ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズを体験レビュー|コンフォーターとの違いは?

ブレインスリープコンフォーターオールシーズン 体験レビュー 口コミ

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズは2022年6月に販売開始された高機能の掛け布団です。

私はクラウドファンディングのMakuakeで先行して購入したので6月頭くらいから使用しています。

ブレインスリープ コンフォーター オールシーズン

「ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズ」はその名のとおり、年間を通して使用でききます。

筆者
寒くなってきたときのインナーケット利用レビューは、また11月頃お届けします。

この記事ではコンフォーターオールシーズンズを体験し、感じたことを率直にレビューしていくのでぜひ気になるところだけでもごらんください。

分割払いもできる

365日ずっと快適になる優れもの!

公式サイトで見てみる

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズの体験レビュー

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズの体験レビューです。

名前が長いのでここから「オールシーズンズ」と呼ばせていただきますね。

裏表で体感温度が変わる

オールシーズンズは裏表で体感温度が変わります。

片面が温かく感じられ、もう片面は冷たく感じる冷感仕様です。

仕組み的には冷感パッドを想像していただくとわかりやすいかと思います。

暑い季節にはうれしい機能性です。

実際に冷たい面を触ってみるとすごくひんやりしています。

反対に、暖かい面は暑い時期にはかけてられないほどぬくぬく感がありました。

見た目ではわかりにくいですが触るとよくわかります。

掛け心地がとても軽い

オールシーズンズは掛け心地がとても軽いです。

重さがなんと1.2㎏しかありません。

一般的なタオルケットの重さが1.8㎏といわれているので、それよりも軽くてほとんど重さを感じない程度です。

オールシーズンズはコンパクトに収納できる

オールシーズンズはとてもコンパクトで軽い布団です。

とにかく薄く、近くにあったポスカと同じ厚みでした。

折りたたむとこんなに小さくまとまります。

もともと専用の袋にコンパクトに丸まって入っていました。

折りたたんでから丸めれば...

こんな感じで袋にしまうこともできます。

お手入れは自宅の洗濯機で簡単丸洗い

オールシーズンズは簡単に洗濯機で丸洗いができます

布団は基本的にカバーだけ洗濯可能で、中の素材は洗濯機で洗えないことも多く、クリーニングに出すことになります。

しかしオールシーズンズの場合は丸ごと自宅の洗濯機で洗えます。

クリーニングに出す手間もなく、楽に衛生管理ができるのです。

ただし洗濯のときにはいくつか注意点があるので、次の項目でしっかり確認してみてください。

分割払いもできる

365日ずっと快適になる優れもの!

公式サイトで見てみる

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズの感想まとめ

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズの感想をまとめます。

夏でも暑くなりすぎず快適だった

本当に夏でも快適なのか気になるところだとおもいます。

わたし自身もブレインスリープコンフォーターオールシーズンズで一番求めるところはこの点でした。

実際、30℃を超える夜に使用してみるとひんやり感が気持ちよかったです。

夏は暑さで途中で起きてしまうこともあります。

途中で起きると睡眠の質が下がり、寝不足気味になることだってあります。

そんなときにブレインスリープコンフォーターオールシーズンズは最適かもしれません。

筆者
今まで夏はタオルケットを使用してましたが、オールシーズンズにしてから肌触りが気持ちよすぎて手放せなくなりました。

ずっと冷たいわけではない

あまり期待しすぎない方が良い点として、ずっと冷たいわけではないことをお伝えしておきます。

あくまでも触れていないところが冷たいので、触れた瞬間から体温で温められます

冷感パッドを使用したことがある人はわかるとおもいますが、それと同じような感覚です。

ただ調温機能があるので、暑くなりすぎるような感覚はありません

暑がりの人や、汗っかきの人にはとくにおすすめですし、体温調整機能が整っていないお子様にもおすすめできるとおもいます。

公式サイトで見てみる

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズ洗濯時の注意点

オールシーズンズは簡単に洗濯機で丸洗いできますが、注意点が2つあるので確認しておきましょう。

注意ポイント

  • 単独かつ洗濯ネットに入れる
  • 必ず天気の良い日にする

単独かつ洗濯ネットに入れる

ブレインスリープオールシーズンズを洗濯機で洗うときには単独で、かつ洗濯ネットに入れましょう。

ただ実際に洗濯ネットに入れて他の衣類と洗濯してみたところ、特に問題は感じませんでした。

筆者
私はちょっとめんどくさがり屋なので。

たまたまかもしれないので皆さんはしっかり注意事項を守りましょう

必ず天気の良い日にする

ブレインスリープオールシーズンズの洗濯日を間違えると大変なことになります。

いくら薄くて乾きやすいとはいえ、曇りの日や雨の日は乾くのに時間がかかります。

乾くのに時間がかかると、その間に嫌な匂いのもとであるバクテリアが増殖する可能性もあります

必ず天気の良い日に洗濯をしましょうね。

ブレインスリープコンフォーターとの違い

ブレインスリープにはコンフォーターと名のつくものが2種類あります。

ひとつは今回体験レビューしている「コンフォーターオールシーズンズ」で、もうひとつは以前から販売している「ブレインスリープコンフォーター」です。

なにが違うのかわからないと決めきれない部分もあるとおもうので簡単かつわかりやすく比較していきます。

まずは比較表でおおまかに確認しましょう。

商品画像
商品名 オールシーズンズ コンフォーター
価格(税込) 19,800円 55,000円
サイズ ・シングル
・セミダブル
・ダブル
・クイーン
・シングル
・セミダブル
・ダブル
・クイーン
素材 片面:ポリエステル100%
もう片面:ナイロン100%
中綿:レーヨン,ポリエステル各50%
側生地:ポリエステル100%
中綿:ポリエステル100%
おもり:オレフィン系複合樹脂
重さ 約1.2㎏ 約4.8㎏(おもり含む)
適応季節 1年中 秋・冬・春
洗濯 丸洗い可能 丸洗い可能
おすすめしたい人
  • 快眠のためにお金をかけれる
  • 簡単に洗える布団が良い
  • 暑がり汗っかきな人
  • 体温調節機能が整ってないお子様
  • 冬の布団が今のままでは寒い
  • 睡眠の質よりもコスパ重視
  • 重めの掛けふとんが好き
  • タオルケットが好き

おすすめな人そうでない人の詳細はこちらにまとめています。

両商品の大きな違いは3つです。

  1. 重さの違い
  2. 値段の違い
  3. 1年中使えるかどうか

ひとつずつ解説していきます。

※以下「ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズ=オールシーズンズ」、「ブレインスリープコンフォーター=コンフォーター」とします。

重さの違い

まずは重さですが、オールシーズンズに比べてコンフォーターは約4倍の重さです。

そもそもコンフォーターは、重さがあることが特徴で、その重さは取り外し可能なおもりによるものです。

なぜおもりがある?

おもりによる効果は2つあります。胸元の適度な重みは「安心感」、サイドのおもみは「布団内の温度を保つため」です。

反対にオールシーズンズの方はおもりがなく、1.2㎏と軽いうえに薄いです。

値段の違い

両製品は、値段が大きく違います

オールシーズンズ コンフォーター
  • シングル:19,800円
  • セミダブル:25,300円
  • ダブル:30,800円
  • クイーン:39,600円
  • シングル:55,000円
  • セミダブル:60,500円
  • ダブル:66,000円
  • クイーン:77,000円

単純にコンフォーターは冬でも1枚で使用できたり、おもりがついていたりするので価格が高くなっています。

羽毛布団と比べると安く感じますが、単体で見ると購入するには勇気のいる価格です。

オールシーズンズは宇宙テクノロジーを使用していて高機能ですが、比較的手の出しやすい価格となってますね。

1年中使えるかどうか【重要】

1年中使えるかどうかは購入目的に関わるので最重要ポイントです。

適応シーズンはそれぞれ違います。

コンフォーターオールシーズンズ ブレインスリープコンフォーター
1年中 秋・冬・春

上記のとおり、オールシーズンズは1年中使用できます

夏にはそれ1枚で、冬など寒くなってきたら、インナーケットとして他の掛け布団と併用して使うことで暖かさをキープできるというものです。

例えるなら、コンフォーターはダウンジャケットで、オールシーズンズはユニクロのライトダウンでしょうか。

ライトダウンであるオールシーズンズは冬に1枚で使用するには寒いです。

そして、コンフォーターの方は[秋・冬・春]とあるので、基本的には寒い時期にのみ適していて夏は暑くて使えないということです。

そのためあなたがどう使いたいかによって購入するべき商品が変わるわけですね。

分割払いもできる

365日ずっと快適になる優れもの!

公式サイトで見てみる

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズがおすすめな人

実際に体験した私が考えるブレインスリープコンフォーターオールシーズンズがおすすめな人は以下です。

おすすめな人

  • 快眠のためにお金をかけれる
  • 簡単に洗える布団が良い
  • 暑がり汗っかきな人
  • 体温調節機能が整ってないお子様
  • 冬の布団が今のままでは寒い
筆者
多くあてはまるほど、おすすめできるといえます。

オールシーズンズはシングルサイズで19,800円します。けっして安くはないので、それくらい自己投資だと思えて、快眠のためにお金をかけれる人におすすめできるでしょう。また、簡単に洗えて衛生状態を保てる布団を求めているや、暑がり汗っかきな人にはベストな掛けふとんだといえるでしょう。

さらに冬の布団が今のままでは寒いと感じている場合は、インナーケットとしてオールシーズンズを使用すると、寒さを解決できるかもしれません。

ブレインスリープオールシーズンズは、掛けふとんの補助としても役立ちます

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズがおすすめできない人

続いて、ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズがおすすめできない人はこちらです。

おすすめできない人

  • 睡眠の質よりもコスパ重視
  • 重めの掛けふとんが好き
  • タオルケットが好き
  • それ1枚で使おうとしている

正直、布団は1万円以下で手に入ります

なので布団に1万円以上かけられない人はコスパを重視して値段の低い布団を選ぶと良いです。

また、オールシーズンズは非常に軽い布団です。最近では少し重みのある布団の方が安心感が出てリラックスできるともいわれます。

その効果が気になっていて、重さが欲しい人にはおすすめできないでしょう。

オールシーズンズは薄手の掛け布団なので、夏はそれ1枚だけでちょうど良くベストなのですが、冬は別の掛け布団と併用しなければ寒さは防げません。

あくまでも「今使用中の布団だけだと少し寒い」を快適にするアイテムなので、「冬用の暖かい掛け布団」とはいえないので注意しましょう。

>>ブレインスリープ コンフォーター オールシーズンズ

ブレインスリープコンフォーターオールシーズンズの体験レビューまとめ

やはりオールシーズンズのポイントは「暑くなりすぎない点」です。

夏でも快適に眠るために自己投資するべきだと個人的には考えます。

ぜひ皆さんも軽くて汎用性もあるオールシーズンズを手に入れて、暑くてジメジメした季節を乗り越えましょう!

分割払いもできる

365日ずっと快適になる優れもの!

公式サイトで見てみる

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

【上級睡眠指導士782号】 身長175㎝/体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。腰痛にやさしいマットレスが特に好き。寝室はマットレスだらけです。 自己紹介ページ

-ブレインスリープピロー