スローコアピロー 口コミ 評判 自律神経 ストレートネック

スローコアピローの口コミレビュー|体験しないとわからない簡単エクササイズの効果!

こんな人に読んで欲しい

  • パソコン作業が多い
  • スマホを手放せない
  • 首に違和感を感じる
  • めまいや頭痛に悩んでいる
  • 自律神経を整えたい

スローコアピローは肩こりや首の悩みとその根本的な原因をすっきり解決するためのスローコアで使用するツールです。

「スローコア」はストレートネックや肩こり・めまい・自律神経の乱れを整えることができます。

ストレートネックとは?

通常、緩やかなカーブを持つ首が、スマホやパソコンを扱うときの体勢が原因で「まっすぐになってしまっている状態」のこと。

今回体験しての口コミレビューを書いたわたしは、普段1日5時間ほどパソコン作業をしています。

そのため首や肩こり、ときどきめまいなんかも起きることも。

これは日本人の約8割ともいわれる『ストレートネック』からくる症状の例でもあります。

筆者
つまり私は『THE ストレートネック』なのです!

そのストレートネックを解消できるかもしれないとしたらあなたは欲しいと思いますか?

スローコアピローはストレートネックに特化した枕の形をしたツール。

実際に使用したときの効果はどれほどのものだったのか気になる人は、この先を読んでみてくださいね。

そもそもスローコアがなんなのかよくわからない】という人はまずこちらの見出しからごらんください

いまなら特別価格24,800円
『なにしてもダメだった人へ』

リセットする


スローコアピローの口コミレビューを始める前に

あらためて、スローコアピローは「スローコア」のメソッドをおこなうための枕(ツール)です。

そんなスローコアピローを使いながら、プログラムを実践してみた口コミビフォーアフターをぜひご覧ください。

筆者
ストレートネックや肩こりなどに悩んでいる人には「早く知りたかった...!!」と思えるほど必見の内容ですよ!

スローコアのプログラムはめんどう?むずかしい?

スローコアをただの枕だと思っていた人の中にはスローコアが睡眠のための枕ではなく、エクササイズをするためのものだと知り、めんどうだと感じてる人もいるでしょう。

もちろん、ただその枕を使って眠るだけで、すべての悩みが改善するなんて夢の枕があればいいのは確かです。

ですが、長年蓄積された首や身体のゆがみは寝ているだけではなおりません

そんな中でもスローコアの運動は、ただ[仰向けで首を揺らす・腕を回す・膝を揺らす]だけのゆるゆる簡単運動

「筋弛緩トレーニング」という聞きなれないエクササイズだけど、運動不足のわたしでも簡単に実践できました。

筆者
ちなみにわたしは、前屈で手が膝下くらいしか届かないほど運動不足です(笑)

入っていたセットの中身

まずは中身の確認です。

あたりまえですが、問題なく7点すべて入っていました。

スローコアピローの中身

  1. 公式テキスト「ベーシック」
  2. 公式テキスト
    「パートナー&トレーニング」
  3. お助けガイドブック
  4. 参考症例集
  5. 超速スタートガイド
  6. 公式DVD
  7. チェック&アクションシート

中身が気になる人もいると思うのでそれぞれの冊子が、何のために必要なのか簡単に紹介していきますね。

冊子名 ページ数 内容
公式テキスト「ベーシック」 77p
  • スローコアの目的など詳細について
  • 始める前の姿勢チェック動作チェックについて
公式テキスト「パートナー&トレーニング」 35p
  • 2人でおこなうプログラム
  • ゼロからプラスに向けてのプログラム
    (それまでは「リセット=ゼロにする」ためのプログラム)
お助けガイドブック 23Pp
  • 「効果がでないとき」「異変を感じたとき」にどうするべきか
    また、それらについてなにが原因か解決するためのブック
参考症例集 31p
  • 自分に当てはまる症状がないかチェックできます
超速スタートガイド
⇒今回はコレにチャレンジ
6p
  • お試し感覚で簡単にできるのに即効性を感じるプログラム
公式DVD 2枚
  • テキストではわかりにくいという人はDVD
チェック&アクションシート 各テキスト内付録
  • 改善点などをチェックし、どうするべきかを整理できます

スローコアピローを実践!口コミレビュー

スローコアピローを実際にやってみて、どんな結果が出たかを写真付きでレビューしてます。

筆者
思ったよりも興味深い結果になりましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

即効性がある!?ビフォーアフター写真で比べてみた

スローコアを実践したらストレートネックの改善を簡単に、しかもすぐに感じることができました。

ストレートネックは骨の問題なので、もちろんそう簡単に変わるわけはないだろうとは思っていました。

筆者
それはただの固定観念だったようです。

わかりやすくお伝えするために、まずは「実践前」「実践後」の写真を比べてみてください。

スローコアピロー ビフォー After 改善 自律神経 ストレートネック

スローコア実践前の首の様子と実践後の首の様子です。

筆者
あきらかに変わったんです!「嘘でしょ?」って思うくらい!

実践前は壁に無理やり後頭部をつけようと思っても全然つきませんでした。

でも、写真を見てわかるとおり、自然に後頭部が壁につくようになったんです。

撮影に協力してくれた私の奥さんも「やばいよこれみて!」と、かなりびっくりして写真を見せてきました(笑)

それまでどんなことをしたのか写真付きで解説していきますね。
(申し訳ないことに、あまり表に出してはいけなそうなので詳しくは載せられません)

超速スタートガイドにチャレンジ!

おそらくほとんどの人がこのスタートガイドから手をつけるでしょう。

そんな私も運動不足で身体ががちがちなので簡単そうなものからやっていこうと思います。

スローコアピロー ガイドブック スタート 自律神経 ストレートネックピロー

こんなに薄い冊子!手に取りやすいですね。

中身を見ると「エクササイズの注意点」についてや「おこなう場所の提案」について書かれています。

その辺を確認したら次はさっそくエクササイズ開始です。

スローコアピロー 運動 自律神経 睡眠改善

超速スタートガイドのプログラムはたったの6つの運動。

ひとつひとつが長くても1分ほどの動きなので、せいぜい7・8分で終わります。

筆者
読んでいる段階では「これでいったいなにが変わるんだろう」と普通に疑う内容です。

さっきのビフォーアフターの写真はこのスタートガイドが終わった8分後の写真です。

スローコアピローで寝れるのか試してみた

スローコアピローは「スローコア」のメソッドをおこなうためのツールです。

「ピロー」と名前がついてますけど眠るための枕というわけではないんです。

公式サイトにもこんな記述がありました。

スローコアピローはスローコア専用の運動補助枕ですが、全国から寄せられる体験談のうち寝具枕として活用して良好な結果が得られたという事例が多数あります。特に昼寝や仮眠といった短時間睡眠での活用事例が多いことから、昼寝や仮眠など短時間から徐々に慣らしていくこと、使用中もしくは使用後に痛みや違和感を感じたら中止すること、この2つをお守り頂ければ寝具活用も可能です。※ただし寝具としての活用は、全てのユーザーに推奨するものではありません

引用:スローコア公式サイト

筆者
なので、スローコアを使って寝ても問題ないのか試してみました。

結論、さすがにきついけど昼寝程度ならいける

もしかしたら寝るための枕としても機能するの?なんて考えていましたが甘かったです。

枕として寝るにはかたすぎですね。もちろん寝ようとは試みました。

でもかたすぎて寝つけなかったし、朝起きて痛みがあるのはいやだし「さすがにきつい!」と検証すら中断したというオチです。

筆者
あくまでも「スローコアメソッド」のツールとしてみた方が良いですね。

私はおすすめしませんが、もちろんこれも人それぞれで睡眠のための枕として使う人もいます。

ただし、昼寝みたいに軽く横になるときやスマホをいじるときにはスローコアピローを使ってみることはおすすめします。

首がすごく楽だし、スマホ首になる心配もありません

それでも使う場合の注意点

マットレス 注意点

先ほどの引用文にある注意点をあらためて確認していきます。

注意ポイント

  • 短時間で徐々に慣らす
  • 違和感を感じたらすぐに中止

以上2つの注意点を守ったうえで、違和感を感じたらすぐに睡眠での使用を中止しましょう。

筆者
お試しするときはまず昼寝や仮眠程度にしてくださいね!

スローコアを試した感想まとめと別の使い方

ストレートネックの私は、たったこれだけのエクササイズで効果を感じたわけです。

筆者
もちろん効果に関して、人それぞれ違うことはお察しを。

ただビフォーアフターの写真まで、もう一度もどってみてください。

たった10分足らずで、あれが、ああなるんですよ。

私も本質的なところを完全に理解しているわけではありませんが、この結果をみせられると本当に効果があるのではないかと信じてしまいますよね。

筆者
少なくとも今後も続けてみようという気持ちにはなりました!

これを自然に続けられると、スローコアの目的である「自分自身の力で健康を維持する」を達成できるのは必至だと思います。

筆者
でも続けられるか心配ですよね。

スローコアピロー 昼寝 横になる 睡眠

続けられる自信がない人は、家でリラックスしてるときやスマホをいじるときの枕として使ってみてください。

これがけっこう首が楽で気持ちいいのでおすすめです。

そして気が向いたらエクササイズをしてみる。

その程度の使用方法でも、本当にストレートネックにアプローチできていると感じます。

スローコアピローの製品詳細と特徴

スローコアピロー 実体験レビュー 口コミ 評判 ストレートネック

価格(税込) 24,800円
セット内容
  1. 公式テキスト「ベーシック」
  2. 公式テキスト「パートナー&トレーニング」
  3. お助けガイドブック
  4. 参考症例集
  5. 超速スターターガイド
  6. 公式DVD
  7. チェック&アクションシート
送料 無料
サイズ 約80×140×280(mm)
製造国 日本製

詳しく見たい

スローコアピローは「スローコア」で使用する専用の枕です。

スローコアはひとことで言うなら『簡単おうち整体メソッド』。

つまり、おうちで簡単に整体並みのコリ改善を期待できる短時間運動セットがスローコアの全容なんですね。

なので普通の枕とはまったくちがって、睡眠のために使用するものではありません

腰痛を本気でなおしたいと思っている人が、本気でなおすための枕です!

筆者
睡眠のための高品質枕を求めている人はブレインスリープがおすすめ!

監修は『日本予防トレーニング協会』

日本予防トレーニング協会(JAPT)では「自分の健康は自分で維持する」という考えで、「他者の治療等に依存しない方法」を世に広めています。

「本来の健康」について自らの力で考え自らの力で健康を獲得し、その健康に基づいた上で、自分自身に見合った最高のライフスタイルを築くこと、そして、より充実した幸せな人生を送ることができるようになるために、指針となるべき知識や実践方法を当協会では提案していきます。

引用:日本予防トレーニング協会

こちらはJAPT公式サイトからの引用です。

本来の健康、つまりもともともっている体の自己解決能力を引き出して高めることを目的としているということですね。

いまなら特別価格24,800円
『なにしてもダメだった人へ』

リセットする

ややこしい!スローコアピローの他枕との「違い」を確認

スローコアピローはふつうの枕とどう違うの?」と感じている人は多いですよね。

筆者
わたしも実際にそう思っていました。

まったくその通りでふつうの枕とは全然違います

ここではいくつかの気になる『違い』について確認できます。

ふつうの枕との違い

ふつうの枕は眠るための枕です。また、良い枕でストレートネックや首や肩こりに良い枕も販売されていますね。

同じ「ストレートネック改善まくらじゃないの?」と思いがちですが、これもまったく違うものなんです。

  • 一般的な枕:眠るのが大前提
  • スローコア:治すのが大前提

質の良い枕は寝心地も良いし、ストレートネックやコリにも良いです。

ですがこの『良い』はあくまでも現状維持、もしくは痛みを感じさせないようにしっかり支えてくれて、かつ眠るのが大前提

それに対し、スローコアピローは根本的な原因を改善するツールです。

治すのが大前提なのでスローコアピローを使って眠ることはおすすめされておらず「ツール」という表現が正しいでしょう。

筆者
健康アイテムみたいな感じですね!

『スローコアとスローコアピロー』の違い

スローコアは身体のリセットを目的としたメソッドのことをいいます。

スローコアピローは、その「スローコアのメソッド」で使用するツールのことです。

筆者
先ほども説明したとおり「ツール」です。

スローコアピローとネックピローの違い

一般的にネックピローはストレートネック枕ともいわれ、『支える・伸ばす』の治療法を取り入れた枕です。

それに対してスローコアピローは『ゆらす・まわす』を制限しない枕です。

つまり、首の筋や筋肉を緊張させないことで緩めて改善するという治療法の枕です。

スローコアの運動と従来のストレッチとの違い

  • 従来:筋肉の柔軟性を高める
  • スローコア:筋肉の弛緩性を獲得する

従来のストレッチは「伸ばす・ほぐす、揉む、叩く」などで筋肉の柔軟性を高めるのが目的です。

スローコアは柔軟性の運動では得られない、筋肉の弛緩性を習得するのが目的です。

常に緊張しがちな筋肉の「OFF状態」をしっかりと身に着けるためのメソッド(運動)なんです。

筆者
首の筋肉が常に緊張していることが肩周りの不調の原因でしたね。

スローコアピローは『身体をリセットする枕』

治療をする先生たち側からすると、この『身体をリセットする枕』は驚異的な枕ともいわれています。

そういわれる理由は根本的な原因3つを同時に解決できるところにあるんです。

根本的な原因を解決する

その原因は以下の3つです。

  1. ストレートネック
  2. からだの歪み
  3. 過緊張

ストレートネックと体の歪み、過緊張はそれぞれ体の不調を引き起こします。

筆者
3つすべての原因が共通して[肩こり・首こり・めまい]などを引き起こします!

本来なら整体に通い、長い期間かけてなおさなければリセットされない原因を自宅解消するための枕がスローコアピローです。

さらに、その原因3つを同時に解消に導くなんてすごくないですか?

筆者
通院費もおさえられて、医者いらずとはまさにこのことですね!

スローコアピローがおすすめできる人とそうでない人

スローコアピローがおすすめできる人とそうでない人についてまとめたので参考にしてください。

こんな人におすすめ

  • 肩こりやめまいで病院に行ったことがある人
  • 整体に通ってもコリが解消しない人
  • 24,800円が対価として安いと感じる人
  • 軽い運動不足のひと
  • 楽しみながら症状改善したい人

肩こりやめまいが原因で、病院の検診を受けた人もいると思います。

でもMRI検査を受けようが、CT検査を受けようがストレートネックは「異常なし」とされてしまいます。

医療機関では治療の必要がなく、生活習慣の改善などで十分に対応できると判断されるものになります。

そんなことなら自分で何とかするしかないのが現状ですよね。

筆者
実際に体験してみるとわかりますが、自宅で簡単に改善できるアイテムがあるなんてお手軽すぎます。

スローコアはストレートネック改善だけでなく、自律神経を整えることもできます。

また、整体に通うよりも圧倒的にコスパが高いです。

なにより「自宅で簡単にできることに魅力を感じる」ならスローコアのプログラムをぜひ実践するべきといえます。

こんな人にはあまりおすすめできない

  • 24,800円が対価として高く感じる人
  • セルフケアが続かない,めんどう
  • 首に強い痛みを感じる

単純に値段が高いと感じる人は、商品の必要性に自分が納得してから購入しましょう。

またスローコアは、どうしても自分で続ける自信がない人にはあまりおすすめはできません

一応セルフケアが長続きしない人でも続けることができるような内容になっています。

それは、「パートナー&トレーニングガイド」という冊子があるから。

「パートナー&トレーニング」には2人1組になっておこなうプログラムもあります。

なので、ひとりでは絶対に続かない人は、夫婦やカップル・お子様と楽しんで取り組むこともできますよ。

首に強い痛みがある人は整体師に相談を!

首に強い痛みがある人は、スローコアをおこなう前にまず専門の医師に相談しましょう。

筆者
痛みを我慢して無理をすることは非推奨です!

関連

スローコアピローが効果なしになる場合の特徴などはコチラの記事で詳しく紹介しています。

『スローコアピローは効果なし?な人の特徴』

詳しくみる


いまなら特別価格24,800円
『なにしてもダメだった人へ』

リセットする

スローコアピローが10年以上ロングセラーな理由

スローコアピローは販売開始されてから、5万セットも売り上げているロングセラーなのは知っていますか?

24,800円という高価な枕ですが、首や肩こり・ストレートネックが解消する対価としてはかなり安いといえます。

コスパの高さが最終的な決め手に!

スローコアピローを使った運動メソッドは金額に換算すると、本来は50万~100万円の価値があるといわれています。

決して安くはないですが、整体院に通うお金を考えてみてください。

1回の通院で治療が終わることはまずありません。

最低でも月に2~4回を数か月、1回5,000円前後と考えればスローコアピローのコスパは計り知れません。

筆者
通院費に比べればだいぶ費用を抑えられますね。

スローコアの最安値販売サイトはどこ?

スローコアの最安値販売サイトについてです。

公式サイト以外にも、楽天市場・Amazon・Yahoo!での取り扱いがあるかどうか探ってみました。

まずは表で一発確認↓↓↓
販売サイト 価格(税込) 各販売ページへ
公式サイト 24,800円 詳細はこちら
楽天市場 25,800円 詳細はこちら
Amazon 検索結果を確認
Yahoo!ショッピング 検索結果を確認

AmazonとYahoo!は取り扱いなし!

見出しの通り、AmazonとYahoo!ショッピングでは取り扱いはありませんでした。

筆者
販路はあまり広げていない様子。

じゃあ楽天市場がお得なの?

楽天市場で取り扱いはあったものの、最安値とまではいきませんでした。

筆者
その差は1,000円です。

最安値はやっぱり公式サイト

最安値は公式サイトですが、先ほども伝えたとおりでその差はたった1,000円です。

もし楽天市場を普段から利用している人は楽天市場での購入をおすすめします。

ポイント還元分を考えれば、最終的にお得になりますからね。

ただし、楽天がお得なのはお買い物マラソンなどのイベント時のみ!

通常時はポイント倍率が低いので、公式サイトとの差である1,000円引きにはたどり着くことはできません。

この点だけ注意しておきましょう!

スローコアとヨガには共通点がある!

スローコアはヨガをしている人、していた人にもおすすめです。

筆者
ヨガのインストラクターをしている知り合いがこう言ってました。

「ヨガは筋肉をを伸ばしているわけじゃなくて、緩めているんだよ」と。

筆者
そのときは「ん?なにが違うの?」と思ってました。

でも今回スローコアを実践してみて「なるほど、緩めるってこういうことね」なんて理解できた気がします。

ヨガもスローコアも『自分を整える』運動

ヨガもスローコアも自分を整える運動です。

ヨガは身体の調子を整えるために始める人が多いです。

ヨガの主な効果

  • 筋肉のコリを改善(緩める)
  • 自律神経を整える

スローコアと似ているというか同じですね。

特に、筋肉を緩める習慣(クセ)づけをしている点で共通していることに気づきました。

実は目的としては、ほとんど変わらないのがこの2つの運動です。

ただ違う点は、スローコアの方が費用があまりかからずに自宅でできて、効果のでかたも比較的早いということ。

ヨガはヨガ教室に通って、月謝を支払い、さらに数か月~数年通わなければ効果はなかなかでないものです。

ヨガだと時間もかかるし、途中で投げ出すことも多いようですもんね。

【さいごに】整体での治療は一時的?

「(抽象的で申し訳ないですが)整体でグキッとする治療は、け入れる筋肉が反射的に緊張して力が入るから効果が薄い

筋肉が緩むクセづけをしなければ、どんな優秀な治療をしても根本的な解決にはならないんだろうなと。

逆にいえば、スローコアを通して筋肉を緩めてしまえば整体での治療効果もアップするのでは?と。

もしそうなら、あなたが今すぐスローコアをするべき理由(=根本的解決をすること)が生まれるはずです。

筆者
ただ引っかかるのは値段だけですよね。

記事中のでも伝えましたが、整体に通いつづけるよりもはるかにコスパは良いです。

24,800円を安いと捉えるか高いと捉えるか

それは『これまで』または『これから』首や肩こりにかけるコストを考えれば答えはでてきますね。

辛い肩こりや首こり、ストレートネックからくる自律神経の乱れに本気で立ち向かいましょう!

『なにしてもダメだった人へ』

リセットする

ストレートネックを即改善⁉

合わせて読みたい!

首肩こり 改善 おすすめ枕 ストレートネック 専門家


スローコアピロー以外に枕を探したいという方はコチラのおすすめの肩首こり解消枕7選を理学療法士の森田亮一さんに選んでもらい、まとめているので合わせてごらんくださいね。(森田亮一さんは現役の理学療法士で、リハビリに精通しており寝具も重要と考えていらっしゃいます。)