【愛用歴5年】エアウィーヴ01のレビュー|選んだ理由は3つです

エアウィーブ 01 レビュー 体験

こんな人に読んで欲しい

  • 「人生の3分の1の時間は眠っている時間」
  • 「脳が本当の意味で休息を取れるのは眠っている時間だけ」

最近このような言葉がよく聞かれるようになり、自分に合った寝具を選ぶことの重要性が注目されています。

エアウィーヴは種類が多く、興味はあるけれど「どれを選んだらいいのか悩んでいる」と感じてる方も多いはず。

この記事では、私が購入してから5年経ったいまも使っているエアウィーヴ01の使用感と体験談を紹介したいと思います。

特に「購入時に注意すべきこと」は先に確認しておくと、後悔するリスクを減らせる内容になってます。
これからエアウィーヴを購入し、睡眠の改善を目指してる方の参考になれば嬉しいです。(価格は2022年2月時点の情報です。)

エアウィーブ01体験者

自己紹介

もも

32歳/女性/身長155㎝/体重48㎏

仕事を頑張りすぎて体調を崩してしまい、回復のためには睡眠の質を上げる必要があると考え「高くても良い寝具を!」と思い、エアウィーヴのマットレスを購入しました。腰痛の改善や、睡眠の質向上、布団に横たわった時の気持ちよさなど、大満足で、紹介したい事が沢山あります。

エアウィーヴ01のレビュー

エアウィーヴ 01 マットレス トッパー

総合評価 46/50
コスパ 8/10
寝心地 9/10
ムレ感 10/10
腰痛対策 10/10
寝返りのしやすさ 9/10

エアウィーヴ01は、エアウィーヴの中でも初期から販売している基本的なタイプ。でありながら2021年にリニューアルをし、カバーやファイバー素材の洗いやすさが向上しました。「お客様の声を聞く」姿勢が、いつまでも信頼のおけるメーカーである理由です。

エアウィーヴのモデル別口コミ詳細はこちら

エアウィーヴ01を実際に使ってみたレビュー

私が使用しているのはエアウィーヴの「エアウィーヴ01」という商品です。その使用感を[寝心地・通気性・利便性]の項目ごとにレビューしていきます。

寝心地(かたさなど)

エアウィーヴは高反発系のマットレスのため、低反発系の柔らかいマットレスとは全く違う魅力があります。

心地よい適度な反発感があり、しっかりと体全体を支えてくれるんです。布団に入ると思わず「う~!」と伸びをしたくなるような、一日頑張った体を包み込んでくれるような気持ちよさです。また、私が使っているエアウィーヴ01は、部分によって硬さが異なる点が気に入っています。

肩の圧迫感が少ない

肩周りは柔らかめになっているので横向きに寝た時に肩が痛くなりにくく、

横向き寝

逆に、足元は少し硬めになっているので腰やお尻のように体圧が強くかかる部分が沈み込みることはありません。
沈み込みが大きくなってしまうと、寝返りしにくいことや負担が多くかかることから、腰痛の原因になってしまいます。

 

腰痛対策には、寝姿勢が大事。エアウィーヴ01は就寝時の体のラインを一直線に保ってくれるうえに、適度な反発力によって寝返りも打ちやすいと感じます。

通気性

エアウィーヴ01の中素材は「エアファイバー」という特殊な繊維でできているため、普通のマットレスに比べて通気性は良いです。

カバーの裏表がCool面(夏用)とWarm面(冬用)に分かれたリバーシブル仕様になっています。

夏用のCool面はメッシュ素材でできているため、より通気性が良くさらさら感が長続き。
冬用のWarm面はキルティング加工されている面。生地と生地の間に中綿が入っているのでふんわり触感の暖かい仕様です。

利便性

エアファイバーは汚れたら水で丸洗いができます。

本体の素材

洗いたい時は、カバーを取ってお風呂場のシャワーなどを使って掃除をします。

普通のマットレスは、カバーは洗えてもマットレスの中身自体は洗うことが出来ないため、中身も丸ごと洗えるというのは非常に珍しく便利ですよね。

丸洗いはエアウィーヴを選ぶメリットのひとつです。

エアウィーヴ01の使い方は『寝心地補助』

具体的にエアウィーヴ01はどのように使うのかはご存じでしょうか。
実は1枚で使用するマットレスではありません。必ず別のマットレスか敷布団の上に敷いて使用します。

マットレスパッド(トッパー)として使用

エアウィーヴ01は、寝心地補助用のマットレスパッドです。

トッパーともいいますね。

今使っているベッドマットレス・床敷用の薄めマットレス・もしくは敷布団などの上にそのまま重ねるだけで、使用出来ます。

もし手持ちで持っていなければ、別で購入する必要がでてきます。

そのときどんなマットレスだとエアウィーヴの下に敷くものとして適しているのか、わからないと思います。

私が実際にエアウィーヴの店員さんに伺った話は後半にお伝えしますね。
いま知りたい方はこちらからどうぞ。
>店員さんに伺った話へジャンプ

衛生・寿命を延ばすために敷きパッドを敷く

専用カバーはもともと付属されています。

ですが、私はなるべく専用カバーが汚れたり傷むことを避けたいので、さらに上から敷きパッドを敷いてます。
敷パッドを敷くことは、寿命を確実に延ばすために必須です。

それにいくら簡単に丸洗いできるとはいえ、しょっちゅう本体を洗うのも面倒です。
逆にいうと、それくらい「手間じゃないでしょ」と感じた人は敷パッドは必要ないかもしれません。

エアウィーヴ01使用時に注意すべきこと

マットレス 注意点

実際に私が使用していて、「ココを注意しなければ損をする」と感じた点を3つご紹介します。購入前にチェックしておいた方が良い点ばかりなのでぜひごらんくださいね。

ただ前提として、ここでの記述は私個人の感想と捉えてください。

布団の上に敷くのは個人的にはNG

布団の上にエアウィーヴ01を敷くのはNG感じています。

公式のホームページには、布団の上に敷いて使用する事もできると書いてあるので、決して間違った使い方ではありません。
実際に、床の上に布団を1枚敷き、その上にエアウィーヴ01を敷いて寝てみたことがあります。

そのとき感じたことは、やはり厚み(10cmくらい)が足りず底付き感がありました。
これではエアウィーヴ本来の良さを活かしきれていないと感じました。

という理由で、布団の上に敷いて使うのは個人的にはあまりおすすめはできません

下に敷くマットレスは硬めであるべき

下に敷くマットレスはどんなものが良いのかわかりませんよね。
実際にエアウィーヴの店員さんに伺いました。

下に敷くおすすめマットレス

  • できれば硬め
  • 一般的なレベルのメーカー

下に敷くベッドマットレスもできれば硬めの方が良く、メーカーは一般的なレベルであれば大丈夫とのことです。

そこで、私はニトリで購入しました。厚さは13cm位のものを購入。
しかし問題があり、エアウィーヴ特有の浮いているような気持ち良さを最大限に引き出しきれていない感じがしたんですね。

正直、「もう少し厚みのあるマットレスにしておけば...」とちょっと後悔したまま使い続けています。

ですので皆さんが下に敷くマットレスを選ぶときは、厚みが最低でも15㎝あるものを選んでみると満足度が高まるのではないでしょうか。

必ず実店舗で寝心地を試すこと

エアウィーヴは公式のネット販売サイトで購入して自宅に直接配送してもらうこともできます。

しかし、寝心地は実際に寝てみないと分からないのですよね。
数年に1度の高い買い物なので、購入する前に必ず実店舗に出向き、お求めのシリーズの寝心地を試してみることを強くおすすめします。
>エアウィーブ公式サイト
(取り扱い店舗一覧はこちらで確認できます。)

また、試し寝をするときにも注意点があります。

それは必ず長めに(10分以上)寝てみること。

一瞬寝転がってみるだけでは寝心地がわからないんです。
なぜなら一瞬寝たときと、一晩眠ったときではかなり感覚が違ってきます

「お店で長時間寝っ転がるのは恥ずかしい!」と感じる人も多いと思います。
ですが、勇気をだして長く寝てみましょう。

最初から店員さんに「長めに寝てみないと分からないので10分くらい寝てみたいのですが」と伝えておけば、快くオーケーしてくれますよ。

長時間試して決めるお客さんは沢山いるので、まったく変ではないはずです。

休日はスタッフの人も他のお客さんの対応に忙しい場合があります。
私はゆっくり試したかったし専門家であるスタッフさんに質問もしたかったので、お客さんの少ない平日の昼間をねらって来店しました。

なんらかの理由で店舗にお試しに行けない人はネット購入でお試し期間を利用するのがおすすめ

ただ、家の近くに店舗がなくて、「どうしても寝心地を試しに行けない…(泣)」という方もいるでしょう。
また、どんなにしっかり試してから購入しても、実際眠ってみたら身体に合わなかったらどうしようという不安もあると思います。

そんな人のために最適なサービスがあるのをご存じでしたか?

エアウィーヴ公式サイトで購入すると、「安心保障サービス」というものがついています。

購入後に、万が一身体に合わない場合は、商品到着後30日以内であれば返品を受け付けるといったサービスです。

この安心保障サービスを利用すれば、大失敗を避けることができますよ。

いまなら送料無料

新生活応援キャンペーン実施中!
【期間:2月9日~4月24日】

エアウィーヴ01はこんな人におすすめ

こんな人におすすめ

実際に5年間使用している筆者が考える、エアウィーヴ01はこんな人におすすめです。

以下ご紹介していくので、ぜひエアウィーヴのマットレス選びに役立ててくださいね。

古いマットレスを使っている人

私自身そうだったのですが、古いマットレスを使っていると腰周りの部分が痛んできて、凹んでしまいます。

そのようなベッドで寝ていると、朝起きると腰や背中が痛い、という事が起こってしまいます。

せっかく眠って体の疲れを取るはずが、朝起きた瞬間から痛みがあったのでは意味がない!

そんな人は一度寝具を見直してみて、腰をしっかりと支えてくれるものに買い替えてみてください。

私はもちろんエアウィーヴをおすすめしますが、まずは買い替えることを決断しましょう。

費用を低めに抑えたい人

エアウィーヴでベッドマットレスを購入するには、なかなか勇気が必要です。
スタンダードモデルでもシングルサイズで132,000円と高額ですからね。

本来、びっくりするくらい高いブランドなんです。

良い寝具を試してみたいけれど、10万円はさすがに...と躊躇している人には私が購入したトッパータイプの「エアウィーヴ01」がおすすめです。
スタンダードモデルの半額程度で、比較的手を出しやすいので、30日間安心保障を利用して試してみると価値観が変わるはずです。

清潔さを重視したい人

清潔さを重視する理由はいくつかありますよね。

  • アレルギーなどを持っている人
  • 赤ちゃんと一緒に寝ている人
  • 室内でペットを飼っている人

最近の高級寝具は様々なメーカーのものがあり、どれもそれぞれの良さがあります。なので寝心地の好みで決める人がほとんどだと思います。

しかし、エアウィーヴを選ぶひとつの大きな決め手として、水で丸洗いできるという点はかなり大きいのです。

例えばダニやハウスダストなどのアレルギーを抱えている方や、ペットを飼っていてベッドの上でおしっこをされてしまった時などに、カバーだけでなく、中身をジャブジャブと水洗い出来るのは、とても便利で安心なのではないかと思います。

いまなら送料無料

新生活応援キャンペーン実施中!
【期間:2月9日~4月24日】

エアウィーヴスマート01をおすすめできない人

おすすめできない使い方

逆におすすめできない人はこんな人です。

柔らかい寝具が好きな人

エアウィーヴはいわゆる高反発マットレスに当たるので、硬めの質感がそもそも嫌いな人には向いていないと思います。

実際私の母がためしに私のエアウィーヴを使ってみたときに、「私はもうちょっと柔らかめの方が好きかなぁ」といってました。

低反発枕のような深く沈み込む感じや、綿に体を包み込まれているようなふわふわなベッドが好き!という方には、あまり向いていないかもしれません。

毎朝布団を畳む人

エアウィーヴ01は折り畳めないことはありません。

ですが、床に敷いて使用し、毎朝折り畳んで移動させることを前提にしている方は「エアウィーヴ01」ではなく「エアウィーヴスマート01」を選ぶと良いです。
(スマートZ01はあとで比較しながらご紹介します)

スマートZ01は、折りたたみのできるタイプだからです。エアウィーヴ01は、据え置きのベッドを使用している人が選ぶと良いでしょう。

いまなら送料無料

新生活応援キャンペーン実施中!
【期間:2月9日~4月24日】

エアウィーヴスマート01とエアウィーヴZ01との比較

私が使っている「エアウィーヴ01」は、エアウィーヴ販売初期からの最も基本的なモデルです。

ブランドが広まるにつれ、現在はニーズに合わせて様々な種類が発売されています。

なので、

  • 「名前が似ていて何が違うのか分からない!」
  • 「どれを買ったら良いか分からない!」

そう感じる方もいるはずです。ここでは名前の似ている「エアウィーヴスマート01」と、「エアウィーヴスマートZ01」との違いを紹介していきます。

エアウィーヴスマート01との違いは4つ

エアウィーヴスマート01は、エアウィーヴのマットレスラインナップの中で最も価格の安いモデルです。
エアウィーヴ01の基本的な性能は残したまま、できるだけ要素を取り除いて値段を低く抑えています。

エアウィーヴスマート01との大きな違いは4つあります。

  1. 全体の硬さが均一
  2. エアファイバー素材が薄め
  3. カバーが片面使用

①全体の硬さが均一

エアウィーヴ01の硬さは、肩の部分が「柔らかめ」で、下に向けてだんだん「標準」へとグラデーションになっています。一方エアウィーヴスマート01は、全体が「標準」です。一枚を通して均一の硬さです。

②エアファイバー(中身)が薄い

エアウィーヴ01はエアファイバーの厚みが3.5cmありますが、エアウィーヴスマート01は厚みが3cmと少し薄くなっています。

③カバーが片面仕様

エアウィーヴ01はカバーが両面仕様(Warm面/Cool面)になっていますが、エアウィーヴスマート01は片面仕様になっています。

エアウィーヴスマートZ01との違い

エアウィーブスマートZ01との違いも3つにまとめています。

  1. 1枚時期可能な三つ折りタイプ
  2. 各パーツの硬さが均一
  3. エアファイバー(中材)が厚め

① 一枚敷き可能な三つ折タイプ

エアウィーヴ01の基本的な性能は残したまま、フローリングや畳に直接敷いて使うことが出来、朝起きたらコンパクトに畳んで収納できる、三つ折タイプのマットレスです。

②各パーツの硬さは均一

エアウィーヴスマートZ01は3分割されたパーツが繋がって出来ています。硬さは全て「標準」です。

③エアファイバー(中身)が厚い

一枚敷きが可能なようにエアファイバーの厚みが8cmあり、体全体をしっかりと支えることができます。

エアウィーヴ01を選んだ理由は3つ

色々なメーカーがある中で、またエアウィーヴでも様々な種類がある中で、なぜエアウィーヴ01を選んだのか

その理由は以下の3つです。

  • 寝心地がとにかく良い
  • 部位によって硬さが違うとこ
  • 店頭でじっくり試せたから

理由①寝心地がとにかく良かったから

私はそれまでどちらかと言うとマットレスは低反発なものが好みだと思っていたのですが、初めて店頭でエアウィーヴを試してみた際に、こういうベッドもあるのか!と、その違いにとても驚きました。寝転がっているときの心地よい反発感や、体をしっかりと支えてくれる感覚が非常に気に入りました。

理由②肩部分が柔らかく腰部分が硬い構造が好みだったから

私は横向きで寝ることが多いのですが、横向きになると肩の部分が圧迫されて痛くなってしまいます。
そのため肩の部分が柔らかくなっているエアウィーヴ01の方が、自分に向いていると思いました。

理由③店頭でじっくり試せたから

私はエアウィーヴで初めて高級寝具デビューをしたので、ブランドにも詳しくありませんでしたし、選び方もよく分かりませんでした。

そのため通販などで実物を試せないまま商品を購入することには不安がありました。

実際に店舗で長い時間寝転んで寝心地を試せたり、店員さんに色々と気になることを質問して、親切に説明してもらえたりした事で、安心・納得して購入を決めることが出来ました。

ただ、あとで知ったことですが、公式サイトでの購入で30日間普通どおりに使用し、身体に合わなかったら返品できる都合の良いサービスも展開されているようです。

気になる方はエアウィーヴ公式サイトで確認してみてくださいね。

エアウィーヴスマート01を5年使用後の変化

こちらもあえて個人的な感想とさせていただきます。

使用者全員が同じ効果とは思えないので、参考程度でごらんくださいね。

熟睡できるようになった

私は会社員時代、仕事を頑張りすぎて体調を崩してしまい、退職せざるを得なくなってしまいました。

その経験から、健康の為には質の良い睡眠を取ることが大切だ!と思い、寝具について真剣に考えるようになりました。
それまでは眠りが浅く、夜中も何度も目が覚めてしまっていたんです。

退職後、エアウィーヴ01を使うようになってから眠りの深さが前よりも深くなったように感じます。

そのおかげで、私はいまこうやってライターの仕事をさせていただいてます。

朝起きたときの腰痛が無くなった

最も驚いたのはエアウィーヴ01を購入した次の日の朝のことです。

それまでは毎朝起きた時から腰に痛みがあったのですが、エアウィーヴで寝たその次の朝から、ぱったりとその腰の痛みがなくなりました。

これには本当にびっくりして、決して安くない買い物でしたが最高の自己投資と感じました。

腰痛持ちの人は、いつまでも腰痛に悩んでないでエアウィーヴでなくても、高反発マットレスに注目してみてはいかがでしょうか。

一般の方を対象に当サイトでアンケートをとり、モデル別にまとめた記事もかなり参考になると思います。

エアウィーヴのモデル別口コミ詳細

ぜひ読んでみてくださいね!

いまなら送料無料

新生活応援キャンペーン実施中!
【期間:2月9日~4月24日】

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-エアウィーヴ