ストレートネックおすすめ対処法!『タオル枕』を実際にやってみた感想

近年、スマホやパソコンを使うことが多くなりとても便利な時代になりましたよね。

その一方で現代病といわれるいろいろな弊害がおきていることをご存じですか?

今回は睡眠と深くかかわる現代病「ストレートネック」についての記事です。

対処法のひとつである「タオル枕」を実際にやってみてどんな感じだったのかという感想も書きましたので参考にしてみてください!

ストレートネックとは

ストレートネックは「スマホ首」も呼ばれる現代病の一種です。

首は本来、ゆるいS字カーブで頭の重さをバランスよく支えているのですが、ストレートネックはその自然なカーブが失われて首や肩のコリを生み出してしまう原因となります。

ストレートネックはひどくなるとこんな症状も

●手足のしびれ
●頭痛
●腰痛

●眼精疲労
●自律神経の乱れ

首の頸椎が支えきれなくなり、首の筋肉への負担が大きくなることで首や肩のコリにつながりますが、ひどくなると一見関係なさそうな手足のしびれや眼精疲労などいろいろな症状の原因になったりもするのでそうなる前に(そうなってしまったら)早めの対策が必要です。

ストレートネックの原因2つ

ストレートネックの原因は主に2つです。

ストレートネックの原因

①スマホ・パソコンをいじるときの前傾姿勢
②枕が高い

やはり、スマホやパソコンは現代ではもはや手放せないツールなので主な原因は①になります。

②の枕が高いことは気づいていない場合が多く、ぼくに枕の相談をしていただける方の中にも、いわれてから高さがあっていない(高い)ことに気づく方が少なくないのが現状です。

そして今回ピックアップして解決していこうと思っているのは②の「枕が高い」です。

ストレートネック対処法『タオル枕』

タオル枕はバスタオルで簡単にできて、ストレートネックに効果のあるとされる対処法です。

タオル枕の効果

ストレートネックの改善といびき改善に効果があります。

ストレークネックが改善できると、前の章であげた頭痛や腰痛など、それにともなって起こる症状の予防に期待できます。

他にもいびきを治すこともできるとされてます。

枕が高いことで気道が圧迫されてしまうのを防ぐからです。

タオル枕のメリット・デメリット

タオル枕のメリット
■お手軽にできる
■自分で調節ができる
■洗濯が簡単で清潔を保てる

おうちにあるバスタオルでできて新たに枕を購入することがないので、コストがかかりません。また自分で高さの調節ができるので「自分好みの枕」にすることができます。

洗濯が普通にバスタオルとしての選択なので簡単ということころもメリットのひとつですね。


タオル枕のデメリット
■形が崩れやすい
■硬く感じる可能性がある
■高さの微調整が必要

まず、寝返りをすることで形が崩れやすく巻きが緩くなることでフィット感が薄れることも。普段使っている枕のように弾力性などがないため硬く、寝にくく感じていしまう場合もあります。
そして一発で高さが合えばいいですが、なかなか自分に合った高さが見つからないというときは日々の微調整が必要となり少し面倒です。

タオル枕を実際にやってみた感想

調べてみたけど実際に体験してみないとわからない!ということで実際にやってみましたので皆さんの参考になればと思います。

タオル枕のやり方

①画像のようにまず四つ折りにして、その状態からくるっと上に向かってしっかりめに巻きます。

②で完成!

簡単なのが一番です。

けっこうしっくりくるし首が楽な感じ。。。いいかも?

一晩寝てみての感想

デメリットで形が崩れる、硬いなどありましたが実際にはあまりくずれずに朝まで眠ることができました。

(寝相がいいタイプということもあるかもしれませんが)

寝る前は硬さも不安でしたが、朝起きたときにいつもより体が軽いなという感覚。

これは続けたら期待できる効果もあるかもしれないと思わせてくれる結果でした。

高さにびっくり

今回しっくりきた高さが、なんとたったの6.5㎝!!

引用:ニトリ公式販売サイト

普段使っていた枕は頭をのせて沈む前とはいえ(ニトリのホテル枕)16cmもありました。

倍以上。。。もしかしたら全然あっていなかったのかもしれません

(ニトリのホテル枕が悪いのではなく、あくまでも自分に合っていなかったという見解です。)

枕が自分に合ってなかったんじゃないかと、考え直すきっかけとなった一晩となりました。

オーダーメイドの枕が一番?

そして正直コストはかかるけどオーダーメイド枕が一番しっくりくると思います。

タオル枕はある意味オーダーメイドの枕ということですがデメリットも考慮するとちょっとめんどくさい。

そんな方のために、使えば使うほど自分の頭や首に合った形になる枕『ブレインスリープピロー』を紹介している記事もあるのでよかったら参考にしてくださいね。

参考ブレインスリープピローの口コミ・評判|7つの睡眠の悩みを解決。

続きを見る

まとめ

ストレートネックと対処法のタオル枕についてでした。

 

実際にタオル枕で寝てみてあらためて気づいたのは「枕は重要で、自分の好みで選んでいた枕と自分に合っている枕は違う」ということ。

 

みなさんもいまの枕が自分に合っているかどうかを確認するために一度「タオル枕」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

この記事ですこしでもよい睡眠が取れることができれば幸いです。

なにかご相談やご意見などありましたら、下のコメント欄からお願いいたします。

 

なんでも頂ければモチベーションにもつながります。

よろしくおねがいします。

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-睡眠の質改善