(睡眠負債)出来るだけ7時間睡眠の時間を作るようにした


改善後のエピソード
7時間睡眠を確保すると、夜仕事から帰ってもそこまで眠くならなくなった

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
次の日の仕事に影響が出て成績が下がり給料も下がったことです。


具体的な改善方法
まず枕を変えました。安眠枕にし、仰向けではなく横向きで寝るようにしました。


改善後のエピソード
頭がすっきりし、人間関係も良くなりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅くて、日中や昼食後に眠気があり仕事が手につきにくくなってしまうため。


具体的な改善方法
アロマストーンを購入し、シトラス系の香りの中眠りにつくようにした。


改善後のエピソード
仕事中眠くなりにくくなったし、寝る前の時間が楽しみになった。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
お休みの日でも朝起きる時間が同じなので、睡眠時間が減り休日の方が仕事の日より疲れてしまうので


具体的な改善方法
休み前の夜は夜更かしすることが多かったが、仕事前の日と同じようにやる11時には寝るようにしたら起きた時に重いようなことは無くなった。


改善後のエピソード
睡眠の質がグッと良くなったので、朝起きると疲れが取れているようになりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠の質が低くて、翌日起きても疲れが取れないことが多かったため。


具体的な改善方法
入浴後に体温が下がるタイミングを見計らって布団に入るようにした。


改善後のエピソード
翌日スッキリ目が覚めるようになり、張り切って仕事ができるようになった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
転職後、新しい職場に代わってからなかなか寝付けず、翌日の仕事にも影響がでたので。


具体的な改善方法
夜寝る前に、「生活の木」というブランドハーブティーを飲むようにしました。


改善後のエピソード
しっかり眠ることで、翌日心も体も活発に活動できるようになりました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
夜、寝付きが悪く、一度眠れなくなると、朝方まで眠れなくなる。


具体的な改善方法
だきまくら、楽な姿勢でだきまくらをだいてると自然と寝ています。


改善後のエピソード
仕事中の疲労感が少し改善されたと思います。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
目覚ましが鳴ってもなかなか起き上がれず、仕事に遅刻しそうになったことがあったから。


具体的な改善方法
寝る前に身体を温めるために湯船に30分以上浸かり、軽い筋トレをするようにした。


改善後のエピソード
寝起きにダラダラすることが少なくなり、時間に余裕をもって家を出られるようになりました

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事柄、夜勤があって昼夜逆転などになってしまい、体調を崩したため睡眠を改善しようと思った。


具体的な改善方法
夜寝る1時間前はスマホを見ない。カーテンを開けて寝て朝日が入るようにした。


改善後のエピソード
鬱傾向だったのが、朝日を浴びて起きるようになったら鬱も少しずつ改善されて意欲的になった。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
疲労が取れず、毎日倦怠感に苛まれ、その上、仕事の効率の悪かったから。


具体的な改善方法
寝る前にゆっくりと腹式呼吸をし、副交感神経が優位になる状態にしてから、眠るようにした。


改善後のエピソード
日々の疲れが取れるようになって仕事がはかどる。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事に中にも眠気が凄く襲ってきたのでこれはまずいと思い改善を考えました。


具体的な改善方法
今はYouTubeで検索することが出来る睡眠導入音楽のソルフェジオ周波数528Hzを聞いています


改善後のエピソード
仕事中の眠気が無くなると仕事に対する姿勢がかわりました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
日中に眠くなり仕事や日常業務に集中できない。生産性が落ちる。


具体的な改善方法
夕方以降はコーヒーなどのカフェインが多く含まれている食事はしないようにし、早めに寝付けるようにした。


改善後のエピソード
仕事や日常生活に集中でき、生産性が上がった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
ある程度の睡眠時間を確保しているのに疲れが全く取れないことがきっかけでした。


具体的な改善方法
睡眠サポートドリンクを飲み、自分に合う枕を買い、アイマスクをつけた。


改善後のエピソード
仕事のやる気が出るだけでなく、休みの日の活動量も増えました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝の目覚めが良くなく、疲れが取れない日々が続き気持ちが暗くなってしまったため。


具体的な改善方法
ホットアイマスクをして、ホットミルクを飲むようにし、YouTubeのオルゴールを30分のタイマーにセットして寝むるとぐっすり眠れます。


改善後のエピソード
疲れがとれ、スッキリめざめることにより、仕事を頑張ろうと思え、物事を前向きに考えられるようになりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事の疲れが日々溜まり休日休んでも体の痛みが取れずにいたので、このままではおかしくなってしまうと思ったからです。


具体的な改善方法
仕事が終わってあと家に帰り寝るまでぐだぐだテレビを見たり、携帯をいじっていたのですがすぐに寝る様に心がけました。


改善後のエピソード
やはり休む時間が多くなるほど体力の回復が早くなっている気がしたので、疲れているときには早く休むことをこれからも心がけたいと思っています。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠の質が悪く、仕事に集中出来なかったり忘れっぽくなってしまったため。


具体的な改善方法
ぐっすみんという睡眠サプリメントを購入し、毎日摂取しています。


改善後のエピソード
眠りにつきやすくなり、多少睡眠の質が改善されたようにな気がします。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事が忙しく睡眠時間が短いので、睡眠の質を良くして疲れをとりたかった。


具体的な改善方法
冬は電気毛布を購入してみた。サプリメントはネルノダを飲み始めた。


改善後のエピソード
引きこもりたい気持ちから、前向きになってきた。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
日中の仕事でぼんやりする事が多く、小さなミスをする事が多くなった為。


具体的な改善方法
夜に集中して寝れるように日中の仮眠をとらないように気をつけた。


改善後のエピソード
仮眠をとらないようにしてから、寝起きが少し良くなった。目の疲れが減った。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事でのトラブルが立て続けにあり毎日不安な気持ちでなかなか夜も眠れない事が続いたのがきっかけでした。


具体的な改善方法
友人からの勧めで朝一起きてからジョギングを始めました。運動すると快眠につながると聞いたのですが本当に運動する事によって気持ちの変化もあり夜も眠れるようになりました。


改善後のエピソード
ぐっすり眠れると朝起きた時にポジティブな気持ちになれます。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝はどうにか起きられたが昼間に眠気が来て仕事に集中できなかったから


具体的な改善方法
スポーツクラブで汗をかいた後、シャワーだけでなく湯船で半身浴をしてリラックスするようにした


改善後のエピソード
朝から元気に活動できる。眠りの質が良いのか化粧のりが良くなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝がなかなか起きれなくて日中仕事中に睡魔に襲われることが多くなった。


具体的な改善方法
寝る前2時間前までに食事・お風呂を終わらせ寝たい時間の30分前に布団にはいるようにした。


改善後のエピソード
朝から体がシャキッとすることが増え前向きになったと思う。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
起床時、体が疲れていて起き上がるのに苦労したことがあったことです。特にその時期、仕事でのストレスが重なっていたため、睡眠改善したら改善できるのではないかと思い、睡眠に注目するようになりました。


具体的な改善方法
それまではメーカー等特に気にせず購入していたマットレスと枕を変えるため、東急ハンズでマニフレックスやテンピュールの販売員の方と話し、自分に合っていると思ったマニフレックスに変えました。


改善後のエピソード
体のことにも目を向けるようになり、疲れがたまっているとき気づきやすくなりました。また、マットレスがとても合っていて、起床時に気持ちの良い心地を味わうことができるようになりました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅くて、翌日も疲れが取れない状態が続いて仕事にも支障が出たから。


具体的な改善方法
床に就く6時間前からはカフェインの入った飲料や食べ物は一切接種しないようにした。


改善後のエピソード
翌日の仕事の効率が目に見えて上がった。以前は午前中は「ただ起きているだけ」で全く仕事にならなかったが、睡眠が改善してからは午前中から難しい案件をこなせるようになった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
目の疲れがひどく目の痙攣や頭痛が増え仕事に支障が出始めたため。


具体的な改善方法
寝る前にスマホを見て寝落ちしていたが寝る前に見る時間を減らして真っ暗な状況で寝るようにした。


改善後のエピソード
周りから明るくなったと言われてうれしかった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ

体調を頻繁に崩すようになり、日常生活に支障が出始めてきたため。


具体的な改善方法
カフェイン摂取を就寝4時間前からやめ、1時間前からスマホを触るのをやめた。


改善後のエピソード
情緒、精神状態が安定しないことが多々あったのですが、少しずつ安定してきたような気がします。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
スマホやタブレットを見ながらうたた寝するのに、いざ寝ようとするとなかなか寝つけない事が増えたから。


具体的な改善方法
ナイトミン鼻呼吸テープを買って口にテープを貼って寝るようにした。なるべく横向きで寝るようにした。徒歩で買い物に行くなど適度な運動を習慣にして程よい疲れを感じるようにした。


改善後のエピソード

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
ナイトミン鼻呼吸テープを買って口にテープを貼って寝るようにした。なるべく横向きで寝るようにした。徒歩で買い物に行くなど適度な運動を習慣にして程よい疲れを感じるようにした。


具体的な改善方法
朝、目覚まし時計を何回も鳴らさなくても起きられるようになった。これまでは寝ても身体のだるさがとれなかったのが、少し改善されてきているように感じる。


改善後のエピソード

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
不眠症にずっと悩まされていて、寝たいのに寝れない、疲れが取れなくて限界を感じたのがきっかけです。


具体的な改善方法
自分にフィットする寝具に一式変えて、アロマを炊いたり、癒しの空間を作りました。


改善後のエピソード
体調が良くなり、体のコリがすっきりすることで動くことが困難ではなくなりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝ても疲れが取れなかったり、日中眠くなる、体のいたるところが凝ったような感覚があるなど


具体的な改善方法
体の調子が悪いのは枕が私に合っていないからだと考え、就寝時によく取っている体制を基準にして、その体制に合うような枕に変えた。


改善後のエピソード
慢性的な首凝り、肩凝りが解決した。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
年齢とともに寝付きが悪くなって朝起きてからも疲れが残るようになったから


具体的な改善方法
眠る前に自律神経を落ち着かせる効果がある夜用のヨガをするようになった


改善後のエピソード
眠れなかった、という疲労感が減ったので朝から活動的な気持ちが持てるようになった

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
疲れが取れないのと、朝シャキッと起きれないし、会社に着いても眠いから


具体的な改善方法
寝具を変えて、アイマッサージ器具を買いました。深酒をしないように心掛けた


改善後のエピソード
気持ちがポジティブになりやすくて、日差しが辛かった事が日差しが気持ち良くなった事!

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
たくさん寝たり、整骨院に通院しても肩甲骨の痛みが改善されなかったからです。


具体的な改善方法
ニトリの低反発マットレスを使っていたけれど、コアラマットレスに変えました。


改善後のエピソード
慢性的な肩甲骨の痛みがだんだんと消えてきて、気にならなくなり、体が楽になりました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
ショートスリーパーで目覚めに問題はなかったが、もっと寝たいと思ったから。


具体的な改善方法
寝る前にストレッチや軽い運動を取り入れ、水分をしっかり取ってから寝るようにしました。


改善後のエピソード
なんか、頭のスッキリ感が違うと思います。まぁ、眠い時は眠いけどね(笑)

50代男性


改善しようと思ったきっかけ
年齢を重ねるにつれ、良い睡眠を取れなかった時に感じる疲労が大きくなってきた。


具体的な改善方法
熱い風呂に入るのをやめ、ぬるめの風呂に入るようにした。また、寝る直前に入らないようにした。


改善後のエピソード
良い睡眠を取れた翌日はコンディションが非常に良く、成果にもつながるのが実感できる。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
数年前に、家庭環境による精神疾患からくる不眠症になったのがきっかけです。


具体的な改善方法
就寝の30分前に白湯か温かいお茶を飲むようにしました。お茶はポンパドールのカモミールティーをよく飲みます。


改善後のエピソード
夜にしっかり眠れることで、昼間の眠気が少しずつですがおさまるようになりました。また、入眠がスムーズだと寝起きのメンタルが比較的安定するため、睡眠の大切さを実感しています。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
もともと寝付きが悪く、布団に入っても寝るまでに何時間もかかってました。朝起きてからも頭がボーッとしてまわらないし、日中も頭がスッキリすることがなかったので、これはまずいなと思い改善しようと思いました。


具体的な改善方法
朝起きたらすぐにカーテンを開けて太陽の光を浴びる。夕食後に飲んでいたカフェイン入りの紅茶をノンカフェインのハーブティーに変える。


改善後のエピソード
前よりかは睡眠の質が良くなって、日中、過ごしやすくなりました。行動を変えただけで自分の体がちゃんとこたえてくれてるので、自分の体を労ったり大切に扱うきっかけになりました。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
元々運動部で毎日身体を動かしていて、疲れてそのまま寝ちゃうタイプだったのですが、引退した途端疲れることがなくなったのか寝れなくなった。


具体的な改善方法
近所にある、頭のツボをマッサージするお店に定期的に通うことにしました。


改善後のエピソード
目覚めがスッキリすると、朝のやる気がかわってくる。二度寝三度寝することがなくなった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
日中の集中力の低下、体のだるさ・痛みを改善させたかったから。


具体的な改善方法
敷布団をマットレスに変えた。マットレスも体に合うものを見つけるために2、3回買ったり返品したりして探した。


改善後のエピソード
気持ちが落ち込む回数が減って自分に自信が持てるようになった。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠れないとイライラしたりパフォーマンスが落ちるので改善しようと思いました。


具体的な改善方法
夜はテレビを見ないで家族とくだらないことを話してリラックスするようにした。


改善後のエピソード
イライラがあったことで日々が穏やかに過ごせるようになったと感じています。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠時間も短くなったり、熟睡できない日があったりしたので改善したいと思いました。


具体的な改善方法
普通の形の枕を西川の低反発の頭の部分がへこんでいる枕に替えました。


改善後のエピソード
改善前よりも熟睡できるようになったので体が軽く感じるようになりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
元々躁うつ病で睡眠障害にかかっていて薬ももらっていたが、薬だけではどうにも改善された感じがしなかったため。


具体的な改善方法
寝るときにmp3プレーヤーで音楽を聴きながら寝ていたが、それまでボーカルありの曲を聴いていたのに対しピアノや雨の音など自然の音を聴くとよく寝れるようになった。


改善後のエピソード
以前はちょっとしたことでもイライラしたり階段の上り下りでも疲れたが今はそんなことはなくなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠れない日が続いて昼夜逆転のような生活リズムになってしまい、体調が悪くなったこと


具体的な改善方法
枕を新しく買い替えて、時計のアラームを睡眠アプリのものに設定しました。


改善後のエピソード
だいたい同じ時間に眠れるようになり生活リズムの改善ができました。睡眠アプリも見ていると自分の睡眠のことがわかって面白いです。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
不眠症がひどくなり不安障害が発症し普通の生活ができなくなったため。


具体的な改善方法
既製品の安い敷布団と枕だったものをオーダーメイドの敷布団と枕を買いました。


改善後のエピソード
不安障害で使用していた薬を飲まなくても生活できるようになりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
一度寝付けないと、なかなか時間がかかるので、6時間以上の睡眠時間確保のために改善しようと思いました。


具体的な改善方法
呼吸法を見直しました。意識して呼吸していなかったのですが、鼻から吸って、口から出す。吸った秒数の倍の時間をかけて、息を静かに吐く。


改善後のエピソード
早く眠れるようになりましたし、呼吸のすばらしさに気づくことができました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
途中で何回も起きてしまうため、朝起きても疲れが取れなくて体調を崩したことがあるから。


具体的な改善方法
毎日シャワーのみで済ませていたが、お風呂の湯船に入るようにした。


改善後のエピソード
日中に眠くなることがなくなった。寝つきも良くなったと感じる。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りがいつも浅くて起きても疲れが取れなかったので改善しようと思いました。


具体的な改善方法
評価の高いコアラマットレスを買って、寝る時もスウェットではなくパジャマにしました。


改善後のエピソード
寝具やパジャマの大切さがわかり、気持ちよく眠れるようになりました。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠れないとイライラしたりパフォーマンスが落ちるので改善しようと思いました。


具体的な改善方法
夜はテレビを見ないで家族とくだらないことを話してリラックスするようにした。


改善後のエピソード
イライラが減って家族の中が深まったと思いおます。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠時間も短くなったり、熟睡できない日があったりしたので改善したいと思いました。


具体的な改善方法
普通の形の枕を西川の低反発の頭の部分がへこんでいる枕に替えました。


改善後のエピソード
改善前よりも熟睡できるようになったので体が軽く感じるようになりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
コロナで在宅勤務になり、オンオフの切替が上手く出来ず、ずっとモヤモヤする感じが続き、夜もなかなか眠れなくなった。


具体的な改善方法
枕を安いものから、枕専門店で頭の高さなど測ってもらいきちんとした枕にした。また睡眠導入音楽を聴きながら寝た。


改善後のエピソード
朝、少しスッキリ起きれるようになり、やる気が出た。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
出産してから育児で寝たくても寝れない日が続いたことがきっかけです。


具体的な改善方法
寝る前に筋トレをすることです。目が冴えて眠れなくなってしまった時は子どもを抱っこしたままスクワットしていました。


改善後のエピソード
イライラすることが減りました。記憶力も上がった気がします。物忘れが減りました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
疲れているのに、寝付けないことが多くなってきた為。心身や美容にも良くないと実感があった。


具体的な改善方法
ヒーリングミュージックと、アロマディフューザーを取り入れました。好きな香りと音楽は、私にはとても効果がありました。


改善後のエピソード
朝の目覚めが良くなったように感じました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
軽い不眠症の為、一時的とは言え深く眠れないと翌日ぼんやりして体力的に辛かったため


具体的な改善方法
普通の寝間着だったものを、通気性が良い。と聞いたので甚平に変更しました。


改善後のエピソード
ぼんやりとした感じがなくなりました。スッキリとまではいかなくとも、言われたことを直ぐに飲み込んで返事が出来る程度にはなりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠時間をしっかりとっても、熟睡感がなくて疲れが取れない日が続いた。


具体的な改善方法
寝る前に部屋の空気を入れ替える。朝起きたらまずはカーテンを開けて陽を浴びる。あとはおやつにGABA系のチョコレートや乳酸飲料を取り入れるようにした。


改善後のエピソード
日中元気に活動できるようになったし、イライラしたり落ち込むことが減った。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
疲れが取れないこと、気持ちが暗くなること、ずっと眠い感覚が抜けなかったこと


具体的な改善方法
寝る直前に風呂に入る、寝る直前にスマホを触らない、昼寝をしない


改善後のエピソード
前向きになれたし朝起きるのが辛くなくなった。たったこれだけで改善できるのにやらなかったことに後悔。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅く、長時間寝ても疲れが取れずに日中ぼんやりしてしまう事が多かったからです。


具体的な改善方法
お風呂を寝る1時間前に済ませてホットミルクを飲むようにしています。


改善後のエピソード
朝の目覚めがスッキリしていて気持ちよく1日を始める事が出来るようになりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きたときに、重だるい感じがして、日中も常に眠たかったため、子供と遊ぶ体力がなかったから。


具体的な改善方法
寝る前に携帯をいじることが習慣化していましたが、それを一切やめました。


改善後のエピソード
朝起きたときの頭が重い感じがなくなりました。以前は目の疲れもひどかったのですが、今は一切ありません。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠時間は確保できても睡眠の質が悪くなかなか疲れが抜けない日々が続いたから


具体的な改善方法
生活リズムを統一した。朝起きてからすぐ水を飲み換気をして朝食を取る。夜はしっかり湯船に浸かってストレッチを行い、寝る前にはスマホやPCを使用しないようにした。


改善後のエピソード
起きた時の体のだるさが軽減され、朝から活動しやすくなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝のスッキリした感じがないので毎日疲れがとれていない感じがした。


具体的な改善方法
YouTubeの睡眠音楽を聞くようになったら寝る時の心が穏やかになった。


改善後のエピソード
夜中に何度も目が覚めることなく朝までぐっすり眠れる。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
体調を大きく崩したことをきっかけに、健康管理の基本に良い睡眠習慣があるのではないかと考え、改善しようと思いました。


具体的な改善方法
休日の夜更かしや遅くまで寝ているのを辞めて、毎日大体同じ時間に寝たり起きたりするようにしました。また、アイマスクを使用して、視界に光が入らない状態で眠るようにしました。


改善後のエピソード
元々ネガティブな性格ですが、睡眠習慣が悪かった時は、ネガティブ思考がひどかったように思います。睡眠を改善したことで、クヨクヨ悩む日が減ったように思います。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
いびきがうるさくて妻が心配になって医者に行くように相談されたこと


具体的な改善方法
枕を変えて鼻孔が通りやすいような高さ調節ができるようにした。


改善後のエピソード
途中夜中に起きることが少なくなって熟睡できるようになった

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
産後で身体が疲れやすくなったこともあり、だるさと痛みで眠りにくかったこと


具体的な改善方法
床に布団を直敷きでしたが、厚み4cmの高反発マットレスを間に敷きました。


改善後のエピソード
寝付きが良くなり、朝快適に起きられるようになりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝ようとしてもなかなか寝付けない。寝付けても途中で目が覚めてしまうため。


具体的な改善方法
ナウフーズという会社のメラトニンというサプリメントを飲むと改善しました。


改善後のエピソード
日中眠くなくなった。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
40後半くらいから、なかなか眠りに入りにくくなったんです。寝てしまえば夜中起きる事もないんですが寝付けないとイライラしたら無理でも寝ようとするのが逆にストレスになる気がしたから。


具体的な改善方法
寝れない原因は枕と足の冷えの原因かなと思えて、枕を低反発枕にして寝るときに足をマッサージするして血流をよくしたら寝付き我よくなりました。


改善後のエピソード
やはり寝れないと睡眠不足なんで次の日、ダルいのです。ベットに23時に入りますが結局は1時くらいまで寝れないので。それがきちんと寝れるようになりダルさがなくなりました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
布団に入ってから入眠に至るまでに時間が長くかかってしまい、結果的に睡眠時間が短くなってしまっていたため。


具体的な改善方法
寝る前2時間程はなるべく時計を見ないようにする。あと何時間しか寝れないなどと考えてしまいプレッシャーを感じないようにするため。


改善後のエピソード
起床後すぐから頭が働いていると感じる。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
就寝してから起床まで2?3回程度目が覚め、朝もスッキリと起きられなかったため。


具体的な改善方法
寝る前にWELEDAボディシェイプブラシとボディオイルを使って二の腕、太もも、ふくらはぎ、足裏のマッサージ。


改善後のエピソード
朝、目覚めが良くなることで1日前向きに過ごせている気がします。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅かったり悪夢をよく見てしまう期間が続いたので、あまり寝た気がしないと思う日々が続いたため。


具体的な改善方法
睡眠薬などに頼るのは少し怖かったので、漢方のお店に行ってみたところ婦宝当帰膠Bというシロップ剤を勧められ、それを続けて飲む事によって改善された。


改善後のエピソード
日中に疲れにくくなったり、急に眠気が襲ってくる事がなくなった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
平日と休日の睡眠時間に差がありすぎて、逆に疲れが貯まる感じがして健康的ではないと思った。


具体的な改善方法
自分の睡眠の質や点数などを記録してくれる睡眠アプリを使用した。


改善後のエピソード
睡眠が楽しくなり、生活リズムが良くなったことで1日を大切に過ごせている。

50代男性


改善しようと思ったきっかけ
いくら寝ても朝起きたら体が重く睡眠の質が悪いと自分が感じたからです。


具体的な改善方法
ベッドから布団に変えました。体質によるかもしれませんが、自分には合っているのだと思います。


改善後のエピソード
体が軽くなり肩こりもマシになりました。

50代男性


改善しようと思ったきっかけ
奥さんに夜中息が止まっていると言われ、睡眠時無呼吸症候群の記事を見たこと。


具体的な改善方法
舌が落ち込んで息が止まると聞いたので横向きで寝る癖をつけた。


改善後のエピソード
夜中の息が止まるのが無くなったのと朝の目覚めが少しスッキリしたこと。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
一日の疲れが取れないと、次の日も、疲労感が残ってしまって体力的にもキツいから。


具体的な改善方法
寝具を変えました。特にマクラの高さを高いのから、自分に合った枕に変えました。


改善後のエピソード
睡眠がしっかりとれていると、頭も心もスッキリします。また身体的にも軽く身動きができるので睡眠改善は、とても大事だと思います。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠がしっかりとれていると、頭も心もスッキリします。また身体的にも軽く身動きができるので睡眠改善は、とても大事だと思います。


具体的な改善方法
敷布団のシーツをポリエステル素材から綿100%にし、掛け布団カバーも同じく綿に交換しました。


改善後のエピソード
日中の眠気がなくなり、頭もボーッとしなくなりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
一日の疲れが取れないと、次の日も、疲労感が残ってしまって体力的にもキツいから。


具体的な改善方法
寝具を変えました。特にマクラの高さを高いのから、自分に合った枕に変えました。


改善後のエピソード
睡眠がしっかりとれていると、頭も心もスッキリします。また身体的にも軽く身動きができるので睡眠改善は、とても大事だと思います。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中に何度も目が覚めて、翌朝に身体のだるさが残ることが嫌でした


具体的な改善方法
普通の枕を使っていましたが、磁気が入っている枕に変えてみたところ快眠出来ました


改善後のエピソード
朝から体がシャキッとすることで一日中頑張れる気がします。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
次の日に疲れを残したくなく、スッキリとした目覚めをしたかったから。


具体的な改善方法
妻からの薦めで、ヤクルト1000を毎日飲むように習慣化したこと。


改善後のエピソード
イライラすることが少なくなって、夜も気持ちよく眠ることができている。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
新居に引っ越して、マットレスを捨ててしまったので暫らく床で雑魚寝していて、コレはダメだなと思ったから。


具体的な改善方法
まずはお金を惜しまずにトゥルースリーパーを購入した。また床からベッドへ変えた。


改善後のエピソード
もう単純に朝の目覚めが良い事。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
日中は眠いのに、夜ベッドに入るとなかなか眠れないことが続いたからです。


具体的な改善方法
全くの運動不足でしたが、朝の通勤で8時から30分間、しっかり歩くようにしました。


改善後のエピソード
シャッキリ起きれるので、気分が良いです。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠れない日が続いたときにぎっくり腰になったり、腹痛に襲われることが多かったので。


具体的な改善方法
眠れない日が続いたときにぎっくり腰になったり、腹痛に襲われることが多かったので。


改善後のエピソード
体調を崩しにくくなりました。昔から寝不足になると、腰を痛めたり、お腹を壊してしまったり、インフルエンザにかかったりと体調が悪くなることが多かったので、良い睡眠は重要かと思います。


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅く何回も夜中に何回か起きてしまい日中に眠くなってしまう。


具体的な改善方法
布団に入っても眠れないときは 深呼吸で息を深く吐くことを意識しました。


改善後のエピソード
朝まで眠れる事が多くなり 起きた時に頭がスッキリしている事が多くなりました。

40代女性

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きた時に、すっきりした目覚めではなく何となく疲れが残っていることが多かったため。


具体的な改善方法
寝る1時間前にゆっくりとバスタブにつかり入浴を済ませ、寝る直前にはスマホを見ない事。


改善後のエピソード
朝目覚めた時がすっきりとしていて、気持ちも前向きになった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
体調を崩し、子供を親に預けて病院に行っていたのでみんなに迷惑をかけてはダメだと思ったから


具体的な改善方法
早寝早起きをするようにしたら、ぐっすり眠れて1日のリズムもよくなりました。


改善後のエピソード
朝、起きるときに疲れがない

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中何度も目覚め、寝起きがスッキリせず翌日の生活が辛くなった為


具体的な改善方法
何かの番組で寝る前にキムチを食べるとよいと聞いたので食べたり、低反発枕や塩枕を試してみた。


改善後のエピソード
子供や旦那に対してイライラが減り、寝起きもスッキリするのでその後の家事がはかどった。体に一番良かった事として、不眠によって便秘になってしまっていたが、不眠を改善した事で便秘もなくなり食欲も出てきた。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜眠るとき、ふとんに入って灯りを消しても眠りになかなかつけなかった


具体的な改善方法
お風呂に寝る2時間前に入り、布団に横になる前に軽いストレッチを10分するようにした。


改善後のエピソード
それまでより2時間早く起き、朝にも少し勉強やウォーキングをする余裕ができました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠れない夜が続いたから。熟睡したい欲に駆られて。疲労感が抜けないから。


具体的な改善方法
大人しく、過ごす。静かに行動する、など何でもかんでも自分一人で背負い込まない。自己暗示などヤル。どうしても、死にそうな時は、サプリを2.3日のみ試す事カナ?


改善後のエピソード
無理なく、連続的に、以前より生活が楽になった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足が続いて自律神経を病んでしまったからです。質のいい睡眠を手に入れて、体調を改善したいです。


具体的な改善方法
眠る前にジャスミンティーを飲むようにしました。ジャスミンは良い眠りにつけると聞いたことがあったのが飲むきかっけになりました。


改善後のエピソード
毎日6時間ほどの睡眠時間を手に入れたことで、気分がふさぎ込んだりイライラした気持ちを持たなくなりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
妊娠出産で自立神経が乱れて、眠れないことが多々あるようになったから


具体的な改善方法
高い枕から低い枕にしてみたり、寝る前に牛乳を飲んだりしてみた。


改善後のエピソード
昼間眠くなりパフォーマンスが下がってたのが、しっかり目を開けていられるようになりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中に目が覚めてしまい、気になることや不安があると再度寝付くことが難しい。


具体的な改善方法
寝る直前は食べるのを控え、ナイアシンのサプリメントを飲むようにしました。


改善後のエピソード
昼間の眠気やボーっとする感じがなくなりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
不規則な生活による肌荒れなどがあったことやこれからの健康を考えたため。


具体的な改善方法
YouTubeで睡眠導入できる音楽やピアノ曲をお休みモードを使用し聴いた。


改善後のエピソード
ストレスなども軽減したように感じた。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
体調が普段から良いと感じることがほぼ無く、寝付きが良くなかった為


具体的な改善方法
いつも同じ時間帯に蒸気でホットアイマスクをするようにしてみました。


改善後のエピソード
目覚めが少し良くなった気がします。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
次の日に体と心がとても疲れているので日常的な業務をこなすことが困難になってきたので。


具体的な改善方法
寝る前にスマホを見る習慣をやめました。寝る前は交感神経を刺激するような行動は避けてストレッチなどをして副交感神経を働かせるようにしてます。


改善後のエピソード
夕方まで元気に過ごせる。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝れないと、体調が悪くなったり調子が悪いことが続いたので、改善しようと思いました。


具体的な改善方法
枕を変えました。今まで厚さのある枕を使っていたのですが、薄いものにしました。


改善後のエピソード
毎朝、ちゃんと起きれるようになりましたし、何より健康的な体になったのではないかなと思います。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅く前の日の疲れが次の日に持ち越すようになったため改善をしたかった。


具体的な改善方法
寝る前には湯船に浸かるようにしてリラックスできるように心がけた。


改善後のエピソード
疲れにくくなった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
十分寝ているのに、疲れている。日中眠たい時間が多い。あくびが沢山出る。


具体的な改善方法
普通のマットレスをトゥルースリーパーに替えた。羽毛布団をかった。


改善後のエピソード
日中眠たい時間が減った。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
ストレスやホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れのためです。


具体的な改善方法
寝る前に寝付けなかったため寝る前ヨガというものをYouTubeで見つけ始めてみました。


改善後のエピソード
ヨガのおかげで呼吸に意識するようになり深い眠りにつく回数が個人的に多くなりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝付きが悪く布団に入っても何時間も寝れない事がよくあり困っていたので。


具体的な改善方法
寝る前に簡単なストレッチを5分位して腰や足をほぐす様にしました。


改善後のエピソード
日中の眠気がなくなり行動しやすくなりました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜勤のある仕事をしており、生活リズムが不規則で眠りたくても眠れない日が続いていたから。


具体的な改善方法
カーテンを遮光カーテンに替えました。夜勤明けの日は、帰ってすぐに寝るのではなく夕方まで起きて、夜早めに寝るようにしました。


改善後のエピソード
日中、集中して物事に取り組めるようになりました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中に何度も目が覚めて、昼間に眠くなることが続いたので、眠りの質が浅い、悪いと思ったから。


具体的な改善方法
毎日、お酒を飲み、お腹いっぱいの状態で寝ることが多かったので、禁酒をして食べ過ぎを防ぐようにしました。


改善後のエピソード
朝、良く寝たという感覚があり、前日の嫌なことや体のだるさなどがないので、スッキリした感じがあります。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
疲れが全く取れず、朝は起きたい時間に起きられないことばかり。


具体的な改善方法
ストレッチをしてから睡眠に入ることを心がけました。ベッドに入ってから意識がなくなるまでの時間がとても短くなり、夜中に目が覚めることも無くなりました。朝、スッキリ起きられるのが一番嬉しいです。


改善後のエピソード
午前中を快適に前向きに過ごせるようになり、朝ごはんも食べるようになった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中に目が覚めることが続いたので、なんとかしたいと思うようになりました。


具体的な改善方法
枕とマットレスを変えました、それでもいまいちだったので、サプリも飲み始めました。


改善後のエピソード
朝の目覚めが良くなると気持ちも前向きになります。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠が浅く、短時間で目が覚めて疲れが取れないことが続いたため。


具体的な改善方法
病院で勧められたから。枕は頭にのせないで首だけを支えるものにした。バスタオル巻いた代用でも良い。


改善後のエピソード
呼吸軌道が狭くならず寝やすくなった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
妊娠を期に夜頻繁に目が覚めるようになり眠りが浅くなってしまった。


具体的な改善方法
就寝時の姿勢を整えるためオーダー枕専門店のピロースタンドで枕を作った。


改善後のエピソード
夜中目覚める回数が減り、熟睡できるようになったため、目覚めがよく日中も活動的に過ごせるようになったと感じる。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
ストレスで肌が荒れたため、睡眠の質から改善しようと思ったこと。


具体的な改善方法
夜に散歩を15分ほどする様にした。深呼吸をしながらゆっくり散歩するとリラックスできるようになる。


改善後のエピソード
肌荒れを気にする必要がなくなったので毎日のケアの時間が節約できました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅く、熟睡感がなかった。疲労が取りきれない。悪夢を多くみるようになった。


具体的な改善方法
ベッドを替えた。就寝前にスマホを見ることをやめた。シーツや枕カバーなどこまめに洗うように心がけた。部屋をきれいに保つ。


改善後のエピソード
夢を見なくなった。気持ちよく起床できるようになった。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
布団に入っていても眠れず翌日イライラしていたから改善しようと思いました。


具体的な改善方法
寝る前に胸椎のストレッチを行い、睡眠用サプリネルノダを使って改善しました。


改善後のエピソード
イライラしないし心に余裕ができました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
失恋で夜も眠れず、かといって昼間も眠気がくることがなくて、ただただ心身ともに疲労が溜まっていった。


具体的な改善方法
ラベンダーのお香を炊いた。そして目元にタオルをかけて目を瞑るようにした。


改善後のエピソード
眠れない間は喜怒哀楽もなく、何を食べても美味しいと思えなかったが、眠れるようになってから改善された。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜になかなか寝付けなかったから。 寝つきが悪くて、出勤してから仕事中うとうとしてしまって、寝れもしない時間に眠気が来るのがしんどかった。


具体的な改善方法
お風呂あがりに動画やテレビをみて、ベッドでもスマホをいじる生活をしていたが、お風呂に入る時間を少しゆっくりにして電気を消したらスマホをいじらないようにした。


改善後のエピソード
夜寝付けない生活では仕事中に睡魔がきて集中できないでいた。ボーッとしてしまったり、少しの時間でも眠りかけてしまって効率も悪かったが、夜寝るようになってからは日中に不意に眠くなることがなくなった。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード

40代女性


改善しようと思ったきっかけ


具体的な改善方法


改善後のエピソード


最も多く目についた改善方法は「寝る前のスマホやパソコンを控えること」でした。

睡眠を改善しようと思ったきっかけ・おこなった改善方法(改善できなかった人)

調べたり、人に聞いたりした睡眠改善方法を試してはみたけど、残念ながら改善ができなかった人のご紹介です。
睡眠改善がかなわなかった人の割合は、500人中、53人と約1割でした。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中に2.3回は目が覚めるようになり寝た気にならなくなった為。


具体的な改善方法
マットレスが薄かったのを厚みがあるものに替え、枕【ニトリ】で自分好みの硬さの物に替えました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
眠りが浅くて夜中に何度も目が覚めてしまうことが続き、疲れが取れなかったからです。


具体的な改善方法
今までは安い枕を使っていましたが、少し高い良い枕を購入して使うようにしました。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠不足が続き体調に影響が出たこと、また、寝起きの悪さを改善したいと考えたことから。


具体的な改善方法
「じぶんまくら」という店で、自分の体格に合ったオーダーメイドの枕を購入した。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝起きに全然疲れが取れておらず、熟睡した気がしない。夜中も何度も目が覚めるため。


具体的な改善方法
枕の高さをかえました。横向きに寝る人のための枕というものを使っていたのですが、高すぎたせいで肩凝りもひどくなってしまい、朝憂鬱だったので、低い枕にかえました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠を改善したりしようと思ったきっかけや悩みは疲れがとれないからです


具体的な改善方法
実際におこなった睡眠の改善方法はアロマディフューザーでアロマを焚くこと

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
高校までスポーツやっていて、やめてから太ってしまい、いびきや無呼吸症候群に悩んでいたから。


具体的な改善方法
寝る姿勢を変えたり、枕をかえてみたりしているがなかなか改善されない。

60代以上女性


改善しようと思ったきっかけ
夜なかなか寝付けず寝ても数時間で目が覚める。朝起きるのが辛く昼間体がだるく、頭がボーっとすることがあるので


具体的な改善方法
夕食の時間を早めにし寝る時間を少しずつずらしている。テレビやパソコンをなるべく寝る前に見ないようにしている

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
日中、凄まじい眠気に襲われることが頻発化して困ってしまったから。


具体的な改善方法
眠る前のスマートフォンの使用を禁止し、2時過ぎだったところを12時に変更した。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
仕事が忙しくて夜更かしすることが多く睡眠時間が少ないため改善しようと思った。


具体的な改善方法
睡眠を改善するために寝心地の良い枕を購入して疲れをとれるように工夫した。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
仕事中に眠たくなる頻度が増えたから。睡眠時間は6,7時間ほどあったので、睡眠の質が悪いのかと思ったのがきっかけです。


具体的な改善方法
寝る1時間前はスマートフォンを見るのをやめた。寝具は変えていないですが、すぐ眠りにつけるようになりました。あまり改善できたように感じませんが。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
深い眠りに入れず睡眠不足が続いたから。睡眠不足で肌荒れが続いたから。


具体的な改善方法
Wi-Fiの光が気になったので布を被せて部屋を真っ暗にした。寝る前に好きなルームフレグランスのスプレーをしてリラックスしてから寝るようにした。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きられなくて、ご飯を食べられずに仕事に行き、疲れてしまうから。


具体的な改善方法
寝具に、アロマオイルをふりかけたガーゼを置くようにしました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
毎朝目覚めのいい朝を迎えられず、朝から気持ちが滅入ってしまい、その上身体の疲れも取れず、心身共に消耗してしまっていると感じ睡眠を改善したいと思いました。また仕事や日々のモチベーションをあげるため。


具体的な改善方法
寝る時は、入浴後に着替えた服で就寝していたのですが、寝る時の服として別の物に着替えて、ベッドに入るようにした。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
悩みは寝返りを打てなくて、あさ起きると首がとても痛くてつらかった。


具体的な改善方法
そば枕をニトリの低反発枕の寝返りしやすい枕にかえたら首もよい。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜中何回も目が覚めるようになり、次の日とてもしんどかったため


具体的な改善方法
枕を羽毛から少し固めのものに変えたり、寝る前に少しだけストレッチをするようにしました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪く眠りも浅く、時間的にはよく寝ていても疲れが取れていないことに気づいたとき。


具体的な改善方法
入浴後からねむるまでの間に、10分程度の簡単なストレッチを習慣づけた。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
日中肩凝りや頭痛があり、睡眠不足が原因なのではないかと思ったから


具体的な改善方法
睡眠時にスマートフォンをそばに置かないようにしたり枕を買い替えた。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
寝つきが悪くなり、寝てもすぐ目が覚めてしまい、疲れが取れないようになった。


具体的な改善方法
実際にどれだけ眠れているかを確認するため、Glory Fitというアプリと連携しているスマートウォッチを着けて寝るようにした。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
家族のいびきで起こされたり、起きた時に寝たりないと感じたことから。


具体的な改善方法
無印良品の「おやすみブレンド」というエッセンシャルオイルを、同じく無印良品のアロマストーンにたらして枕元に置いています。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
私はなかなか夜寝付けずに、昼間と夜が逆転しているため改善したいと思います。


具体的な改善方法
私は寝る前に音楽などを聴き早く起きるような意識したところ一日だけ早く起きることが出来ました

50代男性


改善しようと思ったきっかけ
不眠が原因で高血圧になり、イライラが激しくなり、運動不足で体重増になりました。


具体的な改善方法
マッサージピローを購入し、就寝前に首筋、肩甲骨まわり、ふくらはぎ、足の裏をマッサージして寝るようにしました。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
一週間ほど、色々な悩み事があって寝つきが悪くなったから、どうにかしたかった。


具体的な改善方法
昼に眠くなっても、夜の良質な睡眠のため、絶対に昼寝をしないように心がけた。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
布団に入ってから30分から1時間くらい寝つきが悪いので睡眠不足になることもあり、改善したいなと思いました。


具体的な改善方法
家事や用事がありいつも布団に入る時間が夜中の12時を過ぎていました。早寝が出来る日には、なるべく11時には床に就くように寝る時間を改善しました。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
大事な仕事の時などに、睡眠不足になるとこまると思ったから。


具体的な改善方法
ゆっくりと湯船につかって、つかれをとるようにした。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
中途覚醒と、その後の入眠困難により、睡眠不足を感じるようになったため。


具体的な改善方法
0時より前に就寝すると中途覚醒することが多いことに気づいたたため、0時以前に就寝しないようにした。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
睡眠時間が足りない日が続いたり昼夜逆転の原因になってしまっていたため。


具体的な改善方法
無理して生活リズムを変えようとしないで音を聞き流して寝るようにした。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
次の日の寝不足が辛かったから。睡眠不足解消で仕事の効率をあげるため。


具体的な改善方法
マットレスをトゥルースリーパーに変えた。睡眠が深くなり途中で目覚めなくなった。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
夜ぐっすり眠れないことで昼間イライラしたり過食症になったから。


具体的な改善方法
寝る1時間前からスマホやテレビを見るのをやめた。「めぐりズム蒸気でホットアイマスク完熟ゆずの香り」を寝る前につける。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
最近仕事のストレスで不眠症を発症してしまったことが原因で眠れない。


具体的な改善方法
まずは1つ不眠症であれば一度診察も1つだと思います!がお薬を多用するは辞めましょう!寝る前にスマホを見ないこと。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
小さい頃から寝つきが悪かったが、そこまで気にしていなかった。社会人になって、規則正しい生活が求められるようになってこのままではいけないと思い改善しようと思った


具体的な改善方法
土日は9時ごろまで、睡眠不足を補うために寝ていたが平日と同じ6時に必ず起床しリズムを崩さないようにこころがけた。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝付きが悪く朝起きた時にもなかなか疲れが取れていない。また夜中に途中で目が覚めてしまうことがある。


具体的な改善方法
寝る前に睡眠導入の音楽をかけて寝るようにしたり、枕を固めから柔らかめに変えた

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
年齢と共によく眠れない日が増えてきて日中の疲れを感じるようになったから。


具体的な改善方法
まったいらの硬質薄手だったマットレスを波形形状の厚めのものに変えた。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
なかなか寝れないとしんどいし、睡眠サイクルが乱れてますます良くないから。


具体的な改善方法
寝る1時間前からスマホを触るのを控える。昼寝をしないようにする。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きた時に体が疲れていたり、寝足りないと感じることが増えてきたから


具体的な改善方法
アロマディフューザーを使い、睡眠に良い柑橘系の香りなどを焚いてから寝るようにしている。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
中々寝付けず23時にベッドに入ってから寝るのに2~3時間かかる時が多々あった。


具体的な改善方法
ネットで調べた米軍のパイロットが使う睡眠方法を試してみたら地味に効果があった。食事をなるべく同じ時間にしてみたりもした。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
学校での居眠りや集中力の低下による学力の低下が著しかったため。


具体的な改善方法
ベット周りの騒音を減らした。例えば時計の音などがある。機械音がならない電子タイプに交換した。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
入眠障害でベッドに入ってからなかなか寝れなくて困っていたから


具体的な改善方法
寝る前にスマホを見るのを極力やめて、11時にはベッドに入っておくようにした。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
目覚めが悪く感じることや、熟睡できていないと感じることがあったから


具体的な改善方法
枕をふかふかの柔らかい物から少し硬めのくぼんでいる物に替えた。

30代女性


改善しようと思ったきっかけ
入眠するのに時間がかかり、色々と布団の中でネガティブな事を考えてしまい、明け方まで眠れない日が続いた。


具体的な改善方法
入眠儀式をするようにした。布団で難しい活字の本を読み疲れてウトウトしたら、すぐに電気を消して眠る癖をつけた。

30代男性


改善しようと思ったきっかけ
昔から寝付気が悪く、寝不足気味で体調が常に万全ではないため。


具体的な改善方法
枕を変えてみたり、ベットのマットレスの固さを変えてみたりしました。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
私はうつ病になってから急に寝れなくなりました。自分が困るので改善しようと思いました。


具体的な改善方法
私は、近くのメンタルクリニックに行って、自分の症状、また寝れなくて困っている事を先生にいって薬を出してもらいました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
布団に入っても寝付きが悪く、なかなか眠りにつけなかったことです。


具体的な改善方法
枕を変えました。あと、布団カバーも肌触りの良いものに変えました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
熟睡出来なくて仕事中寝てしまったからです。改善しないと会社から退職勧奨されました。


具体的な改善方法
枕を変えました。少し固めですが頭にフィットして熟睡出来る様になりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
昼夜逆転してしまい、生活習慣が乱れ気味なので改善しようと思いました。


具体的な改善方法
お風呂に入る前や入った後にストレッチやトレーニングをしました。

40代男性


改善しようと思ったきっかけ
寝起きに首や腰が痛いことが多く、寝覚めが心地よくないことがあったから。


具体的な改善方法
枕を西川のホテル枕に、マットレスをタンスのゲンの男のマットレスに変更。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
朝起きた時に疲れが取れていない、体が痛くなったり体調が良くならない。


具体的な改善方法
寝る環境を整えた、枕の高さを変えて寝返りがうちやすくなるようにした。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
なかなか寝付けず、午前3時とか4時頃まで起きていてしまうことがあったため。


具体的な改善方法
高さが低くて柔らかく、首が沈むくらいの枕を使っていたが、ある程度高さのある枕に替えた。

50代女性


改善しようと思ったきっかけ
長年、眠りが浅い状態が続いていて夕方にときたま強い眠気に襲われるからです。


具体的な改善方法
以前は、目の上に何も乗せない状態で睡眠していましたが、現在は濡れハンカチを乗せて寝ています。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
中々寝付けないので眠るまで時間がかかる、眠りが浅くすぐ起きてしまう、目の疲れが取れない。


具体的な改善方法
好きなリラックスできる音楽をかけながら眠る。自分の呼吸を意識しながら寝ると早く眠れるらしいので実践した。

20代男性


改善しようと思ったきっかけ
朝の目覚めが悪く、起きた時に首や肩が痛くなることが増えたからです。


具体的な改善方法
長年使っていた枕を「医師がすすめる健康枕肩楽寝」に変えました。

40代女性


改善しようと思ったきっかけ
なかなか寝付けず起きても爽快感がないので改善したいと思いました。


具体的な改善方法
持っているシンギングボウルを使ったところ、倍音のリラックス効果があるのか眠気が来やすいです。あと質のいい香りがするのでエジプト香油を付けて寝ると眠るまでの時間も心地よくなりました。

20代女性


改善しようと思ったきっかけ
昼寝をしてしまったときなどに、なかなか眠れないことがあったから。


具体的な改善方法
好きなYouTuber(東海オンエア)の動画をオフラインで流して寝る。

 

アンケート内容から厳選したおすすめの睡眠改善方法

アンケートで伺った、睡眠改善方法の中からいくつか抜粋してご紹介します。

おすすめの睡眠改善方法

  1. アロマを焚く
  2. 寝具を替える
  3. ハーブティを飲む
  4. 寝る前の軽い運動
  5. 寝る前にスマホを見るのをやめる
  6. 寝る前のコーヒーをやめた
  7. ツボ押しマッサージ

アロマを焚く

女性はアロマを焚く人が多かったです。香りには脳をリラックスさせるような効果もあることは広く知られています。特に多かったのは「ラベンダー」のアロマオイルです。無印良品のアロマを使用している人が多いのも印象的でした。

寝具を替える

寝具を替えたという方のほとんどは、「適当に買い揃えていた」とコメントしていました。寝具は身体に直接あたるもので、物理的な睡眠改善方法で最も重要なものです。いま睡眠にお悩みの方は、寝具を替えるだけで簡単に睡眠を改善できる可能性があるかもしれませんね。

ハーブティを飲む

ハーブティで睡眠改善効果がでたという方は、女性がほとんどでした。ハーブティは香りにリラックス効果があり、入眠儀式のひとつとしてもおすすめです。特に睡眠導入に良いとされるハーブは、カモミールラベンダーです。1杯あたり50円程度なので、お酒を飲むより全然お得です。

寝る前の軽い運動

寝る前に軽い運動をして、効果を感じた方はたくさんいました。具体的には、ヨガや軽いストレッチです。ほどよい運動をすることで、アクティブな交感神経から、リラックスモードの副交感神経への切り替えがスムーズにできるようになります。ただ、ここで注意すべきは息が荒くなるような激しい運動は絶対にNGです。

寝る前にスマホを見るのをやめる

寝る前にスマホをみると、ブルーライトの影響で目が覚醒状態になってしまします。眠れないときにはどうしてもスマホをみてしまいがち。睡眠不足だと感じたら、就寝する1時間前にはスマホもパソコンもみることを禁止しましょう。

ツボ押しマッサージをする

自分でツボ押しマッサージをすると、お金もかからないし、睡眠改善も見込めてコスパ良しです。アンケートに回答していただいた方は、肩・首・ふくらはぎ・足裏へのマッサージを良くするそうです。血行が良くなり、「軽い運動」のような効果が望めます。

独自性あり!少数派の睡眠改善方法10選

みなさんの睡眠改善方法を読み込んでいて、「独特だけど効果ありそう」と思ったものを根拠を元にご紹介します。

温めた牛乳に日本酒大さじ1

体験者曰く、温めた牛乳に日本酒大さじ1を入れて飲むとほどよく体がぽかぽかして眠れるようですね。

しかし、ホットミルクは睡眠の質を低下させる可能性もあるので、あまり多い量を飲まないようにしましょう。

筆者
もしホットミルクを飲む場合は睡眠の3時間以上前がおすすめです。

メモ

ホットミルクには脂質と糖質が多く含まれる。脂質と糖質は胃に負担をかけやすいので、睡眠中の胃が休まらないことで、睡眠の質が低下するといわれる。

「ゆたぽん」で足元あったか

ゆたぽんという電子レンジで温めて使用する、ゆたんぽで足の冷えを改善して眠れるようにするという改善方法です。

ゆたんぽは特に寒い時期に大活躍する快眠グッズです。

足元用だけでなく、肩やお尻用もあるので、デスクワークで疲れた部位をピンポイントであたためてコリなどの改善・疲労回復効果が見込めます。

メモ

湯たんぽは身体の末端部位をあたためてくれます。睡眠時の深部体温を下がりやすくしてくれるので、入眠をスムーズにする効果が期待できます。

足をあげて寝る

「足をあげて眠ると良い」と聞いたことがありますか?実践して睡眠改善できたという方は、ノーブランドのどこにでもあるような長めの枕を足元に置いて寝てみたそうです。

枕を敷かずとも、ブレインスリープが販売している足部分が高くなっているマットレスもあるのでぜひチェックしてみてください。

メモ

足を上げることで、血行を良くします。血行が良くなることで、深部体温が下がりやすくなり入眠をスムーズにしてくれます。また、足のむくみ改善効果も同時に見込めます。

他に気になっている睡眠グッズや方法・寝具についての調査結果

他にも気になった睡眠グッズや改善方法がありませんか?という質問にもお答えいただきました。

みなさん多種多様な回答をしてくださっているので、わかりやすく「睡眠グッズ」と「睡眠改善方法」に分けてご紹介していきます。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-睡眠の質を上げる方法