寝だめのメリットデメリット|逆に疲れる休日の過ごし方

休日にいつもより何時間も遅く起きたりしていませんか。ゆっくり寝たい気持ちも分かりますが、過度な寝だめは禁物です!

今回は寝だめするメリット・デメリット、睡眠の質を高める方法も紹介します。

「ぐっすり寝て、疲れをとりたい!」と思っている人は、寝だめする前にこの記事を読んでみてくださいね。

寝だめのメリットは少なくデメリット大

平日の睡眠不足を補うために休みの日に寝だめする人も多いのではないでしょうか。

まずは寝だめをするメリット・デメリットから紹介します。

寝だめのメリット

寝だめするメリットは実はほとんどありません

平日にあまり寝られなかったからといって休日にまとめて寝ようとしたり、明日寝るぶんを前もって寝ても意味ないです。

ただ、適切な時間の範囲内で寝だめするのであれば「多少の疲れがとれる」「気持ちが満たされる」などの効果も感じやすくなります。

睡眠不足がずっと続いている、なんか気持ちが疲れている人は、適切な時間を守っていつもより少し多めに寝るようにしましょう。

寝だめのデメリット

寝だめをするデメリットは体内時計がズレてしまうことです。

休みの前日は夜更かし、休日はいつもより2時間以上遅く起きるという人は要注意。

体内時計がズレて日曜の夜に寝つけない、月曜の朝にだるいと感じるようになります。

体内時計がズレると、私たちの体は軽い「時差ボケ」のような状態になります。

時差ボケ状態になると集中力や判断力、記憶力も低下し、仕事中にボーっとする、寝つきが悪くなるなどの症状が出はじめます。

症状が悪化すれば肥満や生活習慣病のリスクが高まり、うつ気味になることも。

しかも、体内時計を狂わせるのは簡単ですが、リセットするのが何よりも大変です。

もとの正しい状態に戻すためには「毎日決まった時間に起きる」「運動をする」など、体にいい習慣をある程度続けなければなりません。

週末の寝だめはどれくらいまでして良い?

どうしても休日に寝だめしたい人は、いつもの睡眠時間「+2時間以内」にしましょう

2時間以上の寝だめは、体内時計がズレる原因になるのでおすすめしません。

体にも負担となり、デメリットを感じやすくなります。

また、寝だめをするなら就寝時間を早めるのも効果的です。

早く寝ていつも通り起きるようにするだけでも体への負担は少なくなります

寝だめを避けるために普段の睡眠の質を高めよう

休日の寝だめを避けるために、毎日の睡眠を見直して質の高い睡眠を目指しましょう。睡眠の質を高める4つのコツを紹介します。

睡眠お助けアイテムを活用する

睡眠の質を高めるもっとも簡単な方法は睡眠のお助けアイテムを活用することです。

睡眠のお助けアイテムとは例えば音楽やサプリ、アロマ、寝具など。

そのなかでもおすすめはアロマ(精油)です。

アロマの香りは、気持ちを落ち着かせてくれるセロトニンの分泌を促します。

嗅覚で感じる刺激は脳までダイレクトに届きやすいためです。

リラックス効果をより感じたいなら「ラベンダー」や「ユーカリ」がおすすめ。

ラベンダーには鎮静作用やバランスを整える働き、スッとした香りのユーカリには頭をすっきりさせる効果があります。

なるべく天然素材にこだわったものを選ぶと、アロマのパワーも感じやすくなるでしょう。

睡眠の質を高めてくれるアイテムはたくさんありますが、もちろん相性や好みもあります。

あなたにピッタリのお助けアイテムを見つけるために、まずはいろいろお試ししてみてくださいね。

睡眠記録をとってみる

睡眠の質を高めるために毎日何時くらいに寝て何時に起きるのか、あなたの睡眠記録をとってみましょう。

最近は睡眠記録や睡眠のサイクルも管理できる便利なアプリがたくさんあります。入力が面倒であれば、簡単なメモ書きでも大丈夫です。

睡眠記録を2週間~1カ月くらい続けると、睡眠の傾向が見えてきます。

もしいつも休みの日に2時間以上寝だめしていることが分かったら、その2時間をなるべく小分けにして割り振ります

2時間(120分)÷7日=約20分」を、毎日の睡眠時間に取り入れてみましょう。

まとめて寝だめするとデメリットが大きいですが、毎日ちょっとずつ長く寝ると、体への負担も少なく済みます。

休みの日もとりあえず起きる

休日でもいつもと同じくらいの時間に、とりあえず布団から出るように意識してください。

カーテンを開けて日光を浴びて、体を起こします。白湯を飲んだり、朝ご飯を食べたり、なるべく普段と同じように活動するといいでしょう。

体内時計のズレを予防することが、夜に自然な眠気を感じやすくするポイントです。

それでも「やっぱり眠い」「もう少し体を休めたい」と感じたら短い昼寝をします。

昼寝は15~30分以内に留めておくのがベスト。あまりに長い昼寝は、目覚めたあとかえって眠気が増したり、夜眠れなくなったりと逆効果です。

昼寝するときは目覚まし時計やスマホのアラームをかけて起きられるように工夫しましょう

なるべく日光浴びる

体内時計を整えることが、睡眠の質を高めるためにも大切です。昼間はなるべく日光を浴びて、体内時計を整えましょう。

日光を浴びると、夜の時間帯に体内で「メラトニン」が分泌されます。

メラトニンは別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれる、睡眠を促してくれる大切なホルモンです。

分泌されると、自然に眠気を感じるようになります。

リモートワークやデスクワークで昼間あまり外に出ない人も、なるべく1日20~30分は日光に浴びましょう。

休憩中カーテンを開けて日に当たる、ちょっとベランダに出るだけでも効果はあるはず。

反対に、夜になったら明るすぎるのはNGです。

メラトニンがなかなか分泌されず、眠気を感じにくくなる可能性もあります。

部屋の照明はなるべく控えめにして寝るまでの時間はゆったり過ごしましょう

寝だめは意味ないのが一般的【まとめ】

寝だめをしても意味がありません。集中力や判断力が低下したり、仕事中に強い眠気を感じたり、昼間の活動に良くない影響が出やすくなります。肥満やメタボ、生活習慣病などのリスクも高まり、気分の落ち込みやうつ気味になる人もいるかもしれません。

 

まずは毎日の睡眠を見直すことから始めてみましょう。睡眠を促進するアロマや音楽、心地いい寝具やパジャマを取り入れるのも効果的です。何より自分が好きなもの、落ち着くものに囲まれて眠りにつく時間は、心身ともに満たしてくれます。睡眠時間は、なるべく1日7時間以上確保しましょう。毎日同じくらいの睡眠時間になるように心がけると、さらに効果的です。

 

どうしても昼間に眠くなってしまったら、20分くらいの昼寝をします。実際に眠らなくても、目を閉じて視界を遮るだけで脳を休める効果があるので、試してみてくださいね。

 

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。とっかえひっかえで腰痛にやさしいマットレスを探し続け、いまはエマハイブリッドを愛用。寝室はマットレスだらけ。自己紹介ページ

-快眠マットレスおすすめ17選