【2021年夏】じわじわ人気上昇中のおすすめ(洗える)枕はこの3つ!

ネットで新しい枕を手に入れたいと検討中の方は、かなりの種類でとても選びきれないという方も多いでしょう。

それもそのはず、現在でまわっている枕って数百種類はあるんです。

探せば探すほど、どれがいいの?って感じだと思います。

今回はそんな方のために、「これにしておけばきっと満足できる」という厳選した枕を3タイプ最新3つをご紹介していきます。

ぜひ参考にしてください。

【枕の選び方】大事なポイントを抑えよう

枕選びのポイント

・通気性の高さ

・丸洗いができる

・寝返りがしやすい

通気性の高さ

通気性の高さは、[ムレを抑える、カビやダニ防止]において重要なポイントです。

通気性が悪いと、汗の湿気と頭の体温で枕内部が蒸れてしまい寝心地を低下させる悪材料に

そして、通気性の悪さは枕内部の湿気を発散することができず、カビやダニの温床になるわけです。

勘違いしやすく、気をつけていただきたいのは「冬だから大丈夫」と思うこと。

そんなことはありません

夏も冬も同じくらい汗をかくことはぜひ頭に入れておいてほしいです。

中材が丸洗いができる素材

中材が丸洗いできることは、[枕の衛生面]にとって重要なポイント。

洗えない枕は、カビやダニが発生する確率がどうしても高くなります。

陰干しを定期的におこなうことで回避することは可能ですが、丸洗いができればいつでも清潔な環境を保てるんです。

洗えない枕中材

ウレタン/羽毛/そばから

寝返りがしやすい硬さやサイズ

寝返りのしやすさは、[硬さ(反発性)とサイズ]で決まります。

ヒトは1日に約20回ほども寝返りを打つことをご存じでしょうか。

もし、寝返りがしにくい枕であれば寝返りを打つときに余計な力を使うことになり、首周りの疲れや中途覚醒(途中で起きてしまうこと)に繋がってしまいます。

また、枕のサイズも重要です。

寝返りを打った時に、はみ出てしまうような小さい枕だといけません

ある程度のサイズがあることを確認しましょう。

【タイプ別】洗えるおすすめ枕3つ

先ほどの[通気性の高さ/丸洗いができる/寝返りがしやすい]の3点をクリアしているものをピックアップしています。

西川「肩楽寝」

価格(税込) 5,500円
中素材 パイプ
通気性
丸洗い 可能
寝返り 両サイドが高めで
寝返りへの配慮◎
備考 高めと低めの2種類あり

医師が勧める三点支持理論枕

「後頭部と首、肩」の三点を支えると理想のバランスが保てる独自理論で開発されました。

その特徴は、両サイドが高めで「寝返りが楽」なこと「高さの微調整が可能」なこと、「首と肩にフィットする形」であることです。

首がしっかり支えられる構造が、近年問題となっているストレートネックの改善にもつながるといわれています。

西川公式ショップ

ジムナス「ジムナストソフトフィール」

出典:Amazon

価格(税込) 10,780円
中素材 ビーズ・パイプ
通気性
丸洗い 可能
寝返り 両サイドが高めで
寝返りへの配慮◎
備考 入荷まで約1か月待ち

絶妙な弾力!セルフオーダー式最強枕

パルプとビーズで絶妙な感触と弾力を持ち合わせた、寝心地抜群の枕です。

セルフオーダー式とは、付属のパルプ素材を枕のポケットに入れることで、自分で細かな微調整が効く画期的な方法。

その高さ調節可能なところが、口コミでも大変喜ばれています

さらに、その調節用素材は竹炭を使用した素材で、消臭効果もあります。

なかなか値段も高いですが、毎日使うものと考えれば安いものとも感じます。

Amazonで見る

ブレインスリープ「ブレインスリープピロー」

価格(税込) 33,000円
中素材 高反発ファイバー
通気性
丸洗い 可能
寝返り しっかりとした
反発力で
寝返りしやすい
備考 専用カバーは高いので
プレゼントキャンペーン中
に購入するのが◎

使っていくたび馴染む,脳を眠らせる枕

「脳を眠らせる」と比喩されるほど、断トツで通気性が高いです。

脳を眠らせるといわれるのは、眠るためには体温を下げる必要があることから。
頭部の体温を下げることも入眠には必要です。

ブレインスリープピローの通気性の高さによって、頭がまったくムレることなく、入眠に必要のない体温上昇を防いでくれるというわけですね。

ファイバー素材イメージ

素材がファイバーなので、その他[防ダニ・防カビ・防臭]など、衛生面にとても強いんです。

>>高反発ファイバー素材の枕のメリットデメリット

ZZZland公式ショップ

女性におすすめの最新「機能美枕」

番外編にはなりますが、ひとつご紹介させてください。

肌触り癒される【LIMNE THE PILLOW 】

価格(税込) 12,500円
中素材 高反発ウレタン
通気性
丸洗い 不可
(カバーのみ)
寝返り 枕の面積が広く
余裕をもった
寝返りができる
備考 独自の研究で
女性による
使い心地を追求

■落ち着きと高級感のあるブランド

リムネの寝具は、グレーを基調としていて、少し大人向け

そのリムネが開発した枕は、通常よりも少し大きめにつくられています。

なぜかというと、寝返りのため

「寝返りに余裕と安心感をもってもらえるように」と思いが込められています。

素材の質感は、柔らかくふわふわで包み込まれるよう。

ただデメリットが、中のウレタン素材の芯を洗えないことです。
カバーは外して洗うことができますが、気になる方は別の枕をおすすめします。

>>「リムネシリーズ」新感覚枕の魅力

リムネ公式サイト


 最後に

今回は、夏に最適な通気性がある枕をご紹介しましたが、実際には少し違います。

夏も冬も「枕の通気性」は良い枕を選ぶための、とても重要なポイントなんです。

 

寝汗の量はもちろん変わりますが、冬だってコップ1杯分の汗はかいています。

枕に関しては季節を考慮する必要性はありません。

 

とにかく、今回ご説明した[通気性・丸洗いできるかどうか・寝返りしやすいか]の3つを意識して選びましょう。

ご参考になれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-おすすめ枕