トゥルースリーパーは天日干しできる?お手入れ方法を簡単解説!

トゥルースリーパー お手入れ
  • トゥルースリーパーは天日干ししても大丈夫?
  • トゥルースリーパーの正しいお手入れ方法を教えて!

トゥルースリーパーは、天日干ししてはいけません。

洗濯やクリーニングもできず、汚れた際はご自身で落とし、陰干しして乾かしましょう。

本記事ではトゥルースリーパーのお手入れ方法と、長く使うためのコツを紹介します。

トゥルースリーパーの寝心地を長く保つために、ぜひ参考にしてください!

トゥルースリーパー全11商品の口コミまとめ

トゥルースリーパーの天日干しはNG

トゥルースリーパーは、天日干しができません。

トゥルースリーパーに使われているウレタン素材は、熱に弱い性質があります。

天日干しすると日差しで熱くなり、変形や劣化を起こす可能性が!

とはいえマットレスを長持ちさせるには、干して湿気を逃がすことが大事です。

トゥルースリーパーを干すときは、日光が当たらないよう陰干ししましょう。

晴れた日に気持ちよく天日干ししたい気持ちはわかりますが、絶対しないよう気をつけてください。

トゥルースリーパーは洗濯できない

トゥルースリーパーは、洗濯もできません。

ウレタン素材は水に弱く、劣化を早めるおそれがあります。

さらに通気性も悪いため、水に濡れるとなかなか乾かずカビの温床になります。

ご家庭にある洗濯機はもちろん、コインランドリーでも洗えませんので注意しましょう。

トゥルースリーパーはクリーニングも不可

トゥルースリーパーは、クリーニングで洗うこともできません。

マットレスのクリーニング業者は、高圧洗浄機を使って洗うことを得意としています。

水に弱いウレタン素材のトゥルースリーパーは、業者で扱えない可能性が高いです。

もし汚れてしまった場合は、次でお伝えするお手入れ方法をおこないましょう。

天日干しせずにトゥルースリーパーをお手入れする方法

汚れたり濡らしてしまったとき、洗濯や天日干しができないトゥルースリーパー。

間違ったやり方でお手入れすると、劣化を招き寿命を縮めてしまいます。

以下では、トゥルースリーパーが汚れた際の一般的なお手入れ手順を紹介します。

トゥルースリーパーを長く使い続けるために、チェックしておきましょう。

汚れごとのお手入れ方法は、以下の記事で解説してますのでご参考に。

マットレスの洗い方|コインランドリーで洗濯できる?

①布を水で濡らして絞る

まず、布を用意します。

雑巾や布切れなど、掃除に使っていいものなら何でもOKです。

用意した布は水で濡らして、固く絞ります。

トゥルースリーパーは水に弱いため、余分な水が残らないようしっかり絞りましょう。

②絞った布で、叩くように汚れを落とす

布を水で濡らしたら、汚れを中心に軽く叩きましょう。

トゥルースリーパーについた汚れを水で浮かせて、取り去っていきます。

叩くときは、ポンポンと汚れに軽くあてるのがポイント!

こすってしまうとマットレスが削れて、ボロボロになってしまうので注意が必要です。

③風通しの良いところで陰干しする

布で叩いて汚れを取った後は、壁にかけて陰干しします。

水分が残るとカビの原因になるので、半日〜1日かけて乾かしましょう。

早く乾かしたいからといって、天日干しをするのは絶対にダメです!

直射日光は劣化につながりますので、風通しの良いところで陰干ししてください。

④専用保護カバーは洗濯機で洗う

トゥルースリーパーに専用保護カバーを付けている方は、そちらも洗いましょう。

専用保護カバーは、洗濯機で洗えます。

標準の洗濯モードでネットに入れて洗い、干すときは日陰で平干しすると良いです。

タンブラー乾燥機や漂白剤は使えませんので、注意してください。

トゥルースリーパーを長持ちさせる方法3選

トゥルースリーパーは正しく使い、お手入れすれば長く使い続けられます。

どのように使っていれば、トゥルースリーパーを長持ちさせられるでしょうか。

以下では、長持ちさせるためのお手入れ方法を3つ紹介します。

寿命まで使い続けられるように、ぜひ実践してください!

①定期的に陰干しする

トゥルースリーパーを長持ちさせるには、定期的な陰干しが必須です。

トゥルースリーパーのような低反発ウレタンマットレスは、通気性が悪く湿気がたまりがちです。

たまった湿気を逃がすため、定期的に壁に立てかけて乾かしましょう。

理想は2日に1回、少なくとも1週間に1度おこなうのがおすすめです。

干すときに絶対してはいけないのが、天日干し!

トゥルースリーパーは日光に弱いため、日差しを当てずに干しましょう。

②湿気や汚れを避ける対策をする

トゥルースリーパーに湿気がたまったり、汚れがつかない対策をすることもおすすめです。

たとえばマットレスプロテクターを使用すると、湿気も汚れも防げます。

また除湿シートをトゥルースリーパーの下に敷くと、湿気がたまりにくく便利です。

上記アイテムは長持ちさせるだけでなく、お手入れの手間も省けて一石二鳥ですよ!

③ローテーションする

最後にトゥルースリーパーのへたり対策として、ローテーションをしましょう。

ローテーションとは、マットレスの上下・裏表を定期的に入れ替えることです。

ローテーションすることで、負荷が一極集中せずにへたりにくくなります。

3ヶ月に1度のペースで上下・裏表を入れ替えましょう。

まとめ

トゥルースリーパーの天日干しは、劣化を招くので絶対にやめましょう。

汚れを落とした際など濡れてしまったときは、直射日光を当てずに乾かします。

またトゥルースリーパーを長持ちさせるには、陰干しやローテーションが有効です。

正しいお手入れ方法で、トゥルースリーパーを長く使い続けましょう!

  • この記事を書いた人

眠ハック編集長

【上級睡眠指導士782号】 身長175㎝/体重62㎏。睡眠の質を高める寝具の重要さに気づいて7年経つ寝具選びのプロ。腰痛にやさしいマットレスが特に好き。寝室はマットレスだらけです。 自己紹介ページ

-トゥルースリーパー