ブレインスリープマットレスとNewコアラマットレスを比較|違いはなに?

ブレインスリープマットレス Newコアラマットレス 比較

ブレインスリープマットレスとNewコアラマットレスは値段が同じくらいで2021年に販売開始されているという共通点があります。

筆者
コアラマットレスは2021年8月にリニューアルしてNewコアラマットレスとなりました。

今回は、2つの人気マットレスにはどんな違いがあって、どっちの方がより良いのか紹介していきます。

この記事を読むと、あなたにおすすめなマットレスがどっちなのかがわかるようになります。

あの気になる形を解説
ブレインスリープマットレスの構造は寝心地に影響する?

体験レビューはコチラ


【ブレインスリープマットレス】

公式サイトで見てみる

ブレインスリープマットレスとNewコアラマットレスの基本情報を比較

まずは両マットレスの基本情報を比較表でおおまかに確認していきましょう。

筆者
あわせて、オリジナルコアラマットレスの基本情報も載せてます。
商品 ブレインスリープマットレス商品
ブレインスリープマットレス

Newコアラマットレス

オリジナルコアラマットレス
値段(税込) 88,000円~ 82,000円~ 69,000円
サイズ
  • シングル
  • セミダブル
  • ダブル
  • クイーン
  • シングル
  • セミダブル
  • ダブル
  • クイーン
  • シングル
  • セミダブル
  • ダブル
  • クイーン
厚さ 約5cm/約9cm 約23㎝ 23㎝
重さ 約6.85㎏~ 約18.1㎏~ 15.9㎏
かたさ
  • かため
  • ふつう
    [star25]硬
  • 3層
    上層:70N
    中層:120N
    下層:200N
独自素材 グリーンファイバー クラウドセル クラウドセル
製品保証 なし 10年間 10年間
お試し期間 なし 120日間 120日間
販売サイト 公式サイト
Amazon
公式サイト
Amazon
公式サイト
Amazon

ブレインスリープマットレス

ブレインスリープマットレスの価格は88,000円でNewコアラマットレスよりも少し高めです。

素材で使われているエアファイバー(グリーンファイバー)は質が高く、高価な素材。

たった5cmの厚みでも、腰痛対策になるのはブレインスリープならではです。

また、一番特徴的なのは「足元が9cmで少し高くなっている」ことですね。

Newコアラマットレス

Newコアラマットレスは、オリジナル(旧)コアラマットレスにはない「かたさをひっくり返して変えられる」機能性をもっています。

硬さを「ふつう」と「かため」を選べるので、失敗の確率が低くなるのが最大のメリット。

ブレインスリープマットレスと比べると厚みもしっかりあって、比較的馴染みやすいマットレスでもあります。

筆者
マットレスらしいマットレスではないでしょうか。
ブレインスリープマットレスとエアウィーブの比較 寝心地 口コミ
エアウィーブと比較ブレインスリープマットレスとエアウィーブを徹底比較|どっちがおすすめ?

続きを見る



 【ブレインスリープマットレス】

公式サイトで見てみる

ブレインスリープマットレスとNewコアラマットレスの違いを5項目で比較

ブレインスリープマットレスとコアラマットレスの大きな違いがある項目は3つです。

ひとつずつ詳しく比較していきます。

大きな特徴で比較

両マットレスの大きな特徴といえば、構造とかたさ調節です。

大きな特徴を比較
ブレインスリープマットレス Newコアラマットレス
足部分が高くなってる  かたさ調節ができる

ブレインスリープマットレスは脚部分が9cmと高いのが大きな特徴です。

少し脚を高くすると、下半身の血液循環が良くなります。

この血液循環を良くすることで、快眠・疲労回復を促せて睡眠の質が格段にアップするというものです。

Newコアラマットレスはひっくり返せるコンフォートとなっていて、[ふつう・かため]を切り替えることができます。

その日の気分でかたさを変更できるのが新しいコアラマットレスの特徴で人気の理由のひとつです。

独自素材で比較

独自の素材はその商品のこだわりが大きくでます。

独自素材を比較
ブレインスリープマットレス Newコアラマットレス
グリーンファイバー クラウドセル
▽特徴
・適度な弾力がある
・通気性が高い
・丸洗いできる
・軽い
▽特徴
・低反発と高反発をブレンド
・通気性が高い
・高耐久性

ブレインスリープマットレスのグリーンファイバー素材は、丸洗いができます。

それに、軽くて持ち運びがしやすいので移動も簡単だしキャンプなど外に持ち出すことも気軽にできるのが嬉しいですね。

Newコアラマットレスは通気性が悪くなりがちなウレタン素材ですが、そのデメリットを独自技術のクラウドセルは改善しています。

また、カバーにはテンセルという植物(ユーカリ)でできた天然素材を使用しています。

テンセルは[通気性・吸湿性]に優れていて、蒸れにくくさらっとした肌心地よい素材です。

独自技術で比較

独自技術でそれぞれの特徴が変わってきます。

独自技術を比較
ブレインスリープマットレス Newコアラマットレス
  • フロートテクノロジー
  • ゼロディスターバンス

ブレインスリープマットレスのフロートテクノロジーは最もリラックスした自然な姿勢を促がす独自技術です。

先ほど挙げた大きな特徴の「足元が高い」はフロートテクノロジーの一環です。

もともとNASAが提唱するヒトの体勢のうち、もっとも負担が少ないのが「中立姿勢」。

その中立姿勢を再現したマットレスがブレインスリープマットレスです。

Newコアラマットレスのゼロディスターバンス技術は「振動を伝わらせない技術」のこと。

2人以上で眠る予定で購入する人は、振動が伝わらないNewコアラマットレスを選ぶのがおすすめです。

保証で比較

保証は失敗したときのため、へたりが早い段階ででたときのために必須です。

保証を比較
ブレインスリープマットレス Newコアラマットレス
  • 保証なし
  • 120日返品保障
  • 10年間の製品保証

ブレインスリープマットレスには保証期間がありません。反対にNewコアラマットレスは2つの保証があります。

『120日間返品保障』と『10年間の製品保証』です。

筆者
身体に合うか不安・長く使用したい方はコアラの方が安心ですね。

お手入れと収納方法で比較

お手入れ方法を比較
ブレインスリープマットレス Newコアラマットレス
・週1程度の丸洗い ・週1程度の陰干し
・3か月に1度のローテーション
収納方法を比較
・三つ折り ・収納不可

お手入れと収納方法は普段の手間に関わります。

マットレスお手入れを怠ると、本来の寿命よりも早く使えなくなる可能性があるのでしっかりチェックしましょう。

どちらも習慣にすれば手間ではありません。

押し入れ等に手軽に収納をしたい人はブレインスリープマットレスにすると良いでしょう。

ブレインスリープマットレスがおすすめな人

  • 腰痛持ち
  • 汗っかき
  • 睡眠の質が悪い
  • ミニマリストの人
  • 寝ても疲れが取れにくい
  • キャンプや外出時に持ち出したい
  • 床置きしたい
  • 引っ越しが多い
  • 部屋が狭い

ブレインスリープマットレスは特に腰痛持ちや睡眠の質を改善したい人におすすめです。

ブレインスリープマットレス独自の技術である足をあげて血流を良くするようなマットレスは他にはありません。

筆者
ブレインスリープじゃなきゃ味わえないメリットです!

からだの疲れがしっかりとれるようになり、睡眠の質が改善されることは日々の仕事やプライベートに対するモチベーションをあげてくれるでしょう。

Newコアラマットレスがおすすめな人

  • お子様がいる
  • コアラの保護に協力したい
  • 引っ越しがほぼない
  • 部屋の移動がない
  • ベッドフレームを使用する
  • かたさ調節をしたい
  • 120日返品保障で安心したい

Newコアラマットレスは比較的柔らかめの寝心地です。

やわらかめの寝心地は体重の軽い女性やお子様に最適。

また、かたさ調節できるのでその分失敗は少ないでしょう。

コアラマットレスは重くて移動は大変なので、持ち家の人や引っ越す予定がない人の方が使い勝手は良いですね。

ブレインスリープマットレスとNewコアラマットレスの比較まとめ

最後のまとめ

ブレインスリープマットレスとNewコアラマットレスは、なにを求めているかでどちらにするかはっきりします

それぞれ良いところがあるので自分の用途にあったマットレスを選びましょう。

詳しくはブレインスリープマットレスがおすすめな人、Newコアラマットレスがおすすめな人で確認してみてください。

あなたのマットレス選びの手助けになれば幸いです。

あの気になる形を解説
ブレインスリープマットレスの構造は寝心地に影響する?

体験レビューはコチラ

ブレインスリープマットレスとエアウィーブの比較 寝心地 口コミ
エアウィーブと比較ブレインスリープマットレスとエアウィーブを徹底比較|どっちがおすすめ?

続きを見る


【ブレインスリープマットレス】

公式サイトで見てみる

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

身長175㎝、体重58㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具マニアで寝具のスペシャリスト。とっかえひっかえで自分に最適な(特に腰痛)マットレスを探し続け、いまはエマスリープマットレスに落ち着いている。

-ブレインスリープマットレス